ブログ

友達と遊ぶ子ども達

 朝は雨がぱらついていましたが、10時頃にはすっかりお天気も良くなりましたね!

年中の子ども達は、友達と遊ぶ姿が多く見られています。

「あ!!〇〇くん!みてみて!ダンゴ虫いたよ!!」

「ミミズもいた!!」

顔を見合わせ、満面の笑みを浮かべます。

そして持っていた自分の牛乳パックやペットボトルに入れ、

「先生見て!こんなにいっぱいいるよ!」

と得意げに見せてくれます。

その表情はとても生き生きしています♪

こちらは色水を作っている様子です。

ペットボトルの中に水を入れ、絵の具のついた筆を中に入れると色水の完成です!

「こんな色になったよ!」「私はピンク!」

自分の作った色水を見せ合いながら楽しむ子どもたちです。

 又、花をつみ、ビニール袋の中に花と水を入れます。

花をつぶすとこれも色水の完成です!

「もう一回やろう!」と誘い合ったり、、、

「先生見て!色水できた!」と私たち保育者にも見せてくれます。

幼稚園で友達と思い切り遊ぶ子ども達の姿は輝いて見えます!

 

 年少の頃は、「先生!」とまず保育者の元へ来ていた子ども達。

今では、”先生”よりも先に”友達”に話す姿が多く見られているなと成長を感じます。

年少の時同じクラスだった友達と遊び楽しむ姿が見られたり、

友達・保育者と一緒に遊んだりと、

様子は様々ですが園生活を楽しんでいることが表情から伝わってきます。

これから友達関係がさらに広がり、どんな表情を見せてくれるのか楽しみです!