理事長・園長のちょっと言わせて

初等学部の校長で、幼稚園の園長でもある港先生の熱い想い
12345
2017/12/16new

AOBADAIexciting festival

| by 塚原 港
青葉台ミュージックフェスティバルが今年から改名して、「AOBADAI-excitingfestival」となった。ミュージックがエキサイトに変わっただけのことだが、よく見てみると、出し物の幅が広くなってまさにfestivalというような感じがする。一人残さず子どもたちの笑顔がよい。一人一人の心が躍動している。生き生きとしていて、自分は生きているというようなことを強く自己主張している。それも一人として残さずだ。学校、子ども、保護者が一体となっている。感動して何度も目頭が熱くなった。

何度でも子どもたちに拍手を送りたい。基本的に伸び伸びと、堂々と生活を送れないとだめなのではないか。その上で学習もしっかりとやるということならば、その子は素晴らしい人生を送ることができるだろう。学習すると言っても、学習の種類はたくさんあって、文科省だ配っている教科書の中身だけではあるまいと思う。要は、何でもいいから自分が興味を持ったことに、飽くなきチャレンジをするということができれば立派な人間になれる。必ずしも学校での成績とは一致しないのではないか。

世の中に出て幸せになれると言うのもまた学校の成績はあまり関係はない。どこの有名大学を出ようが、幸せそうではない人を何人も見ている。多分多くの人がそう見ていることは確かだ。なのにそういった幻想が根強く残っているのは、子どものせいではなく世の中を形成している大人たちのせいであろう。そのようなことが学校の教師を縛り、子どもたちを縛ってしまう。もっともっと楽しい学校生活を送れるはずなのに、もっと子供たちを自由にしてやりたいと心からそう思う。
13:30 | 投票する | 投票数(11)
2017/12/14new

勉強しろというけれど

| by 塚原 港
偏差値29から東大合格した杉山奈津子ママが子育てをしていく上で、これだけは絶対に言わないと決めている言葉があります。それは『勉強しなさい』『宿題をしなさい』『予習をしなさい』という勉強関連の言葉で、『宿題は終わったの』という確認の言葉も同様であると言っています。

『心理的リアクタンス』が働いて、『今やろうと思ったのに』と言ってそれに抵抗を示すことになります。人は自分の好きな時に好きなことをしたいと言う考えを持っていて、何か人から行動を強制されると、自由を脅かされた気がして、圧力に反発しようとする感情が起こります。この自由を奪われることへの反発を『リアクタンス』と呼びます。電子回路の物理的用語では「抵抗」を言います。心理的リアクタンスは正常に育っている人には当然備わっているものですから、それが反抗的だと見られるのは残念なことです。

またデューク大学のハリスクーパー氏は宿題についての研究者の第一人者でありますが、小学生に宿題を課すことは成績上何の影響も与えてはいないという衝撃的な研究結果を公表しました。その時間に『よい睡眠』『家族との時間』『遊ぶ時間』もまた子どもにとっては重要な要素であり、宿題でこれらの時間を削ってもよい影響は得られないとしています。多数の研究結果を総合的に解析した結果、小学生レベルの子供が行う宿題に学術的な利益は発見されず、そればかりか子どもに悪い影響をもたらしていることまで判明しています。

幼稚園から小学校への入学は子どもにとって向学心を深める機会となりますが、宿題をさせることは学習に対する興味を失わせる影響があるとクーパー氏は説明しています。先ほど書いた『リアクタンス』の増大は子どもたちにやる気をなくさせてしまいます。勉強はやらせるのではなく、自ら取り組むというモチベーションが大切ですが、それには親に信頼され肯定的な人間に育てることがまず重要なことでしょう。親はことあるごとに褒めることを習慣づけるように心がけることも肝心でしょう。

高いお金を払って塾へ通わせても、親子で批判し合ったりしていたのでは、基本的に子どもは前に向かう動機付けは失せてしまいます。お金の無駄遣いです。楽しい家庭を築いてください。
17:20 | 投票する | 投票数(10)
2017/12/07

幼稚園の餅つき大会

| by 塚原 港
二日前に第二幼稚園の餅つき大会が終了し、今日はあおば台幼稚園の餅つき大会だ。
   
お父さんたちが沢山来てくれて、順調に進行していった。普段の筋肉を使わないので会社でのお仕事大丈夫だろうか。
   
行儀よく座っているけれども、幼稚園では整列やキチンとということは教えていない。お父さんたちも一緒につきたてのお餅を頬張る。何とおいしいことか!。
   
お替わりの列。けんちんがおいしかった。とても上品な味だった。
13:05 | 投票する | 投票数(13)
2017/12/04

園長研修会

| by 塚原 港
毎年この時期に設置者園長研修会がある。場所は水戸で行われるのが普通だが、今回はつくば市の東雲で行われた。午前と午後に分かれて午前の部が『教育の経済学・教育における科学的根拠は』という耳慣れないものであったが、講師の中室牧子慶応大学教授の話を聞いているうちに、なるほど経済学的に分析するとこうなるのかということがよく解ったが、学力を生み重ねていくことに常に費用対効果を意識して話をしている。教育の経済学では非認知能力というものをどのように扱っているのだろうか。

