ブログ

陸平貝塚・文化財センターの皆様ありがとうございました

6・7年生のファミリア活動で、

「縄文土器つくり体験」「縄文食つくり体験」をしました。

「縄文土器を、自分でつくってみたい!」と思い、

学校では、粘土質の土を探したり、土器の作り方を調べたりしていました。

中庭や土山などから採取した土を見て、「これって本当に粘土になるかな?」

と疑問に思ったり、「土器つくりの基本は初めに教わりたい。」と思うようになり、

一生懸命に校外学習の計画をたてて実現したものが、今日の体験でした。

 

縄文食つくりの体験では、どんぐりクッキーと縄文スープをつくりました。

学校でどんくりクッキーを試作した時を思い出し、材料やつくりかたの比較をしたり、

縄文時代に使用していた道具をつかって調理することで、”大変さ”を体感することもできたようです。

縄文時代に使われていた食材を学び、

これまでに調べていた食材や想像していた食材と異なるものもあり、驚きと発見がありました。

4・5年生の「ヤクルト工場見学」については、後日・・・☆