ブログ

役を変えて劇を楽しみました!

 

先日の生活発表会では、お忙しい中、お越しくださりありがとうございました!

大好きなお家の人に見てもらえたこと、沢山の拍手をもらえたことで、大きな自信になった子ども達です。

 

発表会も終えたということで、今日は発表会で演じたもの以外の役で劇を行いました。

 

月曜日の帰りの会で、「どの役やりたいか考えてきてね!」と話すと、「僕はもう決めてる!」「どの役も楽しそうだから迷っちゃうよ~」とワクワクしていた子ども達。

今日の朝登園してくると、「この役に決めたんだ!」「セリフ教えてもらってこよう!」とやる気満々の様子でした!

 

全員の役が決まり、ホールで劇を始めます。

「〇〇ちゃん衣装借りていい?」「いいよ!お面はこれ付けるんだよ!」と子ども達同士で、貸し借りし合った衣装を身に着け、嬉しそうに登場です。

 

 

発表会までに、友達の劇をたくさん見ていた子ども達は、セリフや動きをよく覚えていて、保育者が入る間もなく自分達でどんどんお話を進めていました。

また、いつもの自分の役が登場したときにはお客さんの席から、「そこは〇〇って言うんだよ!」などと、まるで映画の監督のように教えていて、とても可愛らしかったです。

 

劇が終わると、「〇〇くん、ばっちりだったよ!」「〇〇ちゃん上手だった!」といつもその役を演じていた子達が、自然と褒めてくれるような様子もあり、素敵な仲間関係だなあと感動しました。

 

発表会が終わり、いよいよ卒園に向けての活動も始まりますが、残りの時間もそんな素敵な友達と沢山思い出を作っていけたらと思います!