保育者の学びについて
子ども達の発達・成長を促し、生きる力の基礎を身につけていくという
教育機関の社会的責任を果たしていくためには、
実践の計画・実行・評価・見直しのサイクルを丁寧に行うだけでなく、
更に子どもの発達や、今の時代・社会についても
謙虚にかつ積極的に学ばなくてはいけないと考えています。
ここではそんな、あおば台の保育者の学びについてご紹介します。

二十数年前に、子ども中心の保育は? と、保育改革して以来、
あおば台では主に2人の先生に師事し、学んで実践を練り上げてきました。

その一人は久保田浩先生です。和光大学教授、白梅短期大学教授、
そして、私達が研修に行っている幼年教育研究所の所長でもありました。
「子どものための真実の保育は、泥臭いもので
メジャーにはなりえない。
マイナーのままでいい!」というが持論で、
NHK等メジャーなメディアからの出演依頼を断った記録を持っているくらい
実践主義・現場主義を貫かれた方です。
残念ながら今は故人ではありますが、20年以上にわたって教えをいただきました。

これは、久保田浩先生の「根を育てる思想」。あおば台のバイブルです。
その他にもたくさんの名著があり、
実践からの哲学に裏付けられた内容は
いまでも本の中に生きているし、これからも学ばせてくれることと思います。

もう一人は、筑波大学名誉教授の杉原一昭先生です。
難しい学術書もたくさん書かれていますが、
この本は、保育者だけでなく保護者の方々にも分かりやすく書かれています。
出版されてから20年近く経とうとしていますが、
未だにたくさんのことを教えてくれ、気付かせてくれる本です。

杉原先生も、今は故人となってしまいましたが、
どんな質問でも答えてくれて、
難しいことを平易な言葉で教えていただき、とても勉強になりました。
園長先生と杉原先生ではじまった「幼児心理学研究会」は、
20年の時を超えてもうすぐ170回を数え、今でも継続しています。
民間と大学が共催している勉強会としては筑波大の最長記録とのことです。
あおば台の保育実践の論理的裏付けとして大切な勉強会で、
あおば台の保育者は全員、ほぼ隔月、夜に筑波大に行って
実践提案をしたり勉強させてもらっています。
現在この勉強会は時代の流れで終了せざるを得ませんでしたが、
この集まりで学んだことは、あおば台の保育のベースとなって
生き続けていきます!
 
学びの日誌
保育者の学び
2016/11/12

園外研修(公開保育)に行ってきました!

| by アンパンマン
私たちが理想とする 故:久保田浩先生の保育に共感する仲間たちが主催している
「幼年教育研究会」の公開保育に行ってきました。
去年は私たちのあおば台幼稚園で開催されましたが、
今年は日立市にある「池の川幼稚園」での開催となりました。

縦割り保育、統合保育を特徴とする幼稚園です。
朝から午後1時まで、園内外の環境や遊びや保育活動を
じっくりと見せていただき、
午後からは、小グループに分かれての話し合いをして
学びを深めていきました。

やはり他の園を見るということは、
大きな刺激・勉強になります。
何度か来ていますが、そのたびに変化・進化しています。
園長先生の情熱も十分に伝わってきました。
自分たちの園に持ち帰るおみやげがたくさんできました。
来週からの保育が楽しみです!
穏やかで、充実した一日でした!
18:16 | 投票する | 投票数(5)
2016/11/10

教育実習生がたくさん来ています!

| by アンパンマン
6月と11月は、教育実習生が来る季節です。
今年は時期が重なって、
4人の実習生がきて学んでいます。
職員室の人口密度も上がっていますね!

実習生たちは緊張もあると思いますが、
子ども達にとっては「新しく来てくれた遊び相手」です。
さっそく声をかけて遊びだしたり、自分のクラスを案内したりしていました。
難しさや迷いはもちろんあると思いますが、
子どもと十分に関わっていく中で、
子どものすばらしさや保育の面白さをたくさん感じて、
これからの勉学のエネルギーにして、
保育者になる夢をより膨らませてもらえたらと思います。
頑張れ!実習生!
18:18 | 投票する | 投票数(8)
2016/04/16

2園合同での研修会

| by アンパンマン
今日は、2園合同の研修会がありました。
昼食をはさんで、午前・午後で行いました。
今後、大学入試が変わっていくという話題が大きく取り上げられていますが、
知識・記憶偏重ではなく、
「実生活や実社会において、いかに知識や技能を活用して問題解決ができるか?」
という、考える力・応用力など、生きる力に結びつく
能力が必要となってきます。
人として豊かに生きるための本質を育てることに、
いよいよ陽の光があたってきたと言えるかもしれません。

今後の複雑で激しく変化する社会を生きていく、
その基礎の力を身につけるために、
当然幼児教育も改革が求められています。
その方向性を示すものとして、
「21世紀型スキル」「非認知能力の育成」「社会情動的スキル」などの
教育最前線のキーワードについて深めていく研修をしました。
小グループに分かれて、その内容の理解と、
現実の保育にどうマッチングさせていけるかという課題について討議し、
互いに発表しあいました。
でも、これらのキーワードを深めていくと、
何だか今まであおば台が目指してきた保育が
理論的に補完されていくようで、
自信にもなっていきました!

