ブログ

タグ:3学期年長

年長さんのお部屋を大掃除しました!

あと3日で卒園…。

一年間過ごしたお部屋に感謝の気持ちを込めて、そして、来年の新しい年長さんのためにとお部屋の大掃除をしました。まず初めに自分のお道具箱、ロッカー、靴箱などを雑巾で拭き掃除していきました。

「お道具箱に砂がはいってるー!」「いっぱい遊んだ印だー!」

「次はだれがこのロッカー使うんだろう?○○くんかな?」「ペアがこのクラスになったらいいなー!」

など、楽しく会話しながら拭いている姿がありました。

 

他にもバスコース毎に担当を決め、おままごと道具のお皿を洗ったり、マントやぬいぐるみを洗ったり、本棚を拭いたりし、色々な場所・物をきれいにしていきました。そして、3学期最後なので、自分のネームシールをはがしたり、グループ表をはがしたり、壁面をはがしたりしたことで、少しスッキリしたお部屋。少し寂しくも感じました。

  

年長さんの手によってきれいになった自分達のお部屋。

子ども達との思い出がたくさん詰まった大切なお部屋。

このお部屋で過ごせるのもとうとうあと2日です。

みんな、いっぱい楽しもうね!!きれいにしてくれて、ありがとう!

 

卒園式

今日は年長さんが最後の幼稚園の日、卒園式が行われました。

青空のもと、お父さんやお母さんと登園してくる子ども達はいつも通り元気いっぱいでした!当たり前のように自分のクラスへと走っていく姿がもう見られなくなるのは寂しいですが、こんなに立派になった年長さんを送り出せることができ、とても嬉しく思っています。

クラスで朝の集まりをした後、ホールへ移動し卒園式が始まりました。入場の際、堂々とした表情でしっかり歩いていた年長さん。

終了証書授与では、担任の先生に名前を呼ばれると大きな声で返事をし、園長先生と目を合わせながら胸を張って賞状をもらう姿から逞しさを感じました。

 思い出のアルバムの歌では、1学期から3学期までの思い出を言葉にしてくれた年長さん。クラス毎に並び大きな声で歌っている姿を見ていると、みんなが年少さんや年中さんだった頃の姿が頭の中で思い返され胸が熱くなりました。

最後の”みんな友達””勇気を心につめて””大きい木”のメドレーでは、友達と一緒に心を一つにして歌っていた子ども達。どの子もしっかりと前を向き自信をもって歌っており、成長を感じました。

暖かな拍手の中ホールを後にし、クラスで最後のお集まりを行いました。クラスに戻った子ども達は、卒園式が終わり、ホッとしたような、淋しいような表情をしていました。まず初めに証書や幼稚園思い出がたくさん詰まったアルバムを手渡され、最後に担任の先生からみんなへお話がありました。先生からの言葉を真剣な表情で聞いている子、少し寂しそうな表情をしている子などの様子もありましたが、最後の挨拶ではみんな笑顔で、今までで一番元気な声で「さようなら」と言えたのではないでしょうか。

暖かな雰囲気の中での卒園式。76名の子ども達の立派な姿をたくさん見ることが出来ました。

卒園式後、子ども達と保護者の方々と一緒にお昼ご飯を食べ、その後お母様・お父様方が素敵な謝恩会を開いてくれました。いくつもの心温まるスライドショーや年長さんの思い出が詰まった劇、楽しいクイズや保護者の方々や子ども達からのオリジナルの歌・・・笑ったり泣いたり素敵な時間を一緒に過ごさせて頂き嬉しく思いました。保護者の方々からの温かなメッセージやたくさんの嬉しい言葉が心に響き、“子ども達と出会うことができてよかった”と心から思いました。素敵な時間をありがとうございました。

どんな時も一生懸命で、諦めずに挑戦したり、小さい子に優しくしてくれたりと、小さい子のお手本となってくれていた年長さん。いつも元気いっぱいで幼稚園全体を盛り上げてくれていた年長さんから、年中少さんも先生達もたくさんのパワーをもらっていました。お別れするのは寂しいですが、“さよならはまた会う時の約束の言葉”だと信じ、また一つ大きくなった子ども達に会えることを楽しみにしているよ!卒園おめでとう!