そこのところが明快ではなかった。学力テストなどの認知能力に対して、非認知能力の重要さは、社会生活における最重要課題ではないのか。人の幸せを求める力に関しても、認知能力より非認知能力の方がむしろ重要である。バランス良くと言うけれど、非認知能力の方が重くなる方が、人生にはバランスがよい。また経済学だから仕方がないが、何でも数値化して視覚化できなければ説得力はないと思いがちだが、何でも数値化できるものではないだろう。費用対効果の文言が気に入らない。

午後からは幼稚園教育要領の解説を文科省の役人が来て解説する。今年の3月に決定したもので、その資料についてすでに東京で説明を受けていたので、その資料をもとにすでに解説書を自分で作成し、自園の保育者や義務教育に関連してあるものについては小中学校の教師にも渡し、ともに研修を行っているので、午後からの研修と懇親会は割愛させていただいた。
15:12 | 投票する | 投票数(8)
2017/12/02

和太鼓

| by 塚原 港
   
保護者の計らいで、和太鼓の演奏者を学校に呼んでいただき、見事なバチさばきを披露して戴いた。演奏中の写真は1枚もなく、演奏に見とれてシャッターを切る余裕がなかった。
   
子どもたちと一緒に教師も壇上に上がり、演奏者『彩』のメンバーと一緒に和太鼓のレッスン。なかなか覚えるのが早い!。
   
子どもたちも食い入るように舞台を見ている。さすがにプロだけあって観衆を引き付ける。子どもたちの何人かは自分もあのようになりたいと思ったであろう。
12:22 | 投票する | 投票数(13)
2017/11/20

マリーナベイサンズ

| by 塚原 港
三つの高層ホテルの天辺に船の形をしたプールが載っている場所へ行ってきた。そのホテルの中へ行ってきたわけではないけれど、私の 泊まっているホテルから歩いて10分ぐらいの距離にあるので、散歩がてらに行ってきた。少し異様な気がしたけれど、このホテルの建設を請け負った韓国の会社は、建設終了後引き渡しが終わるとすぐに倒産してしまったらしい。日本の建設会社はこの工事に疑義があって、入札に応募しなかったらしい。そんなこともあって、日本の中では「このホテル大丈夫?」と言う風に一部では囁かれている。

昨日は日曜日ということもあって、この地域は夜でも人が賑わいで行き交っている。すぐ間近にシンガポールの港があって、静かな海辺を高速道路が走っている。そんな情景もいいけれども、さすがにアジアの金融都市というだけあって活気がある。そしていろいろな人種のるつぼでもある。肌の色も違えば、宗教も違うし、日々の生活習慣も違う。そんな人たちがうまく調和しひしめき合っている。この国を思えば、人間は肌の色や宗教が違っても争いを起こさずに平和に暮らす事ができるのだ。
13:29 | 投票する | 投票数(9)
2017/11/18

シンガポール

| by 塚原 港
シンガポールにきている。ANAに久しぶりに乗ったけれども、沖縄を越えるところからずいぶんっと揺れていたのに、客室乗務員は何事もないようなそぶりで客に相対していた。日本は地震が多いから案外気にならないのかもしれない。外国の航空会社では、すぐにアナウンスが入って乗務員も同じく座席に腰掛けて揺れが収まるのを待つといった状況だ。偉いなと感心すると同時に大変な仕事だと思う。 

かつて初等学部で英語を教えていた先生に会いにきた。実はその先生の息子はあおば台幼稚園の卒園児だ。もう21歳になると言うのでどのような青年になっているのか、非常に楽しみであった。現在は徴兵に出ているけれども、なんとプロのサッカーチームに所属していると言う。驚いたけれども、驚いたのはそれだけではない。サッカーはいつまでもできないから、しっかりと国立の大学へ行って仕事に付かなければならないと思っていると言う。しっかりとした考え方を持っているしそれを実行している。

21歳にしては日本の青年と比べたらしっかりしている。日本の青年が大人になりきれない雰囲気を漂わせているのは、多分親の介入ではないかと思っている。子離れできない親が軟弱な青年にしてしまうのではないか。そればかりとは言えないが、大きな違いは徴兵制がある事だろう。  若い時から命をかけると言う経験をしたものは それなりに心の基本的なものに筋金が入るものだ。
22:57 | 投票する | 投票数(9)
2017/11/16

年少さんの保育参観

| by 塚原 港
両園ともに年少さんの保育参観が終わった。初めて幼稚園に来て、友達という仲間ができてどんな子どもの世界を演出しているのだろうか、興味津々と言ったところであろう。仲間がいると言っても、意思の疎通はなく場の共有はあっても同じ意識は持てないから、同じ遊びの中でもすぐに衝突が起こる。3歳児の心の発達の出発点みたいなものだから、かえって動作や仕草や言葉のやり取りなどに興味がある。混沌とした心の葛藤があって、人として成長していくのだろうなと思う。

