ブログ

お店屋さんと郵便屋さん

今日も雨降りの幼稚園。
年中さんのクラスが何やらにぎやかな様子だったのでのぞいてみると、テーブルにたくさんのお寿司が並んでいました!
目の前に箱を置き、椅子に座った男の子が
「何名様ですか?」と声を掛けてくれ、
「一名です!」
と答えると違う子が空いている席に案内してくれるではありませんか!
そして、いくら・たまご・まぐろ…たくさんのお寿司を次から次へとごちそうしてくれた子ども達!

すると、違うクラスの女の子が
「これ持って、れんげ組に来て!」
と、数字の書いてある丸い赤い紙を渡してくれました。
クラスに入ると
「こっちもお寿司ありますよー!」
「メニューもあります!」
「どれがいいですか!?」と元気な声!
こちらではいなりずしやぶどうゼリー、ワサビたっぷりの海苔巻き!を頂きました。
ごちそうさま!と席を立とうとすると、
「さっきのお金は!?」
と赤い紙を渡してくれた女の子がレジの前に立っていました!
そう、自分で作ったお金を渡してお店に招待してくれたのです!
自分達で作ったものを見てもらいたい!作ったものでやり取りしたい!そんな気持ちで渡してくれたのですね!

すると今度は紙で作ったバックを持った年少さんが、じっとこちらを見ています。
ニコニコ、ニコニコ。
近寄ってみると、“せんせい”☻と書かれた小さな紙を嬉しそうに渡してくれました。
この字は担任の保育者が書いたもの。
すぐにその保育者の名前と、お顔を描いた紙を年少さんに渡しました。
「お届けお願いします!」と言うと、
「あげてくる!」とすぐさま走っていった年少さん。
その後も、今日はたくさんの郵便屋さんがお届けに来てくれました!

雨の日は室内遊びが中心になりますが、作ったりやり取りしたり、じっくり楽しむ時間はワクワクしますね!
製作中心となる二学期後半の活動も楽しみになりました!