あおば台の保育

工作
幼児期は1年1年が大切。子どもが通るべき道(発達の理解)を飛ばして次へ進むと育ちのひずみが後で出てくるものです。保育者に発達理解は欠かせません.
 

学年別保育

 

3歳児

初めて親の元を離れ不安でいっぱい。第一子の子については親子共々不安です。

そんな状態だから包み込むような受容が肝心です。

ことばがまだ自由に操れないので、意思を表現することが未熟で、つい手を出してしまったり足を出してしまったりします。

あっちで「エ~ン エ~ン」こっちで「エ~ン エ~ン」。教師は一人を背負い、一人を抱っこ、両手にはしがみついてくるこどもたち。

それでも「幼稚園が楽しい」と感じられるような保育を主眼としていきたい、と思います。

4歳児

3歳児に比べると急に大人になったような感じがします。

視野も広がり、ことばも達者になってきます。

仲間との関りも急速に上達していきます。

物の貸し借りやゲームなどにも約束事がおり込まれてきます。

そうすると、結構自己主張が強い子とそうではない子とのバランスが崩れ、力関係が顕著に表れてきます。

そんなときに、いつでも声の大きいものが利益を得るようなことのないように、また周囲の圧力に声が出なかった子が自分というものの存在を強く意識し、自分の気持ちを堂々と相手に伝えられる内面の育ちを重要視したいと思います。

この時期は仲間を欲し、知的な遊びが盛んになるときでもあり、その分いざこざも増えてきます。

仲間との感情のもつれで悩んだりもしますが、乗り越えていけるように最大の援助をしたいと思います。

5歳児

私たちが主役。幼稚園での生活ルールは完璧にマスターしています。

新入園児をリヤカーで送迎したり、近くの田んぼの畦道で摘んできた「よもぎ」で「よもぎケーキ」や「よもぎ団子」なるものを作りごちそうしてあげたりもします。

運動会では自分で挑戦目標(跳び箱・縄跳び・登り棒・雲梯・etc)を決めて披露します。リレーやタイヤ取りなどの競技では、一人一人が全力を出し切り、力を合わせていくことで仲間意識を強くし、クラス意識を強めます。勝敗に拘るのではなく、そういったことから視野を広げ、他のこどもとの心のありようを探る手がかりとなります。

3学期には「劇」をやります。セリフは自分たちが言いやすいように直したり、大道具・小道具も自分たちで作ります。そうした過程の中で仲間と同じ目標を共有することによってさらに深い仲間意識が構築されます。

仲間の存在があって自分の存在があることを、すこしでもどこかで感じて欲しいと願っています。そして卒園です。

                                                            

1学期の中心となる活動     
  年少 おもしろ遊び
  年中 プレイランド
  年長 グループ活動
 
2学期の中心となる活動 
  年少 運動会ごっこ おうちごっこ
  年中 子ども運動会 おみせごっこ
  年長 子ども運動会 遊園地ごっこ

3学期の中心となる活動
 年少、中、長   劇遊び

ようちえんの1にち
  8:30~
10:00
10:00~12:00 
 12:00~13:00 
13:30~
14:00
14:00~15:30
 登園
(園バスや保護者の送りなど)

自由遊び
 クラス活動
昼食
自由遊び 
 帰りの会

降園
(園バスや保護者のお迎えなど)

自由遊び
 

 
 
 

こども1
元気イッパイ、散らかせ散らかせ!受容されていると笑顔が輝く!!
 
こども3
水・泥遊びは心の解放!!屈託のない笑顔のもと!
 
こども5
小麦粉をこねて粘土つくり!どんなことでも、みんなでするから楽しいのです!
 
子ども6
なあに?どうして?は科学の芽を育てます。
 
 

学校所在地

青葉台初等・中等学部
〒315-0056
 かすみがうら市上稲吉字中山1518
TEL 029-830-2311
FAX 029-833-2811
Email syotobu@aobadai.ac.jp
 

幼稚園所在地

認定子ども園:あおば台幼稚園
〒300-0837
 土浦市右籾字宮塚2755
TEL 029-842-6311
FAX 029-843-2552
 
あおば台第二幼稚園
〒305-0023
 つくば市上の室字前坪305-3
TEL 029-857-8515
FAX 029-857-5081
 

おすすめリンク

初等学部建設委員長のブログ
青葉台教育の応援団長!
色々な切り口で迫ります!
↓ 下をクリック!
 

お知らせ

 携帯電話で画像が見られない方へ
“HTMLで表示する”を選択すると画像が見られるようになります。
(見られる画像の枚数は機種の容量で違います。)