ブログ

カテゴリ:年中

オアシス遠足に行ってきたよ!

暑い日が続いていますね・・・!

子ども達は元気いっぱい遊んでいます。

今日はあおば台初等学部に行き、大きなプールで遊んだり虫捕りをなどを楽しんできました!

前日に伝えると「もう行くの?」「はやく行きたい!」と、とても楽しみにしている姿がありました。

早速バスに乗り、初等学部に着くと「大きい!」「ここが小学校?」と話していた子ども達。

すぐにおひさまパンツに着替え、大きなプールで遊び始めると、プールの上から滑り台のように滑ったり

水に浸かったりしみんな大興奮!!子ども達のキラキラした楽しそうな表情が印象的でした!!

その後みんなで食べ、食べ終わった子からプールの隣にある広い庭に遊びに行きました。

バッタや色々な虫を見つけたり捕まえたりすると、「見て!虫捕まえた!」とニコニコ嬉しそうにする様子が

ありました。

園に着くと「楽しかった!」「また行きたい!」と話している姿が見られ、楽しかった事が

伝わってきました!

年中保育参観

 今日は、年中さんが保育参観を行いました。朝から「今日はママ来る日だよね!」「楽しみ~!」と待ちきれない様子の子ども達!

 プレイランドで園庭に設定されたシャボン玉、春雨、あわあわ遊び、魚釣り、金魚すくい、ロケット飛ばし、水風船コロコロのコーナーをみると、自分の好きなコーナーに向かっていき夢中になって楽しんでいました!

 今回新たに登場した春雨コーナーと魚釣りコーナーも大人気!色の付いた春雨を混ぜ、カップに入れると、「ラーメン屋さんです!」「見て!プチッて切れるよ~!」とごっこ遊びや感触や味わっていました!そして、魚釣りのコーナーでは、「○匹釣れた!」とたくさん釣ることも楽しんでいました!

 おひさまパンツで思いっきり遊ぶ様子をお家の人にも見てもらえ、満足そうな様子の子ども達。帰りの集まりでも「ママ来てくれて嬉しかった~!」「ロケット飛ばすの楽しかった!」などニコニコ笑顔でたくさん感想を教えてくれました!

 

外でたくさん遊んだよ!!

今日は、おひさまパンツになり、園庭で色水・あわあわ・ロケット飛ばし・水風船コロコロなどで遊びました!

まずどんなものがあるか、遊び方などを説明すると、「楽しそう!」「○○やりたい!」と様々な遊びに

興味津々だった子ども達!

早速、始まりの合図で好きな遊びへと走りながら向かって行きました。

水風船コーナーではお友達と一緒に「せーの!」と水風船を転がしたり、転がしたところに色がつくと

「虹色になった!」「きれい!」と盛り上がっていました!

また、あわあわのコーナーでは一生懸命かき混ぜ泡が出来ると、手で掬ってみたり体につけたり、

「雲みたい!」と見立てたりすることを楽しんでいました!

色水のコーナーも「○○ジュースでーす!」とジュースに見立てたり、色々な色を混ぜたりすることを

夢中になって楽しむ様子が見られました!子ども達の豊かな発想に驚かされました!

木曜日の保育参観でお家の人に見てもらえる事を楽しみにしながら、子ども達と一緒に楽しみたいと思います!

 

 

 

しゃぼん玉で遊んだよ!

 今日から、リヤカー送りが始まりました。年中駅まで乗せてもらうと「楽しかった~!」「ありがとう!」とニコニコ笑顔の子ども達です!

 

 

 

 

 

 今日は、おひさまパンツを履いてクラスのみんなでしゃぼん玉で遊びました。

 モールやうちわで作られた道具にシャボン液を浸して動かすと、しゃぼん玉ができて大興奮の子ども達!

 「大きいの出来た!」「見て!2個くっついている!」と目を輝かせていました!

 写真は午後、好きな遊びの中でも楽しんでいる様子です。

 

プレイランド!

 今週から、色々な素材に触れ遊ぶことを楽しんでいます!

 昨日は、小麦粉粘土を作って遊びました。初めはサラサラな小麦粉が水や塩を入れこねていくと

粘土のように固まってきたり、伸びたりする変化に驚いたり、「固まってきた!」と感触を楽しんだり、「伸びた!」「美味しそうな匂いする~!」と終始目を輝かせながら大興奮だった子ども達!

丸めたり顔に付けたりし小麦粉粘土遊びを楽しみました!色を付け遊ぶことも楽しんでいきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 今日は、おひさまパンツになり砂場で遊びました。

砂場では、「冷たーい!」と砂の温度に気付いたり感触を楽しんだりしていた子ども達。

また、自分の足やお友達の足を埋めてみたり、ブルドーザーやショベルカーに変身し、手を使って砂を運んだりすることも楽しんでいました。

道具を導入すると、バケツに砂を入れプリンやゼリーを作ったり型抜きをしたりし、どの子も夢中になって遊んでいました!

 

お散歩に行ったよ!

 昨日は、年中さんのみんなであぜ道にお散歩に行きました。幼稚園で道路を歩くときの約束事を確認し、いざ出発です!

