ブログ

ありんこ組。ログハウスでキャンプ。

 10月から入会した子ども達は、11月から徒歩通園とバス通園になりました。

友達が順番に登園してきます。

「あっ、〇〇くんが来た。」「まだ来ないね」と、友達が来るのを待ちかねている子どもたちです。

最後の友達が登園し、トイレなどを済ませ外に出かけました。

 

外には、もーり組の子達が既に遊んでいました。

自然と合流をし、ログハウスに次々に入り、通称「小人のおうち」(ありんこ組の子どもたち)では、

「ハイホー、ハイホー」と保育者が口ずさむと、子ども達は自然と体を動かして踊り楽しんでいました。

 

その後、「バーベキューをしよう」と外に出た子ども達は、

「魚を釣らなくちゃ」とシャベルで池の中の落ち葉をすくい上げていました。

「野菜をとって来たよ」と草や花びら、数珠玉等などを見つけていました。

 

ログハウス前で、「パーティーをしよう」と言うと

そこに集まった子どもたちは、お誕生日の歌を歌い始めました。

先日年少組の誕生会に参加した印象からだったのでしょう

思い思いに行動し、キャンプを楽しみました。