ブログ

カテゴリ:年中

運動遊具やグループのお友達と遊んだよ!

最近は、デッキに設定された様々な運動遊具での遊びを楽しんでいる子ども達です!前転をするためのマット、巧技台、鉄棒、2段と3段にそれぞれ重ねたゲームBOX、クライミング、畳越え、脚立を2つ並べその間に板を通し渡って最後にジャンプをするはしごジャンプ、脚立を変形させたはしご渡り、トランポリンなど、毎日違った遊具を用意しました。

保育者が用意している様子を見て「何するの!?」「早くやりたい!」とワクワクした表情の子や、お友達が遊んでいる姿を見て「〇〇ちゃんすごーい!わたしもやりたい!」「楽しそう!」とはしゃぐ子の姿が見られました。

ゲームBOXジャンプでは、高い場所からジャンプすることに楽しさを感じている子が多く、「もう1回やる!!」と楽しそうに列に並ぶ姿が良く見られました。初めは「怖い~」と言っていた子も、保育者と手を繋いでジャンプするのを繰り返すうちに「1人でやってみる!」と勇気を出して1人でジャンプすることができました!

はしご渡りでは、体勢が不安定になりながらも手や足にしっかりと力を入れて進んでいく子ども達でした。下を見ると怖さを感じてしまい、途中で「落ちる~」と泣きそうになる子もいましたが、周りで見ていたお友達が「〇〇くん!がーんばれ!」「次はこっちの手をここに持って行くんだよ!」「大丈夫だよー!」と応援してくれたパワーをもらい、自分の力で上り下りすることができました。

 

また、新しく作った生活グループのお友達とのゲームも楽しんでいます!長い棒を持って走る台風の目、おみこしにバランスボールを乗せて落とさないようゴールを目指すバランスボール運び、2つに重ねたタイヤを引っ張るタイヤ引きなどを行いました。

バランスボール運びでは、グループのお友達と「僕ここ持つよ!」「今日〇〇君お休みだからこっち1人で持つね!」と話し合って持ったり、「せーの!!」と声を揃えておみこしを持ち上げたりと、協力し合う姿が見られました。ゆっくり慎重に歩いて進むグループもあれば、勢いよく走って進むグループもあり、グループの個性を感じました。バランスボールが落ちてしまった時には「わあー!!」「ボール待ってー!」と言いながら拾い、ゴールできた子ども達でした。

 

 

 

 

 

今日は誕生会でした!

 今日は、8月9月生まれのお友達の誕生会でした!年中さんでは、お友達から“5才だイエーイ!”“虫の声”の歌のプレゼントをしたり、先生達の劇を見たりと楽しみました!最後は、前日に自分達で丸い形を作ったクッキーを、「乗せたイチゴジャムが宝石みたい!」「甘くておいしい!」ととびきりの笑顔で食べていました。

 年中さんでは、好きな遊びで、朝顔やオシロイ花の色水遊びが大人気です。「色がついてきた!」「紫かな?何色に見える?」とお友達と見せ合いながらじっくりとお花から色を出しています。

 

夏休み特集⑲

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

年少さんの頃は私に促されてやっていたことを、自ら進んで行う姿が沢山見られるようになり、嬉しく思っています。(お手洗い、歯磨き、着替えなど)

 父母の日のプレゼントを園で作ってプレゼントしてくれた時には、「大好きって言わなくても大好きって伝わる?」と目を輝かせて言ってくれ、気持ちを込めて作ってくれたのだと感動しました。毎日園で工作活動をしていただいてるおかげで、物を作る喜び、楽しさを感じて、作ったものを嬉しそうに見せてくれるので、毎日鞄をあけるのがこちらも楽しみです。
 
 

夏休み特集⑰

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

年中になり、頭に描いている事が、実際に出来た!と喜んでいる回数が多くなりました。(工作、ブロック、服をたたむなどの生活のこと、お友達との関係など)

また、グループが始まったのは大きな出来事だったようで、グループ名を決める時の事と思うのですが「ママ知ってた?誰かが“ぶどう”って言ったら、“嫌だー”とか言っちゃいけないんだよ!」と話し、とても可愛らしかったです。チームワークの原石(?)を息子がつかんだ瞬間だったのかなと思いました。

年中になったら…と息子なりに思い描いた世界(年少さんのお世話をして、新しいお友達といっぱい遊ぶ!)があり、4月、5月は年少からのお友達とつるんでいるだけの状況に少しがっかりした様子もありました。でも、最近ではグループ活動もあり、一歩一歩世界を広げればいいという風に、地に足をつけている様子に変わってきていて、親も安心しています。

夏休み特集⑯

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

歌、踊り、いろんな遊び…

幼稚園で覚えた事を家でたくさんやっていて、とても感心することが多いです。

良い刺激を受けて、成長させてもらってるなぁ…と感じます。

年中さんになると、年長さんは年上、年少さんは年下になり、年少さんに対しては自然に“お姉さん”になっていけるような“ペア”の活動は本当に良いと思います!

