ブログ

カテゴリ:年長

サバイバル!!

今日は年長さんで青葉台初等・中等学部に行き、”サバイバル”を行いました。

これまで、運動会、筑波山登山、遊園地作りなど、様々な活動を通してたくさんの力をつけてきた子ども達。園長先生から始業式の日にサバイバルの提案をしてもらうと、「どれくらい走るの?」「出来るかなー?」とドキドキしてる子の姿もありました。自分の力を試してこよう!最後まで自分の力で走りきろう!と伝えていくと、「出来るよ!」「頑張る!!」「あきらめない!」と力強い声が聞かれ、これまでの経験の中から、初めての事にも挑戦してみる!という心が育ってきていることを感じました。

初等学部に隣接された広い野球場に行き、8周(約3キロ)を走りました!あおば台幼稚園のお友達も一緒に”よし!!”と気合いを入れてスタートです!

真剣な表情でひたすら走りつづける子、「疲れたー」と言いながらも止まらずに歩きつづける子、「あと〇周!!」と数えゴールを目指す子様々な姿がありましたがどの子も顔を真っ赤にしながら最後まで走り続ける姿がとても印象的でした!自分が走り終わっても最後まで頑張っている子を応援してくれたり、声を掛けながら一緒に走ってくれていたりとする姿を見て温かい気持ちになりました。

長い距離を走り切った子どもたちの表情は達成感でいっぱいの様子でした!!

走った後にはクラスのグループのお友達、小学生と一緒にうどんを食べました!たくさん走ってお腹が空いた分おいしさも格別だったようで、「おいしい!!」「あったまる~!」「おかわりしてくる!」と大満足の様子でした。

ごはんの後には、小学校の広い校庭でお兄さんお姉さんと一緒にサッカーをしたり、遊具で遊んだりと思い思いに好きな遊びを楽しんでいました!!

 

自分達の力を信じて走り切った子ども達。帰ってきたときの表情は”やり切った!”という気持ちでいっぱいの様子でした!!

 

冬休み特集 ⑥

 いよいよ明日は始業日です。

 “2学期を振り返っての思い出や感想”というテーマで保護者の方からアンケートを頂きました。

第6回目、最終日の今日は年長さんです。

 

 子どもの力を信じて待って、本当に良かったです。

 早生まれと穏やかな性格なので、なかなか他の子を同じようにできなかった我が子。すぐに泣いてしまい、“どうして?”と思うこともありましたが、先生方の言葉を信じて待ち、見守りに徹してきました。

 年長2学期には、運動会での挑戦がありました。案の定、初めは新しいことへ積極的になれない様子でしたが、先生方や友達に励まされ「できなくても、あきらめない」と本人の口から信じられないような言葉が出てきました。

 息子を知っている周りの方からも、「○○君、変わったね」「キラキラしてるね」「勇気もらった」「感動した」と言われました。温かく見守り、時に背中をそっと押してくださる先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

 心配している他の保護者の方にも「あおば台幼稚園の先生ならおまかせして大丈夫」と心から自信を持ってお伝えしたいです。ありがとうございます。

  

冬休み特集 ③

 “2学期を振り返っての思い出や感想”というテーマで保護者の方からアンケートを頂きました。

第3回目の今日は年長さんです。

 

 2学期は運動会や登山など楽しい行事がたくさんでとても充実した園生活でした。運動会の前は、毎日のようにとび箱やリレーなどの練習で勝って嬉しかったり、負けて泣いてしまった思いを教えてくれたり、自分の目標に向かってもっと頑張るんだという様子をみていて、内面的にもまた大きく成長できたように感じています。

 筑波山が見えると、「私、あそこの上まで登ったんだよ!」と嬉しそうに教えてくれます。とても疲れたけれど、みんなで頑張って登りきった事が自信になっているようです。

 これらの様々な経験や日々の活動が娘にとっても家族にとっても大切な思い出となっています。

  

大掃除するぞ!

今週で2学期も終わり、冬休みに入りますね。

幼稚園では、新しい年を迎える前に大掃除を行いました。

「そうだー!大掃除だった!」「どこからやるかー!」と、張り切っていた子ども達。お道具箱やロッカー、靴箱など、まずは自分の場所からごしごし…!