そして後半は、
自分たちの保育と職場環境について、
10のポイントについて検証しました。

①園全体のビジョンを明確にし、捉えて表現できているか?
②職員間で目標(課題)を共有できているか?
③職員間での効果的なコミュニケーションの工夫がなされているか?
④保育者の省察を推奨しているか?
⑤実践をモニタリングして評価し合っているか?
⑥専門的な資質向上に関与できているか?
⑦リーダーシップが分かち、保たれているか?
⑧学び合う風土や文化ができているか?
⑨親や地域とのパートナーシップがとれているか?
⑩リードと調和のバランスがとれているか?

それぞれについて、今までしてきたこと、出来ていることの再認識と、
これからどうしたらよいか、何ができるかについて語り合いました。

最後は園長先生からの補足、まとめの話です。
まとまって時間をとる機会が少ないため、
1日討議して、あおば台の現在位置と向かうべき方向、
職場環境や人間関係について今後のやるべきことが見えてきました。
とても充実した研修でした!
16:05 | 投票する | 投票数(7)
2016/04/05

ちょっと休憩のひとコマ

| by アンパンマン
新年度が始まりました。
子どもたちは、預り保育の子だけ来ています。
職員は、園庭や遊具の整備をしたり、クラスの環境を整えたりと、
準備に大忙しです。
そんな中、今日は天気もいいし、桜も見ごろなので、
ちょっとリフレッシュということで、
幼稚園の屋上に上ってお昼を食べました!

青空と桜の下で食べるお弁当はとてもおいしかったです!
満開の桜。
子どもたちが登園する頃まで咲いてくれているといいな!
14:38 | 投票する | 投票数(10)
2016/03/31

3学期のまとめ(総括)がありました

| by アンパンマン
今日は平成27年度最後の日。
職員は学年ごとに実践記録や指導計画を資料にして、
3学期の保育の総括をしました。
良かったところ、改善点など、様々な評価分析と共に、
各々の保育の感じ方なども伝え合いました。


そして午後3時からは、2園が合同で
各々の発表会の劇遊びの映像を見ながら研修しました。


学年ごとに分かれて映像を見せ合ったのですが、
同じ保育を目指していても、アプローチが違う部分もたくさんあり、
その違いを目の当たりにすることで、
自分たちの保育もさらに深まったり、視点が増えたりして、
とても充実したものとなりました!
きっと来年度に生かせるものをたくさん得たと思います!
17:03 | 投票する | 投票数(7)
2015/11/28

公開保育がありました!

| by アンパンマン
今日は、私たちが保育を学ばせてもらっている
「幼年教育研究所」 主催の公開保育が
あおば台幼稚園で行われました。
関東一円から大勢の保育者が来てくれて、
あおば台の子どもたちと保育を見てくれました。

園庭は大人でいっぱい!
でも、子どもたちは自分たちのやりたいことを自由に行ったり、
自慢の園庭を紹介したりと、
いつものように過ごしていました。

今日の中心となる活動の 「年長ランド」 でも
年長児がいつものように張り切って、
小さい子を招待し遊ばせてあげていました。

それを見る保育者たち。
その間をすり抜けて、年少、年中児がアトラクションを移動していきます。

帰りの会でも保育者の目・目・目。
でも子どもたちはいつものように楽しんで降園していきました。

午後からは、学年ごとに集まって、
今日の保育の報告や質疑応答、
保育方法や考え方などの討議が熱く交わされました!
こちらは年少。

こちらは年中。

こちらは年長。少人数に分かれて
感じたことを率直に論じ合っていました。

そして最後に全体会。
園長先生が、保育への思いや保育者観を語り、
公開保育は無事終了しました。
あおば台の保育やこども達に、そして園庭にたくさんの評価を頂きました。
また、頂いた意見をもとにこれからどんな保育をしていくかも、
たくさんの考えを持つことができました。

見学者の方が帰ってから、
第二幼稚園の先生たちと共に
互いの学年の様子や、これからの保育について
更に研修をして深めていきました。

準備は大変でしたが、たくさんの方の協力いただき、
無事終えることができました。
素晴らしい1日でした!
18:36 | 投票する | 投票数(5)
2013/08/29

夏期研修報告会

| by アンパンマン

今日は、夏期研修の報告会がありました。
それぞれに出かけた研修を互いに報告し合い、
学んだことを共感したり、質疑をして深めたり、
その中からいくつかのテーマを抽出して更に検討したり・・・。
2学期に向けて更にちょっとレベルアップできた研修となりました。
始業日が待ち遠しいです!!!
17:04 | 投票する | 投票数(14)
2013/08/01