夏休み特集⑭

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

年中さんになって、少しお姉さんになった自分が嬉しくて、もっともっと素敵な年長さんになるためにがんばるんだと、日々の幼稚園を過ごしているらしいです。

年長さんのお泊まり会で、年長さんが登園しなかった日、帰りのバスで自分の名前と、一緒に乗る年少さんの名前をバスの先生に言えたことが、年長さんになったみたいで、(自分が)かっこよかったと教えてくれました。

すごく嬉しかったのが伝わってきて、微笑ましかったです。

夏休み特集⑬

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

初めはクラスの新しいお友達の名前もなかなか覚えられず、恥ずかしさもあり、なじめない様子で心配していましたが、6月くらいからお友達の名前がたくさん出てくるようになり、グループを作ってからは今まで以上に幼稚園での生活が楽しいようで、ひとまず安心しています。

年中さんになり、粘土、マーカーなど自分で使えたり、年少さんで出来なかったことが出来るのが嬉しいようです。

クラスのみんなで作ったスライムや割りばしで飛ばす飛行機を嬉しそうに持って帰ってきたり、オリジナルの工作もパワーアップしている気がします。

最近はグループで、昼食の時に机を拭く当番を楽しみにしていて、「今日は~ちゃん。明日は私なんだ」とか、嬉しそうに話してくれます。

同じグループのお母さんから「○○ちゃんは机の隅々まで拭いてくれるって言ってたよ」と聞いた時は思わず娘の性格がでているなと笑ってしまいました。

夏休み特集⑪

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

年中になって、自分より年下の年少さんが入園してきたのが新鮮なようで、ペアの子をかわいいと言ってお手伝いもしているようです。困ったときには何でもしてもらっていた年少さんとは違って、自分で身の回りのことをしつつ、年下のお友達の手助けをすることも覚えているようで、そのような気付きを大切にしてくださる“ペア制度”のありがたさを改めて感じています。

また、グループ活動も始まり、新しいお友達の名前も出てくるようになって、お友達との関わりも広がって楽しみです。

先日、幼稚園で七夕飾りや提灯を作成してきた時、その日のうちに家でも再現して次々に作り上げていた姿に驚きました。

新しいことに挑戦し、どんどん吸収する時期なのだと感心しています。

 

夏休み特集⑩

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

外遊びが大好きで、特にブランコ、うんてい、ロケット滑り台の話がよく出てきます。年少さんの頃にはできなかったうんていが出来るようになった事が一番自信に繋がっているようです。怪我もよくしていますが、「もう年少さんじゃないから泣かなかったし、先生に言うほどじゃなかったよ」と得意気に言っています。すぐに泣いていた入園時と比べると頼もしくなったなと思い成長が嬉しいです。またペアのお兄さんがお休みの日はやはり寂しいようで「お休みで残念だった」と必ず言うのでペアの絆を感じてほほえましいです。「みかんの花」の手遊びを教えたところ、とても気に入って何度もやっていました。父親が帰ってきて「みかんのかわやろー!」と言って誘っていたのは家族みんなで大笑いでした。

夏休み特集⑨

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

 年中さんになりおかげさまでまた一段と成長した姿を見せてくれるようになり、親としても嬉しく思っております。毎日朝早く自分から起き、着替えをして、時間も気にしながら朝の支度をしており、自分の事を自分でやろうとする姿勢が見られます。また、挨拶をしたり小さな子の面倒を積極的に見たり、相手にいろいろな事を教えてあげようとしたり、お兄さんになったなと感じることが増えております。これは幼稚園で年長さん(ペアの子)などに自分がやってもらっている事をするようになっているいのではないかと思い子ども同士の関わり合いから成長している事で頼もしく感じます。物事に対する興味の幅も増えていると感じております。自分が大好きな電車に加え、花や草木などの植物、虫、恐竜、言葉(日本語、わらべうたなどの歌、外国語)、国や日本の地理的な事など、先生やお友達とのやり取りの中で日々刺激を受けていることが伝わってきます。このような事を自分で調べたり、絵に描いたり、歌にして歌ってくれる姿を見るたびに幼稚園生活が充実している事を感じます。