ブログ

最近の年中さんの様子

 まだまだ暑い日が続いていますね。

新しいグループにするために、昨日から仲良し組を作り始めました。

(年中のグループは仲良し組を2組合わせて、1つのグループを作ります。)

今回の仲良し組(2~3人組)は子ども達に決めてもらいました。

「同じグループになったことないお友達と仲良し組を作ってね」と約束事を伝え、子ども達同士で仲良し組を作りました。

「〇〇くん一緒にやろう!」「〇〇ちゃんと仲良し組になりたい」と声を掛け合い、それぞれで仲良し組を決めていく子どもたち。

 すると誰となろうか迷っているある女の子(Iちゃん)がいました・・・

保育者が誰と仲良し組になりたいか聞いてみると、どうやら仲良し組を組みたい男の子(Tくん)がいたようです。

しかしまだTくんに仲良し組になりたいということを、恥ずかしくて伝えられていないようでした。

「そういう時は一緒にやろうって言ってみて!」と保育者がアドバイスをしてみました。

モジモジしながら少しずつTくんに近づくIちゃん。

保育者は心の中で「頑張れ~!!」と応援しながら見守ります。

すると勇気を振り絞って「ねえTくん、一緒にやろう」と声を掛けることが出来たIちゃん。

Tくんは「うん、いいよ!」と答えてくれました。

その後IちゃんとTくんは仲良く2人並んで同じ絵本を読んだり、

給食の時には、隣同士で並んだりととても微笑ましかったです。

  今回の仲良し組は、もともと仲の良かった子同士で組んだり、

まだあまり話したことのない子同士で組んだりと様々な仲良し組が出来上がりました。

子ども達は新しい仲良し組出来た喜び、自分で勇気を振り絞って友達に声を掛けて仲良し組ができた喜び・・・

様々な喜びが沢山あったことと思います。

また、自分が『仲良し組になりたいな』と思った子がいても、その友達は違う子と仲良し組になりたかったり・・・

と必ずしも自分がなりたい友達と仲良し組になれないことも。。。

そんな心の葛藤を繰り返し、また一皮むけ、成長していってほしいと思います。