入園に関するQ&Aは → <<こちらから>>

入園までの流れ

平成31年度 入園までの流れ

※見学会などの募集活動は、私立幼稚園協会の取り決めで9月1日から行うことになっています! 

※4月~8月までは、 未就園児教室などの子育て支援事業などで幼稚園の雰囲気や保育者の様子を垣間見ることができます。また、あおば台の子育て観も知ることができます。

 

9月に幼稚園説明会・体験入園があります。
 
※教育方針や幼児期に大切にしたい育ちなどをお話します。
保育説明会の時間中は、お子様は幼稚園の保育者と一緒に遊びます。


10月1日(月)願書受け付け

面接考査→入園手続き、10月中

12月ワクワク教室、入園までの事務的手続き 他

 入園児募集要項

あおば台第二幼稚園
平成31年度 入園児募集要項

◆ 募集予定人数

【3歳児】(3年保育)平成27年4月2日~ 平成28年4月1日生  80名
【4歳児】若干名 お問い合わせください。

◆願書の受付日

10月1日(月)午前7時より定員になり次第終了
*入園願書に必要事項をご記入のうえ、入園手数料【5,000円 】を添えてお申し込み下さい。定員になり次第締め切ります。

*兄弟姉妹に在園児・卒園児のいる方、幼小一貫教育(青葉台初等中等学部への進学)を希望する方は9月28日(金)午前9時~10時までの間に受け付けます。

*ワクワクくらぶ(未就園児教室)の方の優先受付について→
28日10時から受け付けますが人数が多い場合は10時15分から抽選となります。10時までにお越しください。         
詳しくは入園説明会でお伝えいたします。  

◆ 面接考査 10月6日(土)

*親子面接は、入園後の園生活がスムースに行くように、お子様を理解する手掛かりとして行います。
*幼稚園での生活に援助や配慮が必要な場合、又、集団生活が難しいと予測される心身の状況等は、あらかじめ、入園願書の備考欄にお書き下さい。
入園後、援助の必要があると園で判断した場合は、専門機関で受診し、専門家の意見を聞き保育したり、特別支援の援助を受けますので予めご了承ください。また、担任以外の補助が必要な場合は、入園をお受けできないことがあります。
*食物アレルギーについては願書に記入して下さい。園での配慮が難しい場合は入園をお受けできないことがあります。

 

◆ 入園手続き 10月11日(木) 9:00~11:00

入園受け入れ準備金【20,000円】を納入。納入後の返金はありません。

 

◆ 9月の見学会・入園説明会について

①保育見学(予約制)

◆保育中の子ども達の様子をご覧いただきます。
在園の子どもの生活も大事にしたいので、1回の見学を6名までとしています。時間は30分程度です。
お子様や下の子連れでも見学できます。

 9/6(木),9/7(金),9/12(水),9/13(木),9/14(金),9/18(火),9/19(水),9/20(木)

どの日程も10:20~と13:15~の回があります。

②入園説明会&体験入園(予約制)

保護者の方には保育方針や園生活についての説明があります。その間、お子様は保育者が見ていますので、お気軽にご来園下さい。(下の子は保護者と共に過ごして下さい)

 9/8(土) 11:00~12:00  
 9/10(月) 15:00~16:00

*保育見学会及び入園説明会にご来園の際は、大人用スリッパ、 お子様の上履きをご持参下さい。

↓保育見学及び入園説明会の予約は9月3日(月)からHPで受付け中です↓

※↓下記よりお申込みできます。ご都合の良い日程、時間を選んでクリックすると申し込みフォームのページへ移動します。

〇入園説明会・体験入園 

8日(土)11:00~12:00  / 10日(月)15:00~16:00

〇見学会

9/6(木)9/7(金)9/12(水)9/13(木)9/14(金)9/18(火)9/19(水)9/20(木)

 

◆ 送迎バス運行地域

<全域>並木、竹園、千現、二の宮、吾妻、梅園、東、稲荷前、 東新井
<一部運行している地域>上ノ室、花室、花園、松代、小野崎、 天久保、倉掛、小野川、研究学園、春日

【研究学園、春日】バスの定員以上の申し込みがあった際には、バスに乗れないこともあります。その場合は
保護者の送迎になりますのでご了承ください。

 

<駐車場のご案内> ※あおば台第二幼稚園までの略図(P掲載) は入園願書の裏面をご覧ください。

 

 

◆ 学校5日制

*月は午前保育・・・子どもの生活リズムから、 半日保育は月曜日を採用しております。
*火・水はお弁当持参  木・金は園内給食

<毎月の納入金について> 年間の費用を12等分して徴収するため、8月も含みます

1. 基本負担額 居住する市町村の定める金額→ 園経由で市町村に認定届けを提出し決定(後日)

2. 【特定負担額】
〇施設整備費【施設維持費及び冷暖房費】 毎月額 3,500円
〇教育充実費【質の高い教育を行うための充実費】 毎月額 2,000円

3. 【実費徴収】
〇園バス利用料 毎月額   4,000円
〇給食費 毎月額   2,800円

4. 【父母の会費】 毎月額 500円

※その他、制定品代、保育用品代(昨年度26,000円位)が2月にかかります。
これ以外の入園後の徴収は遠足代などの行事費、進級時保育用品代などですが、その都度お知らせします。