幼稚園に来るまでの子どもたちの育ちをすぐそばで見守っていたお母様はよく頑張って来たなと思う。部屋の中で子どもと二人きりで、子どもはまだ言葉を理解しない状態である時など、煮詰まってしまってときには発狂したくなる時もあったろうと思う。それは重々理解できるが、だからこそ子どもの成長を楽しみに待てるのではないかと思う。楽しく前を向いて子育てしてくれるようにお長いしたい。必ず子どもは親の期待に沿って行ってくれると信じてほしい。そして何よりもお母さんが幸せになること。
17:14 | 投票する | 投票数(12)
2017/11/14

チバニアン

| by 塚原 港
77万年から12万5千年前の地層が見つかった。国際学会での名称が『チバニアン』と命名された。ただチバニアンという名前を聞いても、千葉にもインディアン部落があったのかぐらいで聞き流してしまう。ましてやその筋の研究者しか知らない用語で解説されても分からない。地軸が反転したなどと聞いても、地球が180度回転したのかとか、その時の地上にある物はどんな現象を起こすのだろうかと考えると、地球が180度回転するのには少し無理があるから、S極とN極が瞬間移動したのだろうなと思うが、それは何故?。

そもそも極が反転したなどどうして分かったのだろうか。いやいや説明はいい、聞いても理解できないから。多分大型恐竜が地球上を闊歩していた時代でもあるだろう。まだまだ人間は登場してこない。ちょっと待って、大型恐竜の時代は6500万年前に終わっているのだから、その後の地層だ。小型の哺乳類などが生まれてきたころではないか。こんな研究をしている人はロマンがあって生きがいがあるだろうな。学習の初発はやはり興味や関心からだ。そして探究心を深める。

小学生の少年に戻って、今ぐらいの知識を持っていたら地球物理学者になりたかったな。地球の果ては大きな滝があって、そこへ行くともう戻って来られないなどと真剣に考えていて、地球というところはとても恐ろしいところだと思っていたので、コペルニクスや、ガリレオガリレオよりも前の古い知識しか持っていなかった私には地球物理学は無理だ。誰が私にそんなことを教えたのだろうか。
15:01 | 投票する | 投票数(8)
2017/11/10

それでオルタナティブは?

| by 塚原 港
自由な学校としてのオルタナティブスクールには大賛成だが、それで教育者としての責任は果たせるのだろうか?という疑問が残る。多様な価値観があるので個人の教育的価値観を押し付けるわけにはいかないけれど、義務教育というのは文科省の教育的価値観を押し付けているといっても、全く的外れな意見だとは思わない。そこで教育というのは国家に帰属するものなのかそれとも個人に帰属するものなのかという議論が沸き起こってきてもよさそうだと思うけれども、国家に財政的な援助をお願いしている立場上、国家に帰属するのではないと強くは言いにくい。

それは私が勝手にそう思っているだけのもので、国家が国家に帰属するものだということは教育基本法にも書いていない。けれども学校法人を取得するのには、国家が介入してくる。だれにでもできないようにしてあってそのハードルは高い。そのことは『私たちの言うことを聞かないと学校は作らせませんよ』と言っているようなものだ。だから日本国中に散らばっているオルタナティブの考え方では法人は作れない。彼らが法人にしたいとは言ってないが、それで運営するのはどうやって?感心する。

もう一つの疑問!。教育者としてある程度の知識を子どもたちに与えなければならないと私は思っているけれども、そのへんのところはどうだろう。青葉台では発達に応じて縦割りの学級を作っていてそこで基礎学習を学ぶ。その他には選択授業として、子どもたちが興味を示す学習に取り組むようになっている。それは堀先生のところで取り入れたものが多いけれど。子どもの学習への発露を重視している。だから全くやる気になるまで待つといっても待つばかりではない。静かに背中を押しているのだ。

18:04 | 投票する | 投票数(10)
12345

学校所在地

青葉台初等・中等学部
〒315-0056
 かすみがうら市上稲吉字中山1518
TEL 029-830-2311
FAX 029-833-2811
Email syotobu@aobadai.ac.jp
 

幼稚園所在地

認定子ども園:あおば台幼稚園
〒300-0837
 土浦市右籾字宮塚2755
TEL 029-842-6311
FAX 029-843-2552
 
あおば台第二幼稚園
〒305-0023
 つくば市上の室字前坪305-3
TEL 029-857-8515
FAX 029-857-5081
 

おすすめリンク

初等学部建設委員長のブログ
青葉台教育の応援団長!
色々な切り口で迫ります!
↓ 下をクリック!
 

お知らせ

 携帯電話で画像が見られない方へ
“HTMLで表示する”を選択すると画像が見られるようになります。
(見られる画像の枚数は機種の容量で違います。)