ブログ

あおば台第二幼稚園ブログ

表現遊び・劇遊び

3学期に入ってから、年中さんで絵本のストーリーに沿って動物になりきり表現遊びを楽しんでいます。

絵本を読むと、「今日はこれで遊ぼうよ!」「みんなでやってみよう!」という声が聞こえてきたり、「うさぎやりたい!」「くまがいい!」と、好きな動物になったり盛り上がっている様子が見られています!

動物になりきると、「くじらはザブーン!だよ!」「タヌキはポンポコポン!じゃない?」と表現を考え、友達との会話のやり取りを楽しんでいた子どもたちです。

今日は、年中さんみんなで集まり劇遊びの導入を行いました。年少さんの頃の劇を覚ているか聞いてみると「年少さんの時は○○の劇やったよ!」と思い出し、その後”年中さんでも劇をやってみよう!”と伝えると「やる!」「やりたい!」とワクワクしている姿が見られました!

 これからどの劇を行うか、何の役を行うか、みんなで話し合って決めていく予定です!自分の役になりきることや友達とのセリフの掛け合いを楽しんでいきたいと思います。

お弁当の絵

火曜日のお弁当の時間に「今度お弁当の絵を描いてみよう!」と話してみると、「早く描きたい!」「おにぎり描いていい?」と描くことを楽しみにしていた子ども達です。

 フタつきのお弁当の形に切った画用紙を用意すると、下半分に好きなおかずを描きました。おにぎりやトマト、卵焼きなど色や形をイメージしながら描いている姿がありました。なかには、実際のお弁当箱そっくりに描く子や、みかんやいちごなどデザートをたくさん描いている子もいて微笑ましかったです!

 また、フタのところに好きな絵や模様を描いていいことを伝えると、自分のお弁当に描かれているキャラクターや、ハートや電車などを描いていました。大好きなお弁当だからか、どの子もニコニコ嬉しそうでした。

 出来上がったお弁当は食べる真似をしたり、ピクニックごっこをして楽しみました!

 

いい音

 朝方は日が差していたのですが、すぐに曇ってしまいましたね

 先週から園庭で

 

“かーん!かーん!”

 

といい音が響いています

 

 画像は小さくて見づらいのですが、羽根つきです

 順番に年長も年中も年少も混ざって楽しんでいます

 初めは空振りが続いていた子も、ちょっとずつコツをつかんできた様子です

 

 「3回続いた!」

 「4回できた!」

 

と、教えてくれています

 今の所、最高記録は5ラリー

 もし、お家に羽根つきがあったら、挑戦してみてください

 

 さて、室内ではアクセサリー作りも楽しんでいます

 年長さんだけですが、針と糸で数珠を繋いでいます

 

 自分のアクセサリーにしたり、お母さんのお土産と言って作ったり

 

 最近は道端になかなか数珠も見なくなりました

 見つけたら、そっと実を持ち帰って手作りアクセサリーを楽しんでみてください

お正月遊び

冬休み、お家で福笑いやコマ、カルタなどお正月遊びを楽しんだ子もいたようですが、始業日以降幼稚園でも行っています。

保育者手作りの福笑いやカルタ、牛乳パックを使って自分たちで作ったコマ、ビニール袋の凧などそれぞれお正月遊びを楽しんでいます。

目隠しをして見えない状態で鼻や目などのパーツを顔に置き、予想とは違った顔…面白い顔になっているのにみんな大笑い!友達が行っている様子を見るのも面白くて、笑いながら見ている子どもたちの姿を見て保育者もついつい笑ってしまいます。

カルタでは絵合わせ(神経衰弱)ゲームを行っています。2枚めくって同じ絵柄であれば自分のものとなり、友達がめくる様子もよく見て記憶しようとする姿は真剣!記憶力が良くて驚かされてしまいます。

ビニール袋にスズランテープをつけて、凧の出来上がり!外へ持って駆けると風になびいて凧が泳いでいる様子に子どもたちも大喜び!凧が揚がるのを見ながら園庭中たくさん走っていました。

この時期ならではの遊び。日本の伝統遊びを楽しみながら経験していってほしいです。

サバイバル!!

