ブログ

カテゴリ:年少

みんなで探検に行ったよ!!

年少さんでクラス毎に幼稚園の園庭に探検に行きました!

トイレットペーパーの芯を2つつなげてそれぞれ好きなシールを思い思いに貼り双眼鏡を作ると、早速「〇〇先生発見!!」「みーつけた!!」と楽しんでいた子ども達。デッキから園庭を見て、「こいのぼり発見!」「滑り台あった!!」と双眼鏡を通していろんなものを見つけることがとっても楽しい様子でした!

 

園庭にみんなで探検に行くと、お山に登り園庭にいる先生に「ヤッホー!!!」と声を掛けたり、さくらんぼのつぼみに目を向け、「さくらんぼみどり?」「赤くなったら食べられる?」「さくらんぼ好き!!」とさくらんぼが食べられることも知り楽しみにしている子の姿もありました!

ヤギのサクラちゃんにドキドキしながらもエサをあげてみたり、滑り台を滑ったりとても楽しそうな子ども達でした!!

これからたくさんお外で遊ぼうね!!

好きな遊び

早いものでドキドキとワクワクで胸がいっぱいだった入園式から、もう少しで一週間が経ちますね。子ども達はリュックと帽子をロッカーに掛けると、思い切り好きな遊びを楽しんでいます!

 お部屋の中では、粘土やブロック、お絵描きや折り紙のチューリップ作り、おままごとなどを楽しんでいます。

園庭では、ブランコに乗ったり、砂場でお山を作ったりして遊んでいます。また、ヤギのサクラちゃんのところにエサやりにいくと、「食べてくれた!」と目を輝かせていました!

子ども達が幼稚園を楽しいと感じられるよう、様々な遊びを楽しんでいきたいと思います。

 

春休み特集 ⑨

3学期を振り返って、1年間を振り返ってというテーマで保護者の方にアンケートをお願いしました。

今日は年少の保護者の方です。

 

入園前は慎重派、小心者で1度怖い思いをすると再度チャレンジをしない性格だった息子が、この1年間で大きく成長しました。

1人では諦めていたことも、園でお友達と一緒にチャレンジしてできるようになったことがたくさんありました。「みてみてー!できるんだよ」と、見せてくれた時は、子どもと共に嬉しさを共有することができました。

先生方が、子ども1人ひとりを見つめ、愛情を注いでくださっているおかげで、子どもも安心して毎日を過ごし、成功体験を積み重ね、自信を持つことができたのだと感じます。

ペアの年長さんは、遊んでくれて、甘えさせてくれて、本当のお兄ちゃんのように慕っていました。

仲良しのお友達もでき、大好きな先生方に囲まれ、あおば台第二幼稚園での1年間は息子にとって宝物であり、笑顔いっぱい幸せなものでした。

本当にありがとうございました。

 

春休み特集 ⑥

3学期を振り返って、1年間を振り返ってというテーマで保護者の方にアンケートをお願いしました。

今年度最初の今日は年少の保護者の方です。

 

3学期になっての参観で劇を見させていただきました。驚いたのは、1人も嫌がっていたり、渋ったりする子がいなかったことです。

きっと、見えない練習の期間で、先生方が温かな言葉をかけてくださったのだろうなと感じました。

子ども同士の世界は正直な分、大人が聞いていて心配になるようなやり取りもあったりすると思うのですが、劇の様子から、言いたいことを言い合える、その中で自分を表現することに自信を持てる子どもの姿を見ることができました。

次の学年に向けての活動を通して、より多くの友だちの存在や1つ上の学年になる自分に目を向けている様子が伝わってきます。

何よりも、今の自分を楽しめる心を育んでくださった先生方に、大変感謝しております。いつも子どものよいところや小さな変化を見つめてくださった担任の先生。本当にありがとうございました。

 

春休み特集 ③

3学期を振り返って、1年間を振り返ってというテーマで保護者の方にアンケートをお願いしました。

今日は年少の保護者の方です。

 