 

 

 

 

 

 

 あぜ道に到着すると、菜の花やシロツメクサ、オオイヌノフグリなどの草花を摘んだり、小さな虫や、川にいるどじょうやタニシを捕まえたりして楽しみました。「見て~!」と目を輝かせながら友達や保育者に教えてくれる様子が印象的でした! 

 

 

 

 

 

 

 幼稚園に帰ってくると、「お腹空いた~!」と年中さんになってからの初めてのお弁当も嬉しそうに食べていた子ども達。幼稚園にはない春の自然物に触れたり、自分でとれたことに喜びを感じたりし、満足感を味わえたのではないかと思います!

 

 

 

 

 

 

 

お風呂屋さんに行こうを踊ったよ!

 クラスで『お風呂屋さんに行こう!』を踊ったり手遊びをしたりすることを楽しんでいます。

曲の中で「行こう!」「1,2,3じゃぷーん!」と動きを合わせたり、お風呂に入る真似をしたり

することが大好きな子ども達。

 

 

曲が流れると隣にいるお友達と顔を見合わせながら笑い合ったり、背中を洗う場面では

お友達の背中を洗ってあげたりする様子が見られ、微笑ましかったです!

 

新しいクラスのお友達との距離もなんだか近づいたように感じます!

引き続き、集まりなどで楽しんでいきたいと思います。

 

 

春休み特集⑧~保護者アンケートから~

 春休みも後半です。今日は年中保護者アンケートです。

 

 年中の2学期も終わりに近づき、半日保育の期間、お預かりを利用した時にエピソードです。

 家に帰ってくるなり息子が「明日から自分でお着替えしたり、おもちゃの片付けするよ!習い事の練習も頑張る!だってカッコいい年長さんになれないから…」と言い出しました。幼稚園で先生にご指導いただいたのかなと思っていましたが、「えらいね~誰かに言われたの?」と聞いても「ないしょ!」の一点張り。でも宣言通り自分のことを自分でするようになったりお片付けをするようになったり…。明らかに自主的に動くことが多くなりました。しばらくして息子から…「何でカッコいい年長さんになるって言ったか言う?」と。

 すると、お預かりの時、順番を守らずにずっとブランコで遊んでいた息子に名前もしらない年長さんが来て「そんなんじゃ、カッコいい年長さんになれないよ」と、ひと言言われたそうです。それが息子のハートにかなり刺さったようで憧れの年長さんのその一言で、まるで別人のように自分でやることが増えました。

 年長さんが息子の様子を見て感じ、一言アドバイスをくれた事へも大きな衝撃と感動を受けましたし、そのような良い刺激が常にある環境で園生活を送れていることに感謝でいっぱいです。なんせ親のいう事は全く聞きませんでしたから…。息子が感じ思うカッコいい年長さんになるために、今も本人なりに頑張っています。親としては、カッコいい年長さんになる過程を楽しみに温かく見守りたいと思います。

 一年間ありがとうございました。

春休み特集⑤~保護者アンケートから~

 春休み5日目です。今日は年中保護者アンケートです。

 

 年中になり、生活発表会を大きなホールのステージに上がって出来るという事で、娘は張り切っていました。劇の練習が始まると、毎日幼稚園に行くのが楽しみで仕方ない様子でした。自宅でも、ダンスや劇の練習をして、自信を持つことができたようです。迎えた本番では、たくさんのお客さんの前でも堂々と大きな声で役を演じたり、元気いっぱいに踊る姿に大きな成長を感じました。

 幼稚園に入る前は知らない人や場所をとても怖がるところがあり、家族で心配していたのですが、生活発表会での様子を見て、たくさん成長してくれたことを実感し、先生方、そして、お友達に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 4月からは、いよいよ年長さんへの進級となり、本人もとても楽しみにしています。これからも、幼稚園でたくさんの楽しい思い出を作って欲しいと思っています。

春休み特集➁~保護者アンケートから~

 春休み2日目の今日は年中保護者のアンケートです。

 

 年少の終わりを迎える頃『ずっと年少のままが良い』とこぼしていた娘も、年中にあがり2ヶ月も経つと『年中楽しい』と笑顔をみせ、年長さんからの引き継ぎを終えた今では『年長の仕事も思ったより楽しい』と思わず笑いたくなるような頼もしい言葉を発するようになりました。

 大好きなペアのお姉さんに『包丁の使い方が上手だね』、バスコース毎のお集まりを知らせるベルを鳴らす時に『一番大きな声で言えてたね』と褒めて貰えたことが自信に繋がったようです。

 生活発表会では、舞台の上で堂々と劇や踊りを披露する姿に、恥ずかしい気持ちを抑えてクラスの仲間とこれまで頑張ってきた劇や楽しい踊りを踊りたい気持ちが全面に表れていて、一年の成長を感じました。

 これからの園生活で繰り広げられる先生方やお友達とのひとつひとつの関わり合いが、娘の更なる成長への後押しとなると確信できること、それは日々子供の気持ちに寄り添いながら支えて下さる先生方を信頼できることにほかなりません。

 年長生活が娘にとってかけがえのないものとなるよう願っております。