ブログ

ドロケイやカルタで遊んだよ!

 冬休み前から子ども達が夢中になっていたドロケイは、3学期になっても大人気です!

「ドロケイやりたい!」「一緒にやろうぜ!」「ケイサツになる!全員タッチできるよ!」と、お友達を誘い合って外に向かう子ども達。ケイサツの牢屋と、ドロボウの家をラインカーで描き、やりたいお友達が集まるとドロケイのスタートです!ドロボウを追いかけたり、ケイサツから逃げたりと、思い切り身体を動かして走ることを楽しむ子や、ケイサツに捕まって牢屋に入っている仲間を助けるためにタイミングを見て走り出すなど、それぞれに楽しさを感じているように思います。

遊んでいるうちに「何してるの?ぼくも一緒にやりたい!」「入れて!」と、どんどんお友達が増えて、他クラスだけでなく年長さんともドロケイを楽しんでいる姿が見られます。

 

 お部屋では、白い画用紙に同じ絵を2枚描いたものを使ってカルタをしたり、裏返しに並べて神経衰弱をしたりすることを楽しんでいる子が多いです!「絵描きたい!」とマーカーやクレヨンで好きな絵を描き、完成すると嬉しそうに「できた!これも使う!」と、自分達で作ったもので遊ぶことに楽しさを感じている子ども達です。

カルタは、初めは保育者が1枚カードを見せ、子ども達が同じ絵を探して取ることを楽しんでいましたが、何回か遊んでいく中で、「わたしも出すのやりたい!」と、子ども達同士でも遊びを進めて楽しむ様子が見られました!