アクセスカウンター

5652936
2008/12/5~

オンライン

オンラインユーザー24人

電話による連絡について

 本学園では,子どもの安全管理のため,
「非通知」
「公衆電話」
による電話には一切応答いたしません。

 緊急時に公衆電話をご利用される方は,ご家族やお知り合いの方を通して連絡していただくようお願いいたします。

 

あおば台の保育の根っこ

こんにちは!副園長の塚原裕子です。
幼稚園の先生になって「ひろこせんせい」と呼ばれる日が来るとは思ってもみませんでした。
人と接する仕事は良いなと思っていましたが、子どもはちょっと苦手!
ところが、子どもの世界に入ってみると、子どものいとしさにはまいってしまうほどです。
私より、寛容で、面白くて、可能性が無限大!
すっかりはまってしまいました。
そんなこんなで幼児教育に関わり26年。
受け持った子が子どもを連れて幼稚園にやってくる時代になりました。

一方で保護者からすると現代はどんな時代なのでしょう?
私は、子育てに対しての大らかさが、世の中になくなってきているように思います。
ますます子どもを育てにくい時代になって来ました。
このブログを通して子育てが少しでも楽しくなればと思っています。
 
副園長ブログ >> 記事詳細

2015/05/11

信じて待つ

| by ひろこ
年少時代にはもじもじしていた子や、みんなの輪に入ろうとしなかった子が、年中になった今、先生が話している時、目をじっと保育者に向け、食い付くような集中力で話を聞いている姿。

そんな場面に心が弾みます!

ところで、幼稚園の卒園児Kくんの話ですが、中学の先生になりました。そして”バスケットの顧問になって、試合中に激しいゲキを飛ばす熱血先生になっている!何が来ても動じないような雰囲気とたくましい体つき!”と聞き、その変身ぶりに驚いているところです。

お母さんに、そのたくましさはどこから来たの?と伺うと、「高校生になってバスケの顧問と合わず、ウエイトリフティング部に請われ入部し、プロティンを飲んで身体を作った」ことを聞きました。
「あの、天真爛漫で可愛かったKくんが、そんなにたくましくなったの!」と感嘆!!お母さんは「そうなのよ。あの可愛かったK君がなつかしい!」と笑っていらっしゃいました。

30年前に保育を改革した際に、久保田浩先生から「もっと、学年の差(違い)が出るような保育を」とアドバイスされ、皆目見当がつかなかったのですが、現在のあおば台は、年少には年少の、年中には年中の、年長には年長の育ちがはっきり表れ、その違いは『たった1年の違いがこんなに?』と思うほど出ています。

年少と年長はまるで大人と子ども位違います。らしく です。年少は年少らしく生活すること。

急がせないで・・・育ちを急がせるよりも、その時代を十分に生きると、まるで人が変わったように、その子の意志で自発的に行動するのです。
園長がよく「ゆっくり育てましょう!急がないで」と言うのは、子どもも気持ちを代弁しているように感じます。
ゆっくりとは、待つこと。信じて待つこと。
そしてこれが、おおらかに育つ、子育ての極意なのだと思うのです。




トラックバックURLhttp://www.aobadai.ac.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=24341
12:18 | 投票する | 投票数(15) | トラックバック(0)

学校所在地

青葉台初等・中等学部
〒315-0056
 かすみがうら市上稲吉字中山1518
TEL 029-830-2311
FAX 029-833-2811
Email syotobu@aobadai.ac.jp
 

幼稚園所在地

認定子ども園:あおば台幼稚園
〒300-0837
 土浦市右籾字宮塚2755
TEL 029-842-6311
FAX 029-843-2552
 
あおば台第二幼稚園
〒305-0023
 つくば市上の室字前坪305-3
TEL 029-857-8515
FAX 029-857-5081
 

おすすめリンク

初等学部建設委員長のブログ
青葉台教育の応援団長!
色々な切り口で迫ります!
↓ 下をクリック!
 

お知らせ

 携帯電話で画像が見られない方へ
“HTMLで表示する”を選択すると画像が見られるようになります。
(見られる画像の枚数は機種の容量で違います。)