3学期は今までに増して、幼稚園へ行くのが楽しみになったようで、朝も少しでも早く登園したくて、早くから「ママ行くよ!」と玄関で待っていることが多くなりました。

足取りも軽やかに、バス停までスキップする姿を見て、本当に楽しみにしている気持ちが伝わってきて、こちらまで嬉しくなりました。

大好きな先生やお友達と遊べるのが楽しくて仕方がない様子の3学期でした。

劇や歌や踊りも大好きで、参観日の前日には「絶対見逃がさないでね!」と張り切っていました。

いつもお世話をしてくれた年長さんが卒園してしまうのは寂しいようですが、次は自分が年中になって、年少さんのお世話のお手伝いをすると張り切っている姿を見て頼もしく思っています。

先生方にはいつもじっくり見守って下さり、いろいろな発見をさせて下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。

楽しい1年間をありがとうございました。

 

大掃除をしたよ

 先週の金曜日に、今まで使ってきたお道具箱やロッカー、おままごとコーナー、椅子をきれいにしようと提案しました。また、4月にみんなが年中さんになったら、新しい年少さんのお友達がやってきてここのお部屋を使うことを話すと、「きれいにしたい!」「お世話してあげる!」とワクワクした表情の子ども達でした!

 今朝、登園すると用意されたバケツと雑巾を見てすぐに「やりたい!」と話す子も多く、大張り切りでした!隅々まで丁寧に行う様子に成長を感じました。自分達で掃除をしてピカピカになったお部屋に子ども達も嬉しそうでした!

 明日はクラスでお別れパーティーを行います。クラスで過ごす残り少ない時間を思い切り楽しんでいきたいです!

 

春のお天気☀

今日は暖かな春の陽気でしたね!園庭のさくらんぼのつぼみもだいぶ膨らんできました。

「あそこ白い花咲いてる!」「お花が咲いたらさくらんぼできるんだよー!」

季節はもう春ですね!

 

年長さんありがとうお別れパーティーで初めて行った〇✕ゲームが、今年少さんでは大ブーム!

集まりでは「〇✕ゲームやりたい!」と子ども達から声があがるほどです。

今日は2人組を作り、答えは2人で相談して〇か✕に移動してもらうことにしました。

「ひろみ先生の車の色は白である!」等の問題に、

「白だよ!絶対白!」「✕だよー!」

と、〇と✕側に分かれて話しているペアもいましたが、最後には2人で答えを合わせていました!

一緒に行うお友達を意識したり、相談したり。こんなことが出来るようになったのだなぁと成長を感じます!

答えがあっていた時は飛び跳ねて大喜び!

年少さんでの生活も残りわずかです。楽しい時間をたくさん過ごしていきたいです!

他クラスとの交流

もうすぐ年中さんになる子どもたち。年長さんが卒園することを感じつつ、「さくら組になりたい」「緑色のバッチをつけたい」など自分たちも進級することを楽しみにする様子が見られてきました。

年中さんクラスは3つ。クラス替えもあり、新しい友達に出会えるのも楽しみの一つですが、少しドキドキしている子もいるかもしれません。そこで、他クラスの友達との関わりも楽しめるよう、今週から交流の時間を設けています。

他クラスの友達と二人組を作り、まずは自己紹介。「お名前なんですか?」と積極的に聞こうとする子もいれば恥ずかしがってしまう子も…。保育者が間に入りお手伝いしていきました。外では二人組で一緒に、かけっこや引っ越しゲームをしたり、別日ではスキンシップ遊びや〇✕ゲームを行いました。

二人で向かい合って握手をしたり、こちょこちょくすぐりあったり、足のトンネルを作って交代でくぐったり…初めて一緒に遊んだのにも関わらず、スキンシップ遊びをすればすぐに笑顔に!

ぐっと距離が縮まり、抱き合ったり「今度〇〇で一緒に遊ぼう」と遊ぶ約束をしたりする子たちもいてビックリ!子どもたちのすぐに相手を受け入れられる素敵な心に感動しました。

また、二人組で一緒に移動する〇✕ゲームは大盛り上がり!クラスの担任の先生や幼稚園にまつわるクイズに「これは絶対✕だよ」「こっちこっち!」と二人で相談しながら急いで移動しようとする姿に思わず笑ってしまいました。

「また一緒に遊ぼうね」「新しい友達できた!」と新しい友達と一緒に遊ぶのを楽しめた子どもたち。年中さんになった時に新しい友達との関わりを広げるきっかけになればいいなと思います。

春を見つけに散歩へ

先日園外保育で田んぼのあぜ道へ散歩に行きました。

リュックの中にお弁当、水筒、ピクニックシートを持って出発!