 

◆ 保育料(基本負担額)

 

     つくば市保育料一覧 
階層区分                国基準      つくば市            保育料(基本負担額)に下記の費用が合算されます
市税非課税世帯      3,000円       3,000円         
市民税所得割合計
77,100円以下         16,100 円    13,000円                            【特定負担額 】施設整備費 3,500円
                                                                                                                教育充実費 2,000円
 211,200円以下       20,500円     16,000円                           【実費徴収】  給食費        2,800円
211,201円以上        25,700円      20,000円                                                    園バス利用料 4,000円
                                                                                       【父母の会費】        500円   

 

※平成31年10月までは、募集要項の通り。
10月以降、保育料 無償化  (国から方針が出ましたが確定ではありません)

保育料=①基本負担金 + ②特定負担金 + ③実費  ④父母の会費  
①→無料   
② 施設整備費(3500円)  +  教育充実費(2000円) =5500円
③ バス代(4000円)     +  給食代(2800円)    =6800円
④ 500円                               500円      合計12800円

 

◆ 長時間保育(預かり保育) 

 園長の方針

子ども子育て支援が平成27年度から導入され、当園もこの新制度に変わり3年目になりました。
2年を経過し思いますのは、この制度は幼稚園の保育所化を念頭に置いたものだということです。
長時間の預かりを新制度で実現したいという政府の思惑が見えてきました。
預かり保育は必要なことだと思いますが、家庭内で子育てをする母親から子どもを無理矢理引き離すような政策には断固反対です。
ヴォールビーの三歳児神話をもじって抵抗するわけではないのですが、幼稚園で幼児教育に浸っている子どもたちと預かり保育で居残る子どもたちの精神的バランスが顕著に表れてくることは見逃せないでしょう。
この制度によって子どもたちはくたくたになっていることもはっきりと申し上げなければなりません。


あおば台の教育と預かり保育

文科省の指導のもと、幼稚園教育では一日保育の教育時間は4時間とされてきたため、あおば台では一日の主な生活を4時間と定め、全員が揃う10時~14時の4時間に、中心となる活動を据え、それを支える領域別活動が入りその他、主体性を育む自由遊びや、気持ちを明日につなぐ帰りの会を入れて構成してきました。(バスや送りで登園した後から10時までと14時からは預かり保育になります)
 この4時間で、子ども達はかなりのエネルギーを使います。
本来であれば、その後の預かり保育は子どもの気持ちのおもむくままにゆったりと過ごし、保護者のお迎えを待つのが良いのではないかと感じることもありました。
発達としては、年長を例にとっても、4時間の教育時間をしっかりと過ごせば、その後に甘えも出てきて当然ではないかと思います
平成31年度の預かり保育 
①預かり保育で保育活動は行わず、ゆったり過ごせるような雰囲気を作る
②H30年4月~無償化まで
8時~ 9時    200円 (9時~10時  無料)
14時~15時    200円
15時~16時    300円(おやつあり)     
16時~17時    200円
17時~18時    300円
③無償化後については、国から具体的に示されてから検討。
 お願い  

☆特別な援助が必要な場合はご利用になれません。☆おやつのアレルギー対応は行って

おりません。 ★連絡なしにお迎えに遅れると、預かり保育を申し込めなくなることがあります。
★申込み時間を越えてのお迎えは次の時間帯の料金になります。★預かりの最後の時間を
越えるご利用はできません。時間を守ってご利用いただきますようにお願い致します。


無償化後について国から具体的に示されたら、預かり保育について、職員で検討を重ねてまいりますが、保育者の基本的考え方は次のものです。

①無償化によって長時間多くの子どもたちが幼稚園にいることも予想されます。そうなるとあおば台が長年行ってきた質の良い保育の根幹がゆらぐことが懸念されます。
今までの、子ども主体の保育をしたい!その準備にも時間が欲しいし預かりの子ども達も大切に考えたい・・そこのジレンマがあります。そこで、14以降の預かりの体制を見直し、教育時間4時間を過ごした子どもに合わせ内容の吟味は早急に行いたいと思っています。
②働き手不足はどこでも深刻ですが、特に保育界では幼稚園は保育園より深刻なため、預かり希望者が多人数ですと、それに合わせて保育者を従事させることができないという現実があります。

同窓会のお知らせの返信に「卒園してからずっとこの日を待ちわびていました」などと頂き、教育者として最高の褒め言葉として有り難く感じておりました。当園の先生たちは、私と同じ気持ちを、日々の子どもとの生活で感じたり卒園後の子ども達によって感じているのだと思います。
質の良い保育の提供が子ども達への最大の責任と考えておりますがその実現は、子どもと一緒に過ごす保育者の熱意に支えられています。
1日4時間を精一杯子どもに寄り添っている保育者が、翌日の準備や検討などの時間を確保できるような事も大切に考えたいと思っています。

  来年度入園の方に向けて不十分な説明になっておりますこと、深くお詫び申し上げます。
  あおば台は子どもの幸せを何より一番に考えていることをご理解いただけましたら幸いです。