夏期研修 茨私幼教員研究大会

| by アンパンマン
こちらも毎年行われている
茨城県私立幼稚園連合会の研修大会です。
ここ数年、スタッフの方の尽力で、講師・助言者がとても素晴らしく、
楽しみな研修の一つで、今年は水戸で開催されました。

初日は全体会。茨城県内の全ての私立幼稚園が集まるので
会場も大きいです。
基調講演は平山許江先生。
「広く深くていねいに保育の質を考える」という演題でお話をいただきました。
快活で率直な語り口で笑いを交えながら、
でも本音の保育論・職場関係論を語ってくれました。

先生達もたくさんメモを取っていました。
きっと生かせる部分、大切にしなくてはならないことが
たくさんあったと思います。

続く実践講演では「遊び心が世界を変える!」という題で
北島尚志先生に子どもと作り上げる遊びの豊かさ・楽しさ
それが将来的に人としての生活力になっていくという、
我々も力を頂ける話となりました。


2日目は10の分科会に分かれて、
保育論や実践ワークショップなど、
様々に分かれて学びました。
充実した2日間。
また心が豊かになり保育が楽しくなりそうです!
20:15 | 投票する | 投票数(17)
2013/07/30

子どもの未来を語る会@穂高

| by アンパンマン
今年も故久保田浩先生が設立した、幼年教育研究所主催の
「子どもと保育者の未来を語る会」(通称:語る会)の研修に行ってきました。
あおば台が保育改革をするきっかけとなった研修会で、
同じ子ども像を目指している幼稚園が集まる研修会なので、
中身が非常に濃いです。男性保育者も大勢います。
毎日のプログラムが終了しても、毎夜遅くまで討議が続きます。
穂高町営(今は安曇野市営)の宿舎を借り切って行うので、エンドレスなのです。


基調講演は、福島大学の大宮勇雄教授で
「保育の質を考える~学びの物語」という演題でお話をいただきました。
その後、池の川幼稚園の実践提案がありました。

2日目は、その提案を受けて、グループに分かれての討議会。
保育者の意図、子どもの思い、感じ方、方法論・・・。
色々な角度から、実践の検討が行われます。

この討議に丸1日かけます。
一つの事例に関しても、たくさんの捉え方、考え方がある。
そこを学べるのがこの研修会の宝です。
あおば台の先生達も、たくさん語り、たくさん刺激をもらってきました。
そして3日目のパネルディスカッションを経て、研修会は終わりました。

毎年穂高の研修が終わると感じること。
それは、「早く子ども達に会いたい」ということです。
今感じた、学んだ思いをそのままに、すぐに子ども達と向き合いたいのです。
就寝が日付を越えることもありましたが、
たくさんの刺激と他園の保育者やあおば台の職員との語らいの中で
たくさんの元気と、やる気をもらいました。
充実した3日間でした!
22:00 | 投票する | 投票数(16)
2013/07/26

1学期のまとめ「総括」がありました!

| by アンパンマン
今日は、1学期の保育の検討会「総括」がありました。

あおば台では学期ごとに自分達の行ってきた保育実践をまとめ、

それぞれが皆の実践記録を読み込んできて検討する
「総括」と呼ばれる勉強会があります。
上がその資料です。学年ごとに1冊になっています。

とても良い関わりをしていた場面をたがいに伝えあうことだけでなく、
「自分の声かけが子どもの思いに添っていたのか?発達に則していたか?」
「もっと良い働き掛けがあったか?」
「より良い子どもの生活を作っていくために、改善する点はあるか?」
など、時間をかけて討議し、2学期への土台としていきます。


今回は、午後に2つの園が集まっての研修もしました。
経験年数の多い保育者の意見も大切ですが、
若い先生達の発想も素晴らしいものがあり、感動してしまいます。
総括も、どうしたらより実になる研修になるか?
ここ数回はやり方を変えて試行錯誤しています。
きっと、一人ひとり掴んだものがあると思います。
まだ7月ですが、2学期に思いを馳せつつ、
少しづつイメージを膨らませていけたらと思います!
20:11 | 投票する | 投票数(16)

学校所在地

青葉台初等・中等学部
〒315-0056
 かすみがうら市上稲吉字中山1518
TEL 029-830-2311
FAX 029-833-2811
Email syotobu@aobadai.ac.jp
 

幼稚園所在地

認定子ども園:あおば台幼稚園
〒300-0837
 土浦市右籾字宮塚2755
TEL 029-842-6311
FAX 029-843-2552
 
あおば台第二幼稚園
〒305-0023
 つくば市上の室字前坪305-3
TEL 029-857-8515
FAX 029-857-5081
 

おすすめリンク

初等学部建設委員長のブログ
青葉台教育の応援団長!
色々な切り口で迫ります!
↓ 下をクリック!
 

お知らせ

 携帯電話で画像が見られない方へ
“HTMLで表示する”を選択すると画像が見られるようになります。
(見られる画像の枚数は機種の容量で違います。)