 

手を奥まで伸ばして綺麗にしています。「うわー!埃がー!」「こんなに汚れてた!」など、友達と一緒にビックリしながら、更に力を込めます!

 

ままごと道具や本棚、コップ掛けを雑巾で拭いたり、水で洗ったりしました。

ぬいぐるみやエプロンも、ジャブジャブ洗ってお洗濯!綺麗になった、ぬいぐるみ達もひなたぼっこ中です。

 

クラスの中もピカピカになり、見た目も気持ちもすっきり!清々しい笑顔で3学期を迎えらる事でしょう!

クリスマスの袋作り

もうすぐクリスマスですね。「クリスマスプレゼント決めたよ!」「サンタさんにお手紙書いたの!」など、子ども達の会話の中でも話題が上がってます!

もしかしたら幼稚園にサンタさんが来るかもしれない!ということで、プレゼントを入れてもらうための袋を作っています。年長さんは、一枚の布を針と糸で縫って袋にしていきます!お母さん達が使っている針と同じ”本物の針”に、ちょっぴりドキドキ…。

 

みんな集中して縫っていますね。縫い幅は指一本分位と目安を決めると、「これくらいー?」と確認し合いながらチクチク チクチク…。

 

針から糸が抜けたり、途中で絡まったり、「あー!まただ~!!」と言いながらも、一息ついて再開です。縫い終わったらリボンでくくって完成です!自分で縫った大事な袋に、素敵なプレゼントが入りますように…!

 

 

 

年長保育参観

昨日と今日の2日間で、年長さんの保育参観を行いました!ホールに建てた子ども達ご自慢の遊園地。お母さんやお父さんが見に来てくれることを心待ちにしていました。

クラスで気合を入れてから、アトラクションの準備をするためにホールに出発!園庭に居るお母さん達を見て「お母さんいた!」と、嬉しさで更に気合が入っている姿もありました。準備中の子ども達の気持ちは、いつものオープン以上の高まりを見せ、活気づいていました!楽しみで仕方なかったのでしょうね。お家の人がホールに入ってくると「いらっしゃいませー!こっちですよー!」「お母さーん!ここだよ!」と、元気いっぱい呼び掛けている姿は、まさに全力!お客さんとして来てくれたお家の人達に、自分が作ったものを紹介したり、実際に遊んでもらったり…。乗り物に乗って遊ぶアトラクションでも、「大丈夫だから乗って!!」「行くよ!!」など、大人が乗っても自信を持って運転していました!仲間と協力すれば動かせることを知っていたからでしょうね。

そして、年中さんもお客さんでやってくると、「入り口はここですよー!」「楽しいですよー!」など、ホールは更に活気づきました!自分よりも小さいお友達がお客さんで来ると、目線を合わせて優しく話しかけたり、遊び方を選ばせてあげる姿もあり、自然とできてしまう心はさすが年長さんだなと感じました。最後のパレードを全員で見て、遊園地は閉園…。あっという間の時間でしたが、年中さんやお家の人が楽しんでくれた嬉しさで胸がいっぱいの年長さんの姿は、キラキラの笑顔が満開でした!受け取ったチケットを数えて何人のお客さんが来たのか知る事にワクワクしている姿は、面白いです!

明日からも、オープンは続きます。年中少さんに、たくさん楽しんでもらおうね!

年長さんの遊園地、ついにオープン!!

10月下旬から準備を始め、仲間と力を合わせてホールにこつこつと作ってきた遊園地。

今日、ついにオープンの日を迎えました!!

 

まずは、年長さんの間でオープンし、できた遊園地を体験しました。

自分のクラスの他のアトラクションについては集まりなどで報告し合っていたのでよく知っていましたが、他のクラスのアトラクションに実際に入ってみてビックリ!「中はこんな風になってたんだ!」「これ、乗ってみたかったんだよね!」と目を輝かせている子ども達でした。

 

そして、この遊園地を作り始めた一番の目的『小さい子たちを喜ばせてあげたい』という思いが叶う時が来ました。

年中少さんに「今日から遊園地をオープンするから、来てね!」とお誘いに行き、いよいよオープン!

