ブログ

カテゴリ:年少

好きな遊び

9月から新しいブロックが使えるようになり、好きな遊びの中でも大人気です!丸いブロックをハンドルに見立てて運転手さんになりきったり、長く繋げて線路やヘビを作ったりしています。なかには、緑のブロックをおままごとの野菜に使う子もいて、子ども達の発想にはいつも驚かされます。

また、はさみとセロテープが使えるようになり、空き箱製作も楽しんでいます。トイレットペーパーの芯を2つ繋げて作った望遠鏡や、箱とカップを組み合わせて作った車や飛行機など自分で作ったおもちゃでとても楽しそうに遊んでいます。「どうやってくっつけるのー?」「もっと大きくしたい!」と目を輝かせている子ども達です。

 

あいにくの天気ですが…

昨日今日と雨が降ったり止んだり、曇りだったりとあいにくの天気が続いています。

しかし、天気に左右されず年少さんの子どもたちは元気いっぱい!今日はデッキに巧技台を使って組み立てた一本橋が登場しました。

初めはぱんだ、うさぎ組の前デッキに各1台ずつ設定していましたが、お昼ご飯の後それぞれを合体し、うさぎ組からぱんだ組につながる長い一本橋に変身!

迷路のようにつながった一本橋に興味津々の子どもたち。体を横向きにしながら歩いたり、忍者のようにすっすっと素早く渡ろうとしたり、動物やヒーローになりきったり、子どもたち自ら楽しむ姿が見られました。

 

そして今日は青葉台初等中等部から小学生のお兄さんお姉さんが出前授業に来てくれました。

ハンドベルの演奏を披露してくれ、きれいなベルの音に子どもたちもうっとり…。

小学生が年長さん代表の子数人に、”かえるのうた”の演奏を教えてくれる場面もありました。

素敵な時間を作ってくれた小学生のみなさんありがとうございました!

 

夏休み特集㉒

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

入園当初から5月末までは、毎日登園を渋って泣いていましたが、今では毎日楽しそうに行っていて安心しています。

ペアのお姉さんが大好きなようで、朝バスに乗る時「今日は〇〇ちゃんの隣空いてるかなー」と言って乗っています。ペアバッチも大切にしていて、リュックを背負う時に「割れないように」とずっと握っています。

夏休み特集⑲

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

家庭でも自分のことは自分でやるということを大切にしてきましたが、幼稚園に入園してますます「やってみる!挑戦してみる!」と自分の力を信じてできる事が増えたように感じます。

入園までは同年齢の子との関わりがほとんど無かったため、友達ができて楽しい時間を共有できることがとても嬉しいようです。また、園での友達や先生方との関わりを家庭で話してくれたり、園での遊びの延長を家庭でもしたりすることで、親子のコミュニケーションも増えました。

季節移りかわりを外遊びを通して身をもって体験でき、幸せそうな笑顔を浮かべている姿をみると、環境を整えて下さり成長を見守り支えて下さっている先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

夏休み特集⑯

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

入園前は「ママ手伝って~」ばかりだった子どもが、一学期を終える頃には、着替え・トイレ・手洗い・お手伝いまで積極的に取り組めるようになり、とても驚いています。お友達と夏休み中にピクニックにいくお約束して帰ってきたりと、子どもだけの世界が広がっていることを実感しています。

園での遊びは本当にスケールが大きいので、親では体験させてあげられないような事をたくさんやらせて頂いているのを感じます。

2年保育にするか悩んだ時もありましたが、あおば台幼稚園の3年保育を選択してとてもよかったです。

夏休み特集⑬

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

とにかく幼稚園に行くことを楽しみにしている姿に、こちらも安心して送り出すことができました。家庭ではなかなかできない体験や遊びを思い切りさせていただき、ありがたく思っています。

入園したばかりのころには、自分のことを自分でするという姿勢や自分以外のお友達の話をするということが少なかったのですが、日々重ねるごとに、自主性が出てきて視野が広がり、お友達に興味を持つことができるようになったのを感じます。

夏休み特集⑩

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

お友達との関わりが苦手で、公園でもお友達が遊んでいるとなかなか入っていけなかった子ですが、幼稚園に入園して2ヵ月過ぎた頃から、初対面の子でも自分から話しかけられるようになっていました。

また、同じクラスのお友達を見かけると、走っていき一緒に遊ぶ姿も見られ嬉しく感じました。

まだまだな面も多いですが、初めての集団生活の場で、子どもなりに不安や嬉しさをたくさん感じて成長しているのだなと感じました。泣いている子の対応やお漏らし等々…先生方にはいつも温かく見守って頂き感謝です。

夏休み特集⑦

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

今まで上の子の付き添いで行動することが多く、なかなか満足するまで遊んでやれていないように感じていましたが、幼稚園に入ってから、毎日思いっきり遊んでいただいているおかげで、以前にはないとてもイキイキとした表情になりました。

子ども同士の世界も広がってきているようで、この数か月の成長はすごいものだなと感じています。

それも全て、先生方の愛情ある保育のおかげだと感謝しております。

夏休み特集④

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

幼稚園から帰ってくると、「今日は〇〇くんや〇〇ちゃんがこんなお話をしてくれたよ」と、とても楽しそうに教えてくれます。輝いている笑顔を見るたびに、先生ありがとうと思います。

子どもの”思い”を大切にしてくれる幼稚園に感謝の気持ちでいっぱいです。

親としても子どもの成長を見守り、しっかり支えていきたいです。

 

夏休み特集①

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

初めての集団生活は少し不安もありましたが、初めてのバス登園の日、周りのお友達が泣いている中娘はにこにこ笑顔で手を振っていて心強く思いました。

幼稚園は楽しいと言いながらも、降園時はぐずることが多くて手を焼いていましたが、先生からのお話で外で思い切り遊んでいると知りました。毎日疲れるまで力いっぱい遊んでいるので疲れてくずるのも無理はないと思いました。

先生やペアのお姉ちゃん・お兄ちゃん達にも助けてもらいながら、自分の周りの事へも目を向けられるようになっているようで、お友達のお着替えも手伝ったりしていると聞き驚きました。少しずつ成長しているようで嬉しく思います。