ブログ

カテゴリ:年中

おもしろプール遠足

今日は、年中さんと年長さん合同で、おもしろプール遠足に行きました!天候が不安定だったので、プールには入らず、虫捕りを中心に楽しんできました。

行きのバスでは、「虫捕りできるかな?」「いっぱい居るんでしょ!?カエル捕まえたい!」など、お天気を心配しつつも、楽しみにしていた子ども達。初等学部に着き、早速虫捕りに向かうと雨が降り出してしまいました。しばらく止みそうになかったので、講堂で遊ぶことに!年長さんも一緒だったので、ペアのお兄さんお姉さんに”じゃんけん列車”を教えてもらいました!

大好きなペアの年長さんと遊ぶことができて、どんどん笑顔と笑い声がいっぱいになりました!

お昼は、講堂にレジャーシートを敷いて食べました。「今日はサンドイッチ~!」「シート同じだね!」など、ピクニック気分を味わうことが出来たようです!

 

お昼後、雨が上がったのを見計らって虫捕りにリベンジ!!「やったー!」と勢いよく、クジラ川やオアシスの方へ向かっていきました。カエルやバッタ、カタツムリ、ダンゴムシなど、色々な生き物達が草むらに隠れていて見つける度に「いた!」「見せて!」「○○見つけたよー!」と嬉しい声があちらこちらで聞こえてきました!

プールには入れなかったけれど、お友達と遊んで、虫を見つけて、大満足の子ども達でした!!

プレイランド

 

 年中では、先週からプレイランドという活動を行っています。保育者が設定した様々な遊びをクラスの友達と行い、先週は砂や絵の具など様々な感触を味わったり、形を変えたりし、楽しみました。

 そして、今日は先生たちが考えてきた遊びを、それぞれのクラスで行いました。

れんげ組は”玉入れ”、さくら組は牛乳パックで作った”フリスビー”、すみれ組は石鹸を使って”色付きあわあわ遊び”を行いました。

どのクラスの子どもたちも、お友達と笑い合いながらそれぞれ夢中に遊ぶ姿が見られました!「まだ遊びたかった...」「またやりたい!」という子どもの声が聞こえ、楽しかった気持ちが伝わってきました!

 

 また、今日の午後は、火曜日に行った小麦粉粘土遊びを「またやりたい!」という子どもの声から、再び遊びが始まりました。

火曜日に行った小麦粉粘土遊びでは、小麦粉に水を入れていき、こねたり、伸ばしたりしながら粘土を作り、様々な形に変え、楽しみました。

今日はその小麦粉粘土に絵の具で色を付け、粘土の中で様々な色が混ざっていく様子を楽しみました。自分で好きな色を選び、色を混ぜていく中で、「紫になった!」「オレンジになった!」と色の組み合わせを発見し、色の変化を楽しむ子どもたちの姿が見られました。

 

今日はいい天気!

昨日までの雨がすっかり上がり、今日は良いお天気になりましたね。園庭では、年長さんがリヤカーの運転練習が始まり、「あれ乗りたい!」と年中さんも興味津々でした。

雨の翌日ということもあり、たくさんのダンゴムシがかくれんぼしていたり、トンボやちょうちょうがふわーっと飛び回っていたり、生き物達もにぎやかでした。

なにをして遊ぼうかな~と園庭を歩いていると、、、

「この穴、なんだろう?」「知ってるよ!アリの家!」どれどれ…と覗きこむ子ども達。

また少し歩くと、、、そら豆のような丸いものが落ちていました。

「なんだこれ?」「知ってるよ!これカタツムリの固いとこだよ!」どれどれ…とのぞき込む子ども達。

 

子ども達の反応にくすっと笑ってしまいました!ちょっとした気づきが、思わぬ大発見に!ということがしばしば起きる毎日に嬉しく思います。

粘土遊び

 

  今日は年中になり、初めて粘土遊びをしました!年中になると一人1個の粘土を使えるようになり、自分がお姉さん、お兄さんになったことを実感し、満面の笑みで喜ぶ子ども達でした。

 遊び始めると、「粘土固ーい」「柔らかくなったよ!」などと感触を楽しむ姿や、「アイスクリーム屋さんですよー!」「こちらはパン屋さんですよー!」とイメージを膨らませて遊ぶ姿もありました。パン屋さんでは、型押しで様々な模様のパンを作り、「いろんなパンがありますよ!」とパンの紹介をしたり、「見せて!見せて!」と友達が作った粘土に興味を示し、子どもたち同士で盛り上がる姿が見られました。

これから、雨が増えてくる時期になるため、新しく使えるようになった粘土でお部屋の時間も楽しんでいきたいと思います!

もう、夏?

今日は、日差しがとても暑い一日ですね。「暑いねー!」「汗かいちゃったよー!」など、子ども達も何度も水筒のお茶を飲みに来ていました。

晴れていると、やっぱりみんな"お外に行きたい!"という気持ちに溢れています!砂場でチョコレート屋さんがオープンしていたり、花や葉っぱを色水にしようとしたり、のびのびと楽しんでいました。色水を作ろうと思って袋に水を入れると、「気持ちいい~」「冷たいね!」と感触や温度を味わっている姿もあり、面白かったです!

