ブログ

あおば台第二幼稚園ブログ

夏休み特集⑯

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

歌、踊り、いろんな遊び…

幼稚園で覚えた事を家でたくさんやっていて、とても感心することが多いです。

良い刺激を受けて、成長させてもらってるなぁ…と感じます。

年中さんになると、年長さんは年上、年少さんは年下になり、年少さんに対しては自然に“お姉さん”になっていけるような“ペア”の活動は本当に良いと思います!

夏休み特集⑮

 保育者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

3兄弟の真ん中で明るく元気な子で、4月の入園を心待ちにしていた子でした。初日から毎日楽しく通っています。

家では普段なかなかハサミを使ったりマジックを使ったりさせてあげられないのですが、ある日とてもうれしそうに「おかあさんに おみやげがあるよ~!」と工作した作品を持ち帰りプレゼントしてくれました。それ以降も、兄や弟にも作ってきてくれます。

外遊びはもちろん、室内でも自由に好きな遊びができる事が、とても楽しいようです。家庭ではなかなか満たしてあげられない部分を園で満喫させてもらえ、充実した園生活を送っています。

1学期後半からは、たくさんのお友達の名前やエピソードも子どもから聞くようになり、少しずつお友達にも目が向けられ関わりを学んでいけているように思います。

これからの園生活も親子ともども楽しみたいと思います。

夏休み特集⑭

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

年中さんになって、少しお姉さんになった自分が嬉しくて、もっともっと素敵な年長さんになるためにがんばるんだと、日々の幼稚園を過ごしているらしいです。

年長さんのお泊まり会で、年長さんが登園しなかった日、帰りのバスで自分の名前と、一緒に乗る年少さんの名前をバスの先生に言えたことが、年長さんになったみたいで、(自分が)かっこよかったと教えてくれました。

すごく嬉しかったのが伝わってきて、微笑ましかったです。

夏休み特集⑬

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

初めはクラスの新しいお友達の名前もなかなか覚えられず、恥ずかしさもあり、なじめない様子で心配していましたが、6月くらいからお友達の名前がたくさん出てくるようになり、グループを作ってからは今まで以上に幼稚園での生活が楽しいようで、ひとまず安心しています。

年中さんになり、粘土、マーカーなど自分で使えたり、年少さんで出来なかったことが出来るのが嬉しいようです。

クラスのみんなで作ったスライムや割りばしで飛ばす飛行機を嬉しそうに持って帰ってきたり、オリジナルの工作もパワーアップしている気がします。

最近はグループで、昼食の時に机を拭く当番を楽しみにしていて、「今日は~ちゃん。明日は私なんだ」とか、嬉しそうに話してくれます。

同じグループのお母さんから「○○ちゃんは机の隅々まで拭いてくれるって言ってたよ」と聞いた時は思わず娘の性格がでているなと笑ってしまいました。

夏休み特集⑫

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年長さんです。

 年長になり、まずペアが決まり、年長さんから引き継いだお仕事があり、「ペアの~くんを迎えに行くんだ」「ウサギ小屋のおそうじをしたんだ」と、色々お話をしてくれました。その言葉から少しずつ自信を持って、年長さんという意識を持ち始めたように感じました。

リヤカー免許試験を乗り越えてのリヤカー祭りを見た時には、しっかりとした表情で、責任感すら感じさせる表情で、年中少さんを乗せてあげていて、たくましくなったなぁと思いました。

そして、先日のお泊まり会では、初めての経験にも関わらず、不安よりも楽しみという気持ちにさせてくれる、保育者の方々の関わり方により、また1つ、たくましく成長させてもらいました。

1学期の活動だけでも子どもの成長が日に日に感じられ、2学期以降も楽しみで仕方ないです。

夏休み特集⑪

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

年中になって、自分より年下の年少さんが入園してきたのが新鮮なようで、ペアの子をかわいいと言ってお手伝いもしているようです。困ったときには何でもしてもらっていた年少さんとは違って、自分で身の回りのことをしつつ、年下のお友達の手助けをすることも覚えているようで、そのような気付きを大切にしてくださる“ペア制度”のありがたさを改めて感じています。

また、グループ活動も始まり、新しいお友達の名前も出てくるようになって、お友達との関わりも広がって楽しみです。

先日、幼稚園で七夕飾りや提灯を作成してきた時、その日のうちに家でも再現して次々に作り上げていた姿に驚きました。

新しいことに挑戦し、どんどん吸収する時期なのだと感心しています。

 