宝釣り・ゴーカート・おばけやしき・めいろ・ジェットコースターなど12個のアトラクションが広がるホールはまさに遊園地!!小さい子達は年長さんが渡した乗り物チケットを手にわくわくした表情で遊びに来てくれました。

 

小さいお客さんを相手に「乗りたいの?どうぞ!」と優しく手を差し伸べたり、「ここ並んでね!ちょっと待ってね!」「今ならすぐに入れるよー!」と呼び込みをしたり。たくさんたまったチケットを見てニヤリと微笑んでいたり。仲間同士で決めた自分の役割を全力でやりきる姿に、大きな成長を感じました。

  

オープン後、「お客さんがめーーーっちゃ来てくれた!」「頑張ったから汗かいた!」「すっごく楽しかった!」と、どの子も大満足の表情が印象的でした。

今後、たくさんオープンし小さい子たちを楽しませてあげる予定です!

小さい達と年長さんの関わりを見守っていきたいと思います。

遊園地を作り始めました!!

遊園地作りに向けて動き始めた年長さんの子どもたち!

ホールに遊園地のアトラクションを作っていくのですが、いきなりダンボールを使って建て始めるのではなく、設計図を描き、同じ仲間とまずアトラクションのイメージを共有していきます。そしてその後に、牛乳パックや、空き箱などを作って模型を作り、立体的に作ることで、更にイメージをもちながら本当に設計図で描いたものが作れそうかを試してみたりします。

設計図を描く時は、迷路を作る子たちが、「ここで分かれ道になるようにしようよ!」「いいね!落とし穴とか面白そうじゃない?」「いいねー!!」と言っていたり。

宝釣りの子達が「海で釣ってるってことは?」「海で宝物が釣れる!」「宝じゃなくてカニとかが釣れたら残念~!ってことは?」と盛り上がっていたり。

たくさんのアイディアが子ども達の中から出てきていました。

 

模型作りでは、設計図を見ながら牛乳パックで壁を作ったり、空き箱で隠れる部分を作ったりしていましたが、実際にやってみると、「あれれ?設計図で描いたみたいにならない!」「こんなにたくさんの分かれ道にできないかも!!」「なんか壁建てたら設計図にはなかった新しい道ができた!!」と、やってみたからこそ発見があったりのしました。

 

細かな部分まで話し合いながら設計図・模型を作ったことで、それぞれが具体的なイメージをもって行くことができ、子ども達もより気合いが入った様子でした!!

今模型を、片手にホールにダンボールで建て始めました!その様子も後日お伝えします!!

 

経過がよく分かるように、同じアトラクションの設計図・模型をご紹介!

設計図を描いています!海の中で宝釣りをするよ!

真ん中にお魚がいっぱいいるようにしたい!設計図が形になってきました!

 

 

段ボールで遊んでいます!!

運動会、筑波山登山でクラスの仲間と力を合わせたり、自分の力を試し大きな自信をつけた年長さん!!

クラスでダンボールを出しておくと、「お化け屋敷作ろう!!」「長いトンネルにしよう!」「お家に窓開けよう!」と数人で集まり、思いを出しながら遊ぶ姿が見られています!ダンボールカッターを使ってお友達と協力して切ったり、「ここに絵描こう!」「シャラシャラつけよう!」と飾り付けをしたりとイメージを伝え合いながら楽しんでいます!!「前の年長さんホールに遊園地作ってた!」「僕たちも作ろうよ!!」と声も上がり、憧れの遊園地を作ることもとても楽しみにしており、気合いが入っているようです!!

 

好きな遊びの中で運動会でもらったコマを楽しんでいる子の姿もたくさん見られるようになりました!「お家でいっぱい練習したからもう回せるようになったよ!」「まだできないから練習する!」と何度も何度もチャレンジしている子もいます!!できない子に教えてあげたり、初めて回せた時には友達と一緒に大喜びしたり、どちらが長く回せるか勝負をしたりとお友達と一緒に遊ぶことをとても楽しんでいます!!

