ブログ

年少さんもお面を作りました!

毎日、ホールでは年中さんや年長さんの劇の活動が行われています。

聞こえてくる楽しそうな声や音楽につられて、年少の子ども達は大急ぎでホールへと向かっていきます。

かっこいいお兄さんお姉さんの劇に夢中で前のめりになって見入っている姿が印象的で、年中長さんの劇のセリフを真似したり、絵本に出てくる動物になりきってみたりと楽しんでいます。

 

そんな子ども達から、「僕も(私も)劇やりたい!」という声が聞かれるようになりました。

今週から、「みんなもやってみよう!」ということで、各クラスの保育者が子ども達にピッタリなお話を提案し、劇ごっこが始まりました。絵本を読み、出てきた動物の真似をしたり、面白い場面をみんなで楽しんでいくと、「うさぎになりたい!」「お面作りたい!」という声も聞かれるようになりました。年中長さんの劇でもおなじみのお面は子ども達にとって憧れのアイテムだったようです。早速、昨日から決まった役のお面を作り始めました。

出来上がると、お面を身に着け「ぴょんぴょん!」「にゃーにゃー」などと言い、動物になりきってごっこ遊びを楽しんでいます。

年中長さんのように劇ができることを心待ちにしていた子ども達だったので、登園して帰るまでずっとお面を付けている子もいたりとお気に入りのようです。

 

明日からも、クラスのみんなで劇ごっこを楽しんでいきたいと思います♪