ブログ

すいせんします!(ミドル)

学校では様々な役割を子どもたちに任せていますが、

ほとんどの場合、これは立候補で決まります。自己肯定感が高いんだなぁ。

「やってくれる人!」とか「ボランティア!」っていうだけで、

たくさんの手が上がる。素晴らしいですね。

 

しかし、学年があがるにつれて立候補の手が少なくなっていくのも事実。

大人になればなおさらです。

そこで、5年生では「すいせんします!」という活動をしています。

役割に求められている力はなんなのか?

推薦したい人はどんな力があるのか?(印象ではなく事実を述べる)

ことで、より説得力のある推薦ができます。

 

他者にスポットライトを当て、良い所をみつけて、他者を輝かせることができる人は、

必ず本人も輝ける存在になれます