ブログ

遊園地を作り始めました!!

遊園地作りに向けて動き始めた年長さんの子どもたち!

ホールに遊園地のアトラクションを作っていくのですが、いきなりダンボールを使って建て始めるのではなく、設計図を描き、同じ仲間とまずアトラクションのイメージを共有していきます。そしてその後に、牛乳パックや、空き箱などを作って模型を作り、立体的に作ることで、更にイメージをもちながら本当に設計図で描いたものが作れそうかを試してみたりします。

設計図を描く時は、迷路を作る子たちが、「ここで分かれ道になるようにしようよ!」「いいね!落とし穴とか面白そうじゃない?」「いいねー!!」と言っていたり。

宝釣りの子達が「海で釣ってるってことは?」「海で宝物が釣れる!」「宝じゃなくてカニとかが釣れたら残念~!ってことは?」と盛り上がっていたり。

たくさんのアイディアが子ども達の中から出てきていました。

 

模型作りでは、設計図を見ながら牛乳パックで壁を作ったり、空き箱で隠れる部分を作ったりしていましたが、実際にやってみると、「あれれ?設計図で描いたみたいにならない!」「こんなにたくさんの分かれ道にできないかも!!」「なんか壁建てたら設計図にはなかった新しい道ができた!!」と、やってみたからこそ発見があったりのしました。

 

細かな部分まで話し合いながら設計図・模型を作ったことで、それぞれが具体的なイメージをもって行くことができ、子ども達もより気合いが入った様子でした!!

今模型を、片手にホールにダンボールで建て始めました!その様子も後日お伝えします!!

 

経過がよく分かるように、同じアトラクションの設計図・模型をご紹介!

設計図を描いています!海の中で宝釣りをするよ!

真ん中にお魚がいっぱいいるようにしたい!設計図が形になってきました!