夏休み特集⑩

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

外遊びが大好きで、特にブランコ、うんてい、ロケット滑り台の話がよく出てきます。年少さんの頃にはできなかったうんていが出来るようになった事が一番自信に繋がっているようです。怪我もよくしていますが、「もう年少さんじゃないから泣かなかったし、先生に言うほどじゃなかったよ」と得意気に言っています。すぐに泣いていた入園時と比べると頼もしくなったなと思い成長が嬉しいです。またペアのお兄さんがお休みの日はやはり寂しいようで「お休みで残念だった」と必ず言うのでペアの絆を感じてほほえましいです。「みかんの花」の手遊びを教えたところ、とても気に入って何度もやっていました。父親が帰ってきて「みかんのかわやろー!」と言って誘っていたのは家族みんなで大笑いでした。

夏休み特集⑨

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

 年中さんになりおかげさまでまた一段と成長した姿を見せてくれるようになり、親としても嬉しく思っております。毎日朝早く自分から起き、着替えをして、時間も気にしながら朝の支度をしており、自分の事を自分でやろうとする姿勢が見られます。また、挨拶をしたり小さな子の面倒を積極的に見たり、相手にいろいろな事を教えてあげようとしたり、お兄さんになったなと感じることが増えております。これは幼稚園で年長さん(ペアの子)などに自分がやってもらっている事をするようになっているいのではないかと思い子ども同士の関わり合いから成長している事で頼もしく感じます。物事に対する興味の幅も増えていると感じております。自分が大好きな電車に加え、花や草木などの植物、虫、恐竜、言葉(日本語、わらべうたなどの歌、外国語)、国や日本の地理的な事など、先生やお友達とのやり取りの中で日々刺激を受けていることが伝わってきます。このような事を自分で調べたり、絵に描いたり、歌にして歌ってくれる姿を見るたびに幼稚園生活が充実している事を感じます。

夏休み特集⑧

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

時々、駄々をこねることもありますが、幼稚園に楽しく通わせていただいています。

幼稚園に通い出した成果をよく感じるのは『歌』です。

絵本を読む前の歌、お昼ご飯の前の歌、雨だれぽったんの歌、七夕の歌をご機嫌で歌っています。でもなぜか最後は“♪~みんな そろって ごあいさつ~ いただきます!!”でいつも終わります。どの歌を歌っていても『いただきます!!』で終わるのでおもしろいなと思います。

お弁当も給食もよく食べているようで、とても嬉しく思っています。家ではムラがあり、あまり食べないこともあったり、食事に集中していないこともあるので、少しずつ苦手な物も食べてくれるようになるかなぁと期待しています。

家では、トマトをあまり食べたがらないのですが、お弁当のトマトは食べてくれているので、先生やお友達の力かなぁと思っています。

 

3年生の同窓会

今日は3年生の同窓会でした。

49人の卒園生が幼稚園に来てくれ、久しぶりの再会を職員一同楽しみにしていました。

少し照れ臭そうに入ってきた子もいましたが、懐かしい友達やクラス担任の先生に会うと、満面の笑顔!

幼稚園時代のようにおしゃべりする姿がありました。

さすがは3年生!背も高く、顔つきもしっかりしている子も多かったです。

園長先生も来てくれ、少し話をしました。立派な年長を園長先生の前でやったこと、難しかったこと仲間と力を合わせて乗り越えてきた経験を幼稚園時代にできたことに自信を持って、これからも頑張って欲しいと励ましをもらいました。

 

今日はとっても暑かったので、かき氷もみんなで食べました。

また、年長さんの頃の懐かしい部屋で担任の先生と話をしたり、〇✕ゲームや何でもバスケットなどで遊んだり…

小学生の体は大きくて、年長さんの部屋が少し小さく見えました。

暑さが少し和らいだ時間に、園庭へ出てドッチボール!投げる球のスピードの速さにびっくり!小学生のパワーを感じました。

 

帰りの集まりでは、担任の先生から「次は小学6年生になったら会おう!運動会のお手伝いに来てね!」と次会う約束をしました。また、それに限らず幼稚園の近くへ来た時はいつでも遊びに来て下さいね!!