保育者の学びについて
子ども達の発達・成長を促し、生きる力の基礎を身につけていくという
教育機関の社会的責任を果たしていくためには、
実践の計画・実行・評価・見直しのサイクルを丁寧に行うだけでなく、
更に子どもの発達や、今の時代・社会についても
謙虚にかつ積極的に学ばなくてはいけないと考えています。
ここではそんな、あおば台の保育者の学びについてご紹介します。

二十数年前に、子ども中心の保育は? と、保育改革して以来、
あおば台では主に2人の先生に師事し、学んで実践を練り上げてきました。

その一人は久保田浩先生です。和光大学教授、白梅短期大学教授、
そして、私達が研修に行っている幼年教育研究所の所長でもありました。
「子どものための真実の保育は、泥臭いもので
メジャーにはなりえない。
マイナーのままでいい!」というが持論で、
NHK等メジャーなメディアからの出演依頼を断った記録を持っているくらい
実践主義・現場主義を貫かれた方です。
残念ながら今は故人ではありますが、20年以上にわたって教えをいただきました。

これは、久保田浩先生の「根を育てる思想」。あおば台のバイブルです。
その他にもたくさんの名著があり、
実践からの哲学に裏付けられた内容は
いまでも本の中に生きているし、これからも学ばせてくれることと思います。

もう一人は、筑波大学名誉教授の杉原一昭先生です。
難しい学術書もたくさん書かれていますが、
この本は、保育者だけでなく保護者の方々にも分かりやすく書かれています。
出版されてから20年近く経とうとしていますが、
未だにたくさんのことを教えてくれ、気付かせてくれる本です。

杉原先生も、今は故人となってしまいましたが、
どんな質問でも答えてくれて、
難しいことを平易な言葉で教えていただき、とても勉強になりました。
園長先生と杉原先生ではじまった「幼児心理学研究会」は、
20年の時を超えてもうすぐ170回を数え、今でも継続しています。
民間と大学が共催している勉強会としては筑波大の最長記録とのことです。
あおば台の保育実践の論理的裏付けとして大切な勉強会で、
あおば台の保育者は全員、ほぼ隔月、夜に筑波大に行って
実践提案をしたり勉強させてもらっています。
現在この勉強会は時代の流れで終了せざるを得ませんでしたが、
この集まりで学んだことは、あおば台の保育のベースとなって
生き続けていきます!
 
学びの日誌
保育者の学び >> 記事詳細

2013/07/26

1学期のまとめ「総括」がありました!

| by アンパンマン
今日は、1学期の保育の検討会「総括」がありました。

あおば台では学期ごとに自分達の行ってきた保育実践をまとめ、

それぞれが皆の実践記録を読み込んできて検討する
「総括」と呼ばれる勉強会があります。
上がその資料です。学年ごとに1冊になっています。

とても良い関わりをしていた場面をたがいに伝えあうことだけでなく、
「自分の声かけが子どもの思いに添っていたのか?発達に則していたか?」
「もっと良い働き掛けがあったか?」
「より良い子どもの生活を作っていくために、改善する点はあるか?」
など、時間をかけて討議し、2学期への土台としていきます。


今回は、午後に2つの園が集まっての研修もしました。
経験年数の多い保育者の意見も大切ですが、
若い先生達の発想も素晴らしいものがあり、感動してしまいます。
総括も、どうしたらより実になる研修になるか?
ここ数回はやり方を変えて試行錯誤しています。
きっと、一人ひとり掴んだものがあると思います。
まだ7月ですが、2学期に思いを馳せつつ、
少しづつイメージを膨らませていけたらと思います!
20:11 | 投票する | 投票数(16)

学校所在地

青葉台初等・中等学部
〒315-0056
 かすみがうら市上稲吉字中山1518
TEL 029-830-2311
FAX 029-833-2811
Email syotobu@aobadai.ac.jp
 

幼稚園所在地

認定子ども園:あおば台幼稚園
〒300-0837
 土浦市右籾字宮塚2755
TEL 029-842-6311
FAX 029-843-2552
 
あおば台第二幼稚園
〒305-0023
 つくば市上の室字前坪305-3
TEL 029-857-8515
FAX 029-857-5081
 

おすすめリンク

初等学部建設委員長のブログ
青葉台教育の応援団長!
色々な切り口で迫ります!
↓ 下をクリック!
 

お知らせ

 携帯電話で画像が見られない方へ
“HTMLで表示する”を選択すると画像が見られるようになります。
(見られる画像の枚数は機種の容量で違います。)