ブログ

カテゴリ:年中

お店屋さんの看板や壁を作ったよ!

お店屋さんの品物作りを毎日楽しんでいる子ども達です。たくさんの品物を見て「〇〇屋さんってことが分かるように、看板付けたい!」「隣のお店屋さんに行っちゃうかもしれないから、お部屋みたいにしたい!」「ガチャって開けるドアが欲しい!」と様々なアイディアが出てきました!

看板にはお店屋さんの名前や絵をマーカーやマッキーを使ってお友達と「アイスの絵描いたよ!お菓子屋さんってわかるかな~」「”ぺっとやさん”って描いたよ!」と楽しそうに描いている姿が見られました。

お店の壁には大きなダンボールを使い、子ども達に小さくちぎったガムテープを渡し、ダンボールと床に貼り止めていきました。「もっとたくさん貼らないと壁が壊れちゃう!」と、一生懸命ガムテープを貼っていく子ども達。壁が完成すると「お店みたいになってきたね!」「お客さん早く来てほしいな~!」と、よりお店屋さんの雰囲気に近づいたことをお友達と感じ、お客さんに来てもらうことを楽しみにする姿がありました。

 

お店屋さん、品物を作っています!

 年中さんではお店屋さんごっこの活動が始まりました。やりたいお店屋さんを子ども達が考え、集まりの中でまとめていき、各クラス、5~6個のお店屋さんをやることになりました。

 自分のお店屋さんが決定したら、グループ毎に品物をつくっています。前日に何を作るのか話し合い、画用紙や折り紙、作りたもののイメージに合わせて保育者が素材を用意し、作っていきます。

 「アイスクリームできた!」「今度は、お寿司のエビ作る!」とイメージを形にしていきます。「明日はタコ焼き作る!」「鉄板も必要!」とお店屋やさんオープンに向けて、グループのお友達と一緒に楽しんでいます。

 

10・11月生まれのお友達の誕生会をしたよ!

今日は、10・11月でお誕生日をむかえて5歳になったお友達の誕生会を行いました!

朝から「今日僕のママ来てくれるんだ~!」「かわいいお洋服着てきたよ!」と誕生会を楽しみにしていた様子の子ども達。

前日には誕生会で食べるクッキーをみんなで作りました。今までは生地を丸めてポンと平らにして作っていましたが、子ども達も回数を重ねてスムーズになってきたので、今回初めて型抜きを使って作りました!ハートや星、飛行機、人形、チューリップなど様々な形の型抜きがあり、子ども達も「わー!」「いろんな形がある!!」「次それ貸してー!」と型を見て驚いたり、グループのお友達と順番に使ったりしながらクッキー作りを楽しんでいました。

誕生会では来てくれたお母さん・お父さんにも食べてもらうことができて、嬉しそうな子ども達の笑顔が見られました!「この形わたしが作った!」「みんなで作ったから美味しいね!」と自分達で作ったクッキーを美味しそうに食べていました。

みんなで誕生日をお祝いする歌を歌ったり、先生達からのプレゼントや劇があったりと誕生会を楽しんだ子ども達です!

ポップコーンの種が届いたよ!

最近年中さんの間では不思議なことが起こっています。先日は、各クラスにビンに入ったキラキラとした砂のような物が届きました。それを各クラスで「大切にしよう!」と窓の近くに置いたり、「取られないように!」とさくらんぼの木に吊るしたりと大切にしていた子ども達。魔法使いが置いていったものなのでは・・・という声も上がっていました。

今日、登園してみるとビンが袋に変わっていて中には何か丸い物が入っていました!それを見つけると「袋になってるよ!」「何か入ってる!」「取りたい!」と興味津々な姿が見られました。

全員が登園後、3クラスで集まり、袋を開けて中に入っているものを見てみました。「トウモロコシの匂いがするよ!」「ポップコーンの種じゃない?」と見た目や匂いから予想していくうちに「なんポップコーンの種?」と疑問に思う子の姿も見られました。誰が置いたのか、どうしてポップコーンの種があるのか、子ども達と考えていくと「魔女だよ!」「プレゼントしてくれたのかも!」「ポップコーン美味しいから魔法使いがみんなにどうぞって置いていったんじゃない?」など”魔法使いがみんなにくれた”と考える子が多くいました。

届いたポップコーンの種は、ホットプレートでポップコーンを作って食べよう!と話し、明日みんなで食べることにしました!ポップコーンを食べて、運動会へのパワーにしたいと思います!

不思議な粉が届きました!

 朝、年中さんが登園し、クラスにやってくるとロッカーの位置が変わっていたり、カラー帽子が上に吊るされていたりとみんなびっくり!「泥棒が来たのかな?」「透明人間?」「魔女の仕業かも!」とイメージを膨らませながら、年長さんのお部屋も見に行き、「年中さんの部屋しか、こうなってない!」「いったいどういうこと!?」と大興奮!!さらに、吊るされたカラー帽子の横には瓶に入った謎の粉まで見つかりました!全員が登園したところで、各クラス毎に集まってみると、どのクラスも「瓶をとりたい!」「粉を近くで見たい!」と盛り上がり、実際に瓶を取って見て見ると、中にはキラキラと光る不思議な粉が!「これに触ると魔法が使えるようになるかも!」「どこかに隠した方がいいよ!」とクラス毎に隠し場所を決めて、保管することにしました。「なんか最近、不思議なことばかり起きるね!」「どうして!?」とさらに生活の中でのワクワク感が高まっているように感じています。

 

 運動会も近づき、年長さんが目標を決めて固定遊具挑戦している姿などに刺激を受けて、年中さんでも鉄棒や、うんてい、ロープ登りなどに興味を持つ子が増えました。「うんてい、最後まで出来るようになったよ!」「先生!見ててね!」とできるようになったことを、嬉しそうに教えてくれます!

運動遊具やグループのお友達と遊んだよ!

最近は、デッキに設定された様々な運動遊具での遊びを楽しんでいる子ども達です!前転をするためのマット、巧技台、鉄棒、2段と3段にそれぞれ重ねたゲームBOX、クライミング、畳越え、脚立を2つ並べその間に板を通し渡って最後にジャンプをするはしごジャンプ、脚立を変形させたはしご渡り、トランポリンなど、毎日違った遊具を用意しました。

保育者が用意している様子を見て「何するの!?」「早くやりたい!」とワクワクした表情の子や、お友達が遊んでいる姿を見て「〇〇ちゃんすごーい!わたしもやりたい!」「楽