ブログ

カテゴリ:年少

今日は年少保育参観でした!

「ママに観てもらいたい!」「劇とか歌をお家の人に観てほしい」と待ちに待った保育参観!年中長さんたちがホールのステージで劇などやっていたのを見ていて憧れもあったのか、年少さんたちも自分たちの発表会を楽しみにしていました。

始まる前、屏風の後ろで自分たちの出番を待つ子どもたち…ドキドキワクワク…「まだかな」とソワソワ…。嬉しくてたまらなく気持ちが高まっている様子も感じられました。

 

初めに歌。ピアノに合わせておじぎをし、“おもちゃのマーチ”や“かわいいかくれんぼ”、“やぎさんゆうびん”“ゆき”などの曲から各クラス2曲ずつ歌いました。観客席にいるお母さんたちを真っ直ぐ見つめながら大きな口を開けて歌う姿が印象的でした。

 

次に劇。自分で選んだ役のお面をつけてグループ毎の発表。出番を待つ舞台袖の中の子どもたちの様子は様々!同じ役の友達とぎゅっと手を握り合う子、ニコニコしている子、たくさんのお客さんを意識してドキドキしている子…中には「よし、がんばるぞー」と意気込み、やる気スイッチが入る子の姿も見られ、面白かったです。

友達とステージに出て、動物の真似を一緒にやったり、セリフを言ったり。それぞれの子どもたちの嬉しそうな表情から一緒に行う楽しさを味わっている様子が伝わりました。

劇の後はクラスで楽しんでいる踊りも観てもらいました。観客席からの手拍子にノリノリで踊る子どもたち。観てもらって嬉しい気持ちが伝わってきました。

そして最後に、お家の人からの歌“さんぽ”のプレゼント!お家の人たちの優しい歌声に耳を傾ける子どもたち。素敵な歌のプレゼントに「上手だった」「きれいな声だった」「(歌を聞いて)楽しかった」と感想を伝えてくれた子どもたち。お家の人の温かい気持ちが歌を通して伝わったことと思います。

 

参観が終わって「楽しかったー!」「来てくれてうれしかった!と満足そうに話してくれた子どもたち。これまでクラスで友達と一緒に楽しんできたことを発表会として、観てもらえてちょっぴり緊張した子もいましたが、“うれしかった”“楽しかった”という気持ちが子どもたちの心の栄養になることと思います。

 

劇遊び

 月曜日、年少さんに劇遊びの提案をすると、「やりたい!」「年長さんみたい!」とワクワクした様子の子ども達でした。どんな劇をやりたいか聞いてみると、「うさぎさんやりたい!」「3びきのこぶたはー?」と今まで表現遊びを楽しんできたからか、たくさん意見が出てきました。そして、各クラス劇が決まると劇に必要な大道具とお面作りを行いました。

 大道具作りでは、集まりで何を作るか何色にするか話し合いました。みんな楽しそうに絵の具で色を塗っていました。

 お面作りでは、色画用紙に動物の輪郭を描いたものを用意しました。そこに子ども達にクレヨンで目や口を描き、はさみで切ってもらいました。牙やひげ、リボンなどがついたかわいい動物達ができあがりました!完成したお面をつけ、動物になりきって遊ぶ子の姿も見られました。

 引き続き、劇遊びを楽しんでいきたいと思います!

 

お弁当の絵

火曜日のお弁当の時間に「今度お弁当の絵を描いてみよう!」と話してみると、「早く描きたい!」「おにぎり描いていい?」と描くことを楽しみにしていた子ども達です。

 フタつきのお弁当の形に切った画用紙を用意すると、下半分に好きなおかずを描きました。おにぎりやトマト、卵焼きなど色や形をイメージしながら描いている姿がありました。なかには、実際のお弁当箱そっくりに描く子や、みかんやいちごなどデザートをたくさん描いている子もいて微笑ましかったです!

 また、フタのところに好きな絵や模様を描いていいことを伝えると、自分のお弁当に描かれているキャラクターや、ハートや電車などを描いていました。大好きなお弁当だからか、どの子もニコニコ嬉しそうでした。

 出来上がったお弁当は食べる真似をしたり、ピクニックごっこをして楽しみました!