今日は年長さんで青葉台初等・中等学部に行き、”サバイバル”を行いました。

これまで、運動会、筑波山登山、遊園地作りなど、様々な活動を通してたくさんの力をつけてきた子ども達。園長先生から始業式の日にサバイバルの提案をしてもらうと、「どれくらい走るの?」「出来るかなー?」とドキドキしてる子の姿もありました。自分の力を試してこよう!最後まで自分の力で走りきろう!と伝えていくと、「出来るよ!」「頑張る!!」「あきらめない!」と力強い声が聞かれ、これまでの経験の中から、初めての事にも挑戦してみる!という心が育ってきていることを感じました。

初等学部に隣接された広い野球場に行き、8周(約3キロ)を走りました!あおば台幼稚園のお友達も一緒に”よし!!”と気合いを入れてスタートです!

真剣な表情でひたすら走りつづける子、「疲れたー」と言いながらも止まらずに歩きつづける子、「あと〇周!!」と数えゴールを目指す子様々な姿がありましたがどの子も顔を真っ赤にしながら最後まで走り続ける姿がとても印象的でした!自分が走り終わっても最後まで頑張っている子を応援してくれたり、声を掛けながら一緒に走ってくれていたりとする姿を見て温かい気持ちになりました。

長い距離を走り切った子どもたちの表情は達成感でいっぱいの様子でした!!

走った後にはクラスのグループのお友達、小学生と一緒にうどんを食べました!たくさん走ってお腹が空いた分おいしさも格別だったようで、「おいしい!!」「あったまる~!」「おかわりしてくる!」と大満足の様子でした。

ごはんの後には、小学校の広い校庭でお兄さんお姉さんと一緒にサッカーをしたり、遊具で遊んだりと思い思いに好きな遊びを楽しんでいました!!

 

自分達の力を信じて走り切った子ども達。帰ってきたときの表情は”やり切った!”という気持ちでいっぱいの様子でした!!

 

3学期が始まりました。

今日は3学期始業日。

「おはよう!」園舎に久しぶりに元気な子どもたちの声が響き渡りました。

新年初めての登園ということもあり、「明けましておめでとうございます」「今年もよろしくお願いします」と挨拶してくれる子も多かったです。

「お餅食べたよ」「じーじからお年玉もらった」「サンタさんから〇〇もらった」とイベント盛り沢山だった冬休みの楽しい話をしてくれる子、終業日に配ったお手伝い表を見せながら「靴並べ頑張った」「お皿運びお手伝いしたよ」と誇らしげに話してくれる子もいました。

 

お正月遊びとして、牛乳パックを使ってコマも作り遊びました。手作りコマがくるくる回る様子を見て、おもしろかったのか何度も回して遊ぶ姿もありました。お正月遊びを明日以降たくさん楽しんでいきたいと思います。

 

ホールでは始業式。園長先生から「元気だったか?」「3学期も元気いっぱい遊ぼうな」と冬休み前に話した約束事を確認しながら、3学期の楽しい活動についての話もあり、ワクワクした表情で聞く子どもたちでした。

明日からまた元気いっぱい幼稚園で遊べることを楽しみにしています。

 

冬休み特集 ⑥

 いよいよ明日は始業日です。

 “2学期を振り返っての思い出や感想”というテーマで保護者の方からアンケートを頂きました。

第6回目、最終日の今日は年長さんです。

 

 子どもの力を信じて待って、本当に良かったです。

 早生まれと穏やかな性格なので、なかなか他の子を同じようにできなかった我が子。すぐに泣いてしまい、“どうして?”と思うこともありましたが、先生方の言葉を信じて待ち、見守りに徹してきました。

 年長2学期には、運動会での挑戦がありました。案の定、初めは新しいことへ積極的になれない様子でしたが、先生方や友達に励まされ「できなくても、あきらめない」と本人の口から信じられないような言葉が出てきました。

 息子を知っている周りの方からも、「○○君、変わったね」「キラキラしてるね」「勇気もらった」「感動した」と言われました。温かく見守り、時に背中をそっと押してくださる先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

 心配している他の保護者の方にも「あおば台幼稚園の先生ならおまかせして大丈夫」と心から自信を持ってお伝えしたいです。ありがとうございます。

  

冬休み特集 ⑤

 新年、明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします!