「散歩楽しみー!」「何か見つかるかなー?」と、久しぶりの散歩にみんな大興奮!

橋を渡って田んぼのあぜ道へ入っていくと「幼稚園見えなくなってきた」「だんだん遠くなってきたね」と幼稚園が見えなくなってきた様子に気付き、空を飛ぶ飛行機や家、鳥の声、川の音に目や耳を向けていきました。鳥の鳴き声に「こんにちはって言ってるんじゃない」と想像したり、クラスで歌っている”♪ことりのうた”、”♪かわいいかくれんぼ”を歩きながら歌ったり、前回の散歩の時に比べ足腰も強くなったように感じました。

途中でホトケノザがたくさん生えている所を発見!「ママのお土産にする」「花束にしたい」とみんなで摘みお土産にしました。

今回はお弁当をあぜ道の途中で食べて来る予定でしたが、天気は曇りで気温が低かったので予定を変更し、そのまま幼稚園へ戻りました。

その代わりに…特別に年少さんみんなでホールにピクニックシートを広げ、お弁当を食べました。

「〇〇のシート持ってきた」「おにぎり持ってきた!」「ぼくはサンドイッチ!」持ち物やお弁当を友達同士で見せ合ったり、おしゃべりをしたり、クラスで食べる雰囲気とはまた一味違った楽しさを感じながらお昼ご飯を食べました。

今回で年少さんで行く散歩は最後ですが、また年中さんになった時に園外保育を楽しめたらと思います。

今日は年少保育参観でした!

「ママに観てもらいたい!」「劇とか歌をお家の人に観てほしい」と待ちに待った保育参観!年中長さんたちがホールのステージで劇などやっていたのを見ていて憧れもあったのか、年少さんたちも自分たちの発表会を楽しみにしていました。

始まる前、屏風の後ろで自分たちの出番を待つ子どもたち…ドキドキワクワク…「まだかな」とソワソワ…。嬉しくてたまらなく気持ちが高まっている様子も感じられました。

 

初めに歌。ピアノに合わせておじぎをし、“おもちゃのマーチ”や“かわいいかくれんぼ”、“やぎさんゆうびん”“ゆき”などの曲から各クラス2曲ずつ歌いました。観客席にいるお母さんたちを真っ直ぐ見つめながら大きな口を開けて歌う姿が印象的でした。

 

次に劇。自分で選んだ役のお面をつけてグループ毎の発表。出番を待つ舞台袖の中の子どもたちの様子は様々!同じ役の友達とぎゅっと手を握り合う子、ニコニコしている子、たくさんのお客さんを意識してドキドキしている子…中には「よし、がんばるぞー」と意気込み、やる気スイッチが入る子の姿も見られ、面白かったです。

友達とステージに出て、動物の真似を一緒にやったり、セリフを言ったり。それぞれの子どもたちの嬉しそうな表情から一緒に行う楽しさを味わっている様子が伝わりました。

劇の後はクラスで楽しんでいる踊りも観てもらいました。観客席からの手拍子にノリノリで踊る子どもたち。観てもらって嬉しい気持ちが伝わってきました。

そして最後に、お家の人からの歌“さんぽ”のプレゼント!お家の人たちの優しい歌声に耳を傾ける子どもたち。素敵な歌のプレゼントに「上手だった」「きれいな声だった」「(歌を聞いて)楽しかった」と感想を伝えてくれた子どもたち。お家の人の温かい気持ちが歌を通して伝わったことと思います。

 

参観が終わって「楽しかったー!」「来てくれてうれしかった!と満足そうに話してくれた子どもたち。これまでクラスで友達と一緒に楽しんできたことを発表会として、観てもらえてちょっぴり緊張した子もいましたが、“うれしかった”“楽しかった”という気持ちが子どもたちの心の栄養になることと思います。