 

お正月遊び

冬休み、お家で福笑いやコマ、カルタなどお正月遊びを楽しんだ子もいたようですが、始業日以降幼稚園でも行っています。

保育者手作りの福笑いやカルタ、牛乳パックを使って自分たちで作ったコマ、ビニール袋の凧などそれぞれお正月遊びを楽しんでいます。

目隠しをして見えない状態で鼻や目などのパーツを顔に置き、予想とは違った顔…面白い顔になっているのにみんな大笑い!友達が行っている様子を見るのも面白くて、笑いながら見ている子どもたちの姿を見て保育者もついつい笑ってしまいます。

カルタでは絵合わせ(神経衰弱)ゲームを行っています。2枚めくって同じ絵柄であれば自分のものとなり、友達がめくる様子もよく見て記憶しようとする姿は真剣!記憶力が良くて驚かされてしまいます。

ビニール袋にスズランテープをつけて、凧の出来上がり!外へ持って駆けると風になびいて凧が泳いでいる様子に子どもたちも大喜び!凧が揚がるのを見ながら園庭中たくさん走っていました。

この時期ならではの遊び。日本の伝統遊びを楽しみながら経験していってほしいです。

3学期が始まりました。

今日は3学期始業日。

「おはよう!」園舎に久しぶりに元気な子どもたちの声が響き渡りました。

新年初めての登園ということもあり、「明けましておめでとうございます」「今年もよろしくお願いします」と挨拶してくれる子も多かったです。

「お餅食べたよ」「じーじからお年玉もらった」「サンタさんから〇〇もらった」とイベント盛り沢山だった冬休みの楽しい話をしてくれる子、終業日に配ったお手伝い表を見せながら「靴並べ頑張った」「お皿運びお手伝いしたよ」と誇らしげに話してくれる子もいました。

 

お正月遊びとして、牛乳パックを使ってコマも作り遊びました。手作りコマがくるくる回る様子を見て、おもしろかったのか何度も回して遊ぶ姿もありました。お正月遊びを明日以降たくさん楽しんでいきたいと思います。

 

ホールでは始業式。園長先生から「元気だったか?」「3学期も元気いっぱい遊ぼうな」と冬休み前に話した約束事を確認しながら、3学期の楽しい活動についての話もあり、ワクワクした表情で聞く子どもたちでした。

明日からまた元気いっぱい幼稚園で遊べることを楽しみにしています。

 

冬休み特集 ④

 今年最後の更新となりました。皆さん、よいお年をお過ごしください。

 “2学期を振り返っての思い出や感想”というテーマで保護者の方からアンケートを頂きました。

第4回目、今年最後の今日は年少さんです。

 

 1学期は毎日泣いていて、幼稚園生活に慣れるので精一杯。降園時は疲れた顔をしていた姿と比べると、2学期は本当に毎日楽しかった!と言って帰ってくるようになりました。子ども自身が幼稚園生活をやらされている、行かされているのではなく、製作物1つでも、自分で考えて工夫して作ったんだなと感じました。

 好きな遊びを満足に出来ているようで、「今日はブランコで遊んだ」、「鉄棒した」、「どんぐり拾った」、「色水作った」…などと楽しかった出来事を色々を話してくれて、生き生きとした表情で毎日お土産を嬉しそうに持って帰ってきていました。

 どんぐり1つでもビニール袋に入れて持ち帰らせてくれる事に、先生の子どもに対しての丁寧な気配りを感じています。

 工作も大好きで、幼稚園で作ったものをヒントに、家でも真剣に取り組むようになりました。

 先生の名前もやっと全員覚えたようで、幼稚園が“ママがいない、よく分からない不安な場所”から“楽しく大好きな場所”になった2学期だったと思います。

  

冬休み特集 ①

メリークリスマス!皆さんのお家にはサンタさんは来たのでしょうか?