 

ダンゴムシ集めに夢中。。。!「あそこに居るんだよ!」「葉っぱと石でお家作ろう!」など、ダンゴムシのことをよく知っています!

 

「登れるよ~!」「俺も出来る!」と、得意気に見せてくれました。手と足の力が付いてきました!

卒園式ごっこ

 今日は卒園式ごっこでした。今年はクラス毎に行ったので、年少中さんは自分のペアがいるクラスに見に行きました。少し緊張した雰囲気の中、年長さんが証書をもらったり、歌を歌ったりしている所を見ている中で、お別れの日がすぐそこまで来ていることをより感じているような様子でした。年長さんにペアの名前を呼んでもらえるのも、明日で最後です!最後までペアとの関わりを見守っていきたいと思います。

  年中さんだけで飼育やパトロールを行うようになってから“もうすぐ自分達が年長さん!”という意識も強くなってきているようです。今日もパトロールの時の「お集りですよ!」の声が堂々としていて、とても頼もしく感じました!

年長さんへのプレゼント!

もうすぐ卒園する年長さんに、ありがとうの気持ちを伝えたい!と、『年長さんありがとう!お別れパーティー』を開くことになり、張り切っている子ども達です!

一緒にやりたい遊びや食べたい物を考えていく中で、「何かプレゼントしたい!」「年長さんのお顔作って渡したい!」とアイディアがあがり、紙粘土を使ってペアの年長さんの顔バッチを作ることになりました。

普段遊んでいる粘土とは違う、フワフワした感触を楽しみながら、「〇〇ちゃんは、ポニーテールだった!」「僕のペアはにこにこしてる顔にしたい!」と大好きなペアの顔をイメージして作っていく姿が見られました。

顔が完成した後は、「ピカピカにしよう!」と提案して筆でニスを塗ったり、年長さんに伝えたい言葉を考えて保育者にメッセージカードを書いてもらったりと、”大好き!””ありがとう!”の気持ちがたくさん詰まったプレゼントになりました!

渡すことを楽しみに感じている子や、年長さんが卒園してしまうことへの寂しさを感じている子など、色々な様子が見られていますが、年長さんと過ごせる時間を思いきり楽しんでいきたいと思います!

年中さんの好きな遊び!

晴れていて暖かい日が増え、子ども達も元気いっぱいに「外行ってくる!」「一緒に〇〇しよう!」と外へ向かう姿が多くなってきました。

最近は、縄跳びや大繩がお気に入りの子が多く、「ピョンピョン跳べるようになったから見てて!」「後ろ跳び頑張ってるんだー!」と跳んでいる所をお友達と見せ合ったり、「一緒に跳ぼうよ!せーの!」と同時にジャンプして笑い合ったりして遊びを楽しんでいます!

 

お部屋では、毛糸を使ってポンポンを作ってリュックに付けたり、タンバリン・鈴・カスタネット・トライアングルを音楽に合わせて鳴らすことを楽しんだりと、色々な遊びに夢中な子ども達です!

今日は、たくさんの色が入っているクレヨンやマーカーを使って自由画帳に自分の好きなキャラクターや仲の良いお友達、大好きなお家の人の絵を「お洋服は赤にしようかな~!」「その絵可愛いね!」と、お友達と一緒に盛り上がりながら楽しむ姿が見られ、微笑ましく思いました!

ひな人形を作ったよ!

3月3日のひな祭りが近くなってきたので、ホールにひな人形を出し、画用紙を使って「みんなもひな人形を作ってみよう」と提案しました。

「女の子が元気に大きくなれるようにお祈りする日で、ひな人形は悪いことから守ってくれるんだって!」とひな祭りについて話すと、「作りたい!」「守ってくれるんだ!すごい!」と子どもたちのワクワクした気持ちが伝わってきました。

マーカーを使い、お内裏様とお雛様の顔を描き始めると「髪の毛も少し変えた方が男の子と女の子ってわかるよね!」「ほっぺ描いて、にこにこしてる顔にしよう!」と、髪型や表情もイメージしたり、「可愛い顔だね!」「目が上手!」とお友達の描いた絵を見たりして楽しんでいました。

お内裏様とお雛様の着物は、様々な柄の中から子ども達が好きな柄を選んで折っていきました。柄を見た瞬間「いろんな柄があるー!!」「全部いいな~!決められないよ~!」と普段なかなか見ない柄にとても興味を持ち、魅力を感じていました!

完成したひな人形をお部屋の中に吊るしていくと「ひな人形たくさんになってるー!」「ひな祭り楽しみだな~!」とお友達と見合ったり、ひな祭りを楽しみにしたりする子ども達でした!

 

劇遊びを楽しんでいます!

 年中さんでは、発表会に向けて、より一層気持ちを高めながら劇遊びを行っています。「今日は劇出来るの?」「ステージでやりたい!」と毎日楽しみにしています。お部屋やステージで、お話の流れに沿って行ったり、生き物の一つ一つの動きを確かめ合ったりと、同じ劇をするお友達との一体感も増しているように感じています!

 発表会では、劇の他にも歌や踊りも行います。何度も繰り返し行っているうちに自信もついてきており、お客さんに自分達の姿を見てもらいことに対して、恥ずかしさの気持ちよりも嬉しい気持ちの方が大きくなってきたようです!