青葉台のグランドデザイン

 

 

  教育目標

 

自立

 不安・自己嫌悪がなく、自分に自信を持ち、いきいきと生きることができ、目標を持ち選択ができる人。

創造

 既存や前例にとらわれず、より良い生活・社会へ改善し、日常の疑問を探究し、生涯学び続けられる人。

協調

 互いの個性を認め合い、良いコミュニティを築き、仲間・地域・家族と協力し、喜びを感じられる人。

青葉台で大切にする力と心

 

思考力

 体験の中で「どうしてこうなるのだろう?」を見つけ、どうすれば解決できるのか自ら考えることができる力。

 自分自身を知り、自分らしさを生かした進路を設計する力。

探求力

 体験の中で感動や不思議さを見つける力。

 その過程で粘り強く挑戦し続ける心。

 挑戦し続けた結果、成功した時の自己肯定感や達成感を感じることができる心。

プレゼンテーション力

 どんな場所でも、誰に対しても、自分の意見を堂々と発表することができる力。

グローバルコミュニケーション力

 自分の意思を持ち、他者の考えも理解しながら対話する力。

 日本語はもちろん、英語でもコミュニケーションが取れる力。

道徳心

 自分のことも他者のことも大切にし、おもいやりと感謝を忘れない心。

  青葉台の教育内容

本校の教育内容

「個性が輝く教育」を推進し「主体性を楽しむ」子どもを育てる。

「探求活動」「教科学習」「進路学習」「特別活動」を軸に、全ての教育活動で幅広く取り組んでいきます。

 

探求

体験から出た自らの疑問を解決する活動を通して、主体性を育てる。

集団プロジェクト活動を通して、お互いの個性を認め合える心を育てる。

 

教科学習

子どもたちが好奇心や探求心をふくらませ、主体的に学ぼうとする心を育てる。

自分を表現する活動を多く取り入れ、表現力を育てる。

 

進路学習

自分の興味・関心がどこにあるのかを知り、将来を考えようとする心を育てる。

進路の実現に向けて前向きに努力する心を育てる。

 

特別活動

 児童総会や委員会活動といった異年齢交流を通して、互いの意見を尊重し、認め合う心を育てる。

 青葉台オリンピック(運動会)や発表会といった行事を通して、互いに協同して活動する態度を育てる。

  学校概要

学校の名称  青葉台初等・中等学部 
 ~Tsukuba Academia Village AOBADAI Elementary and middle School~
学校形態  幼稚園・小学校・中学校一貫・連携教育校
学校規模  男女共学 各学年20名 / 全学年(1~9年生)合計180名
学級編成  1学年最大20名の少人数学級
授業日  毎週 月~金, 第1,3,5土曜日
休業日  日曜日,祝日,第2,4土曜日  夏季・秋季・冬季・学年末始休業日
学期  1学期/ 4月1日~9月30日
 2学期/10月1日~3月31日
開校  2009年4月1日
 茨城県県南地区初の私立小学校
宗教教育  行わない
児童保育  あり(在籍児童のみ)
 夕 ~18:00 (有料) 学習指導 可