預かりに来た子ども達はプレゼントの話で盛り上がっていました。

“2学期を振り返っての思い出や感想”というテーマで保護者の方からアンケートを頂きました。

第1回目の今日は年少さんです。

 

 2学期前半は体調を崩してしまいあまり続けて登園できませんでしたが、後半になって体調が落ち着くと、園でものびのびと過ごすことができるようになりました。

 体調を崩した時は本人も辛かったようで、先生やお友達の体調も気にして、「今日は○○ちゃんいなかったよ」など教えてくれました。「かわいそうだね」や「早くよくなるといいね」と言っていて驚きました。少しずつですが、周りのことも見えるようになってきたのかな?と思います。

 本人の中で特に印象に残っていることは、ペアでの活動なのかなと感じました。とても優しいお姉さんとペアになってたくさんお世話をしてもらい、心を開いているようで嬉しく思っています。今でもさつまいもを食べる度に「○○ちゃん(ペアの名前)の作ったおいもが1番おいしかった」と言っています。

 幼稚園では、周りのみんなに色々“してもらう”ことが多いようですが、家に帰ると、弟に“してあげよう”とする様子が見られて、とても成長を感じています。

  

クラスでクリスマスパーティー!

冬休みまであと2日。昨日は部屋の大掃除をし、今日は各クラスでクリスマスパーティーをしました。

引っ越しゲームやかくれんぼ、椅子座りゲーム、2学期楽しんできたゲームや集団遊びを中心にクラスの皆で行いました。中には最近楽しんでいる楽器(鈴・カスタネット)を使ってコンサートごっこを楽しんだクラスもありました。

ルールがある遊びを友達と一緒に楽しめるようになった姿もあり少し成長が感じられました。

パーティーの大きなお楽しみ…それはおやつタイム!前日にみんなで何を食べたいか出し合って決めました。

グミやおせんべい、クラッカー、ゼリー、みかん、フルーツジュース等「おいしい!」と満面の笑顔で食べていた子どもたち。学期末で食べられるおやつは特別!おいしかったようです。

マジックやエプロンシアターなど担任の先生の出し物も見て、楽しい時間を過ごすことができました。

また3学期にクラスの友達や先生と元気いっぱい遊べることを楽しみにしています!

サンタさん来ないかなぁ

もうすぐクリスマス。サンタさんに「〇〇のプレゼントもらう!」「プレゼントは〇〇にするんだ」とクリスマスにプレゼントをもらうことを楽しみにしている子の姿も見られます。そこで、クリスマスに向けてプレゼントを入れてもらう袋を作ろうと提案しました。

半分に折った一枚の画用紙の両端にのりをつけ、貼り合わせると袋になり「できた!」「プレゼント入る!」と嬉しそう。袋の表面には折り紙でサンタさんの帽子を作って顔をつけて貼りました。目、鼻、口をクレヨンで描き更に「サンタさんってヒゲもじゃもじゃなんだよね」「寒い所からサンタさん来るんだよね~」と大好きなサンタさんをイメージしながら白いヒゲや雪を描いていました。

裏面には好きな絵を…「仮面ライダーのおもちゃが欲しいんだ」「うさぎさんのぬいぐるみが欲しい」と欲しいプレゼントを描く子もいれば、クリスマスツリーや雪だるま、好きな模様を描く子の姿も見られました。

出来上がったら部屋に吊るして飾り、「プレゼント入れてもらえるかな?」「サンタさん早く来ないかなぁ」とサンタさんにプレゼントを入れてもらえるのを楽しみにしている子どもたちです。

大好きしっぽ取り!

段ボールのお家のごっこ遊びや空き箱製作、砂遊び、ロケット滑り台、うんてい…など年少さんの好きな遊びが1学期に比べると広がりました。

その中でもしっぽ取りも年少さんは大好き!「しっぽ取りやろう」「ねぇしっぽ取りやらない?」と誘い合っている姿も見られます。

初めは保育者がしっぽをつけて走り、子どもたちは追い駆けることを楽しんでいましたが、最近は「しっぽつけたい!」「”鬼決め”で決めよう」という声も上がるようになりました。(鬼決めは鬼をやりたい子が足を出して、歌を歌いながら一人ずつの足に手を置き、最後に歌が止まった時に手を置かれた子が鬼です)

年少さんなりに”鬼決め”を歌って決めようとする姿は微笑ましいです。

一生懸命走ってしっぽを取れた時は「やったー!」と大喜び!しっぽを取れた子が鬼になったり、再度”鬼決め”で決めたり、数人の友達と一緒に走ることを思いきり楽しんでいます。