ブログ

サバイバルがありました!

 

今日はサバイバルがありました!

月曜日にサバイバルの話をしてから火曜日、水曜日には、ほし組、にじ組のみんなで、園庭を走って練習をしました。

初めは、「疲れた~」「もう走れないよ~」と話す子も多かったですが、2回目には「もっと走りたい!」「サバイバル楽しみ!」と話す子の姿が多くなりました。

 

中には今まで走ったことのない長距離に、不安に思う子もいましたが、1人ではないこと、クラスの仲間が同じように頑張っていることを伝えると、頑張ろうという気持ちになれたようでした。

 

そして今日、第二幼稚園の子ども達と一緒に、右籾グラウンドでサバイバルを行いました。

走り始める前には、全員で「よしっ!」と気合を入れ、きりっとした表情に変わった子ども達。

スタートをすると、どの子も勢いよく走り始めました。

 

グラウンドを大回りで8周、約3キロの距離に、一人ひとりそれぞれのペースで、力を振り絞り走ります。

何周走ったかが分かるように、保育者が手に正の字を書いたのですが、一周して保育者の元にやってくると、一本増えた正の字を眺め、力が湧いたようにまた走り出す姿がありました。

 

そして、どの子も自分の持っている力を出し切り、8周走り終えることが出来ました!

また、自分が走り終わったら、今度は仲間の応援を全力でする子ども達。

疲れていた子も、仲間の応援の声も力に変えて、最後まで走り切りました。

 

ゴールをすると、友達と手に書かれた正の字を見せ合って、誇らしげな表情を見せていました。

また、「ママとパパに見せたいから消えないで欲しい!」と頑張ったことをお家の人に早く知らせたいようでした。

 

そして、また第二幼稚園の子ども達と集まり、みんなでお昼ごはんです。

お昼ごはんは、園長先生が用意をしてくれたうどんです。

 

「毎日食べたいぐらい美味しい~!」「おかわりたくさんする!」と、頑張ったからこその美味しさを感じて、嬉しそうに食べていました。

 

 

本当に力を出し切り走ることが出来た年長さんは、ひと回り大きくなったように感じました。

お家でもたくさん褒めてあげて欲しいと思います!