 “2学期を振り返っての思い出や感想”というテーマで保護者の方からアンケートを頂きました。

第5回目、今年最初のブログは年中さんです。

 

 運動会に向けての練習の中で鉄棒ができ、バスを降りるなり、「今日ね、ボクね、グルンと回ったんだよ」と大興奮で帰ってきて、その時のキラキラとしたうれしそうな表情が今でも忘れられません。

 いつもどこか自信のない子だったのですが、この事をきっかけに「やればできる!」という事を身をもって学ぶことができ、自信をつけることができたようです。

 また、お店屋さんごっこをしていく中で、家に帰ってくると毎日のように何をしたとか、作ったとか嬉しそうに話してくれて、お友達といろいろと話し合って1つのものを作り上げていく中で、コミュニケーションをとることの楽しさということも知り、とても生き生きと日々の幼稚園生活を楽しんでいる姿も見ることができ、息子の成長の変化をとても感じることができた2学期でした。

 

 11ぴきのねこシリーズのお話は、とても大好きで、クリスマス会の先生たちの劇で先生たちがねこをしていたのがとてもかわいかったようで、息子は家に帰ってきて、ずっと劇についておもしろかったと話していました。こんなに劇について熱く語る息子をいまだかつて見た事がなかったので、本当に楽しかったんだなと嬉しく思いました。

 先生方、本当にすてきなクリスマスプレゼントをありがとうございました。

  

冬休み特集 ④

 今年最後の更新となりました。皆さん、よいお年をお過ごしください。

 “2学期を振り返っての思い出や感想”というテーマで保護者の方からアンケートを頂きました。

第4回目、今年最後の今日は年少さんです。

 

 1学期は毎日泣いていて、幼稚園生活に慣れるので精一杯。降園時は疲れた顔をしていた姿と比べると、2学期は本当に毎日楽しかった!と言って帰ってくるようになりました。子ども自身が幼稚園生活をやらされている、行かされているのではなく、製作物1つでも、自分で考えて工夫して作ったんだなと感じました。

 好きな遊びを満足に出来ているようで、「今日はブランコで遊んだ」、「鉄棒した」、「どんぐり拾った」、「色水作った」…などと楽しかった出来事を色々を話してくれて、生き生きとした表情で毎日お土産を嬉しそうに持って帰ってきていました。

 どんぐり1つでもビニール袋に入れて持ち帰らせてくれる事に、先生の子どもに対しての丁寧な気配りを感じています。

 工作も大好きで、幼稚園で作ったものをヒントに、家でも真剣に取り組むようになりました。

 先生の名前もやっと全員覚えたようで、幼稚園が“ママがいない、よく分からない不安な場所”から“楽しく大好きな場所”になった2学期だったと思います。

  

冬休み特集 ③

 “2学期を振り返っての思い出や感想”というテーマで保護者の方からアンケートを頂きました。

第3回目の今日は年長さんです。

 

 2学期は運動会や登山など楽しい行事がたくさんでとても充実した園生活でした。運動会の前は、毎日のようにとび箱やリレーなどの練習で勝って嬉しかったり、負けて泣いてしまった思いを教えてくれたり、自分の目標に向かってもっと頑張るんだという様子をみていて、内面的にもまた大きく成長できたように感じています。

 筑波山が見えると、「私、あそこの上まで登ったんだよ!」と嬉しそうに教えてくれます。とても疲れたけれど、みんなで頑張って登りきった事が自信になっているようです。

 これらの様々な経験や日々の活動が娘にとっても家族にとっても大切な思い出となっています。