つくば山登山

先週の運動会に引き続き、今日は年長さんが筑波山に登りました。

朝から元気いっぱい子ども達!出発前にみんなで『よしっ!』と気合いを入れてバスに乗り込むと、見送ってくれるお家の人に「いってきまーす!」と手を振り筑波山に向け出発!途中の道に“筑波山”と描かれた標識やカエルの絵の看板など見つけると、「筑波山だって!」「ガマの油だ!」と盛り上がっていたり、見えている山がだんだんと大きくなり、山に赤い鳥居が見えてくると「近くなってきた!」「もうすぐってこと~?」「あそこまで登るんだね!」と話していたり、ワクワクした気持ちがどんどん大きくなっているようでした!

 筑波山の途中までバスで登り、登山口に到着すると子ども達の気合いも更に大きくなり「頑張るぞー!」と目をキラキラさせている姿がありました。もう一度みんなで気合いを入れ直し、山頂に向けて出発!山道では、紅葉している葉を見たり、落ちているドングリや松ぼっくり、幼稚園にないくらいの大きな葉を見て「秋見つけた!」「すっごい大きな葉っぱ!すごいね~!」と秋を見つける事を楽しんだり、元気いっぱい歌を歌ったりしているうちに最初の目的地“御幸ヶ原”に到着!「着いた~!」「ちょっと疲れたね~」「まだまだ元気あるよ!」と真ん中まで来たことに喜びを感じている子ども達でした!「ここから男体山の頂上まで歩くよ!」と伝えると、「えー!まだまだ!?」「よーし頑張るぞ!」とあと少し頑張れるように、“頑張るぞ!”のラムネを食べ頂上に向け再出発!御幸ヶ原から頂上までの道は階段や大きな岩場が多く、転ばないように手も使いながら登っていきました。途中すれ違う人達に「こんにちは!」と元気よく挨拶したり、道を譲ってもらったら「ありがとうございます!」とお礼を言ったり、さすが年長さん!と感じました!頂上に着くと「うわ~!いい景色!」「ここが一番上か~!」「山の神様は・・・イザナギノミトコって書いてある!」と神様の名前も知ることができ大興奮!お願い事をしたり、頂上から“ヤッホー!”と叫んだり、自分達のお家を探したり…頂上を楽しんでいる姿がありました。

 そして、男体山を下山し、待ちに待ったお弁当!「今日はサンドイッチ!」「おにぎり二つで筑波山みたい!!」「お母さんのおにぎりおいしい!!」と、笑顔で頬張る子ども達でした。山の上で食べるお弁当はまた一段と美味しく感じました。お弁当の後は、お楽しみのお菓子タイム!持ってきたお菓子を嬉しそうに食べたり、お友達と交換したり…たくさんの笑顔が見られました。近くの展望台にも登ることができ大喜びでした!

 

下山の時間になりみんなで気合いを入れて降り始めると、登る時に見つけた木や目印を見つけ、「登る時に見たね!」「あともうちょっと!」と一歩一歩しっかり歩いていた子ども達。滑りそうになるところがあると「ここ気を付けて!」と教え合ったり、「○○ちゃん大丈夫?」と、グループのお友達の事を気に掛けたりする姿も見られました。途中“あとちょっと頑張ろう!”のラムネを食べて歩き進み、無事バスが止まっているゴールに着くと「やったー!」と達成感に満ち溢れている子ども達でした。頑張った印に“つくばとざん”とかかれたバッチをプレゼントすると大喜びでした!帰りのバスでは、疲れて寝てしまう子の様子もあり、頑張ったんだな~と改めて感じました。

お迎えに来てくれたお家の人達に、大きな拍手で迎えられた時、誇らしげな表情やホッとした表情を見せていた子ども達です。

子ども達の表情を見ていると、登る前よりもまた一回り大きくなったように感じます!最後まで自分の足で登りきることができ、子ども達にとって大きな自信となったことでしょう。

みんな本当に頑張ったね!!また月曜日に元気に会おうね!