ブログ

お泊り会速報①~食事作り~

待ちに待ったお泊り会が始まりました!

お家の人と登園してきた子どもたち。ちょっぴりドキドキしている様子の子、クラスの友達を見つけた瞬間に笑顔になる子、「今日楽しみ!」とワクワクしている子など、様々な子どもたちの姿が見られました。

登園してすぐクラス毎にお集まりをして、「いよいよお泊り会が始まるね!」「よしっ!!」と気合いを入れてスタートしました。

さぁ、お泊り会の始まりは食事作り!

ここで各係の様子をお伝えします。

  漬物係は、キャベツ係とキュウリ係に分かれて調理スタート!キャベツ係は、一口サイズに手でちぎっていくのですが、「これくらいかな?」「芯の所が硬いんだよね~」など、みんなが食べやすい大きさになるように考えながら行っていました。集中力をフルで発揮し、あっという間に終わってしまいました!

 キュウリ係は、初めに園庭にある自分達の畑にあるキュウリを採りに行きました。「うわ!おっきい!!」「曲がってるやつも採っていい?」と自分の顔よりも大きい物やひらがなの“し”のように曲がっている物など、全部で4本収穫することができました!クラスに戻ってキャベツ係さんに見せると、「うわー!!」とみんなで大喜び!手洗いを済ませ、順番に包丁で輪切りに切っていきました。「上手上手!」「それだと大きくて食べにくいんじゃない?」など、友達の様子を見ながら励ましたり、アドバイスをしたりしながら、自分の順番が来るのを待っていました。先に作業を終えたキャベツ係さんも加わり、ラストスパート!

 キュウリとキャベツ、塩昆布を袋に入れてみんなでモミモミ…。やる気満々で揉みこみ、一回味見をすると「味がしない!」「調度いい!」と感想を言いながら、少し塩昆布を足して仕上げのモミモミ!最後は、並べたお皿にみんなで盛り付けていきました。「すごいいっぱいだ!」「いい匂いがする~」と、自分達で作った漬け物を見て“やりきった!”と大満足の笑顔でいっぱいでした!

 

 カレー係では、材料の玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ、お肉を班ごとに分かれて切っていきました。

「家で作った!」と笑顔で話す子などさまざまな姿があり、「ねこの手で切るんだよ!」「トントンって切るんだよ!」と切り方を知り、やる気満々の子ども達。早速食材を切り始めていくと、食材の量に驚きながらも切り進め、「おいしいカレーができるかな?」と自分達で作っていくことを楽しみました。玉ねぎグループでは、切りながら「目がしみてきた!」と涙目になる子もいましたが、無事最後まで切り終えることができました。切った具材はお手伝いのお母さんたちが鍋で煮込んでくれ、子どもたちは1人ずつルーを入れていきました。入れながら「匂いする!」という声も聞こえ、カレーを食べることを楽しみにしていました。

 

「みんなのために美味しいご飯をつくるぞ~」とやる気満々の飯盒係!

まず火おこしから始めました。細い木を丁度良い長さにして山形に並べます。「ちょっとくさい~。」「あつい~」と言いながらも火がつく様子をワクワクした表情で見つめていました。

次に、お米を測り、米研ぎをしました。「これくらいかな?」と迷いながらも上手に米研ぎをすることができ、研いだ米を飯盒に入れ、水を入れます。「多すぎちゃった。」「もうちょっと。」と言いながら自分で水の量を見て入れている姿が見られました。

いよいよ、飯盒を火にかけ、炊き上がるのを待ちます。「♪美味しいご飯をつくろう。つくろう!~」と歌いながらご飯が炊けるのを待ちました。自分の番号の飯盒から水が出てきたり、湯気が出てきたのを見て「わあ。もうすぐ炊けるかな?」「(飯盒から)よだれがでてきた!」などとご飯が炊けるのを楽しみにしていた子どもたち。

そして...完成!!!炊き上がったご飯を見て「わあ、おいしそう!」「上手に炊けて良かった!」と嬉しそうな表情をして、達成感を感じている様子でした。

 

 サンドイッチ係では、朝食用のイチゴサンドと、ウィンナーパン用のパンを包丁で半分に切り、切り込みを入れていきました。年長さん全員と、先生用のたくさんのパンの量に最初は「こんなにあるの!?」「すごい!」と驚いており、最初は全て切り終えられるかドキドキしていた様子…。

 切り始める前に、包丁の持ち方を聞いていくと、「こっちはネコの手だよね!」と真剣に確認していた子ども達!パンの袋も自分達で破り、始めていきました。「これで(切り方)大丈夫だよね?」「二枚ずつ切れそう!」「上手でしょ!見て!」とどの子も切る回数が増えていく毎に、自信をつけ始め、あっという間にパンの量もあと少しに!そのことに気付くと、「もうこれだけ!」「終わりそう!」「腕がいいからね!」と目をキラキラとさせながら達成感を感じている様子でした。

 全て終わった後には、「明日のサンドイッチ楽しみ!」と明日の朝食で食べられることを心待ちにしていました。

 ゼリー係では、一緒に作るお友達、作り方を確認した後みんなで「よしっ!」と気合いを入れ、桃・パイナップル・みかんを切る担当の子、ゼリー液を作る担当の子に分かれゼリー作りが始まりました!「楽しみだな~!」「美味しいゼリー作ろうね!」とワクワクしていた子ども達!

「こうやって切るんだよね!」「手、気を付けてね!」「何回切った?」などお友達と確認し合ったり、「○○ちゃん上手!」「○○くん頑張って!」とお友達の事を応援してくれたりする子の姿が見られ、あっという間に果物が切り終わりました!

ゼリー液担当の子は水と粉寒天を火にかけながら混ぜ合わせていきました。沸騰するまで約15分、そして火を止めてから数分、一度も休むことなく混ぜ続けてくれました!

ゼリー液ができるまでの間、カップに切った果物を一つずつ入れたり、完成したゼリー液を入れたり…「忙しいね~!」「楽しいね!」「次の仕事は!?」「もっとやりたい!」と楽しい表情、嬉しい表情、真剣な表情、様々な姿を見ることができました!ゼリー液をカップに入れていると「あ!固まってきてる!」「大成功だね!」「やった-!」と大喜び!

明日の朝、みんなで食べる時が楽しみだね!

 

 

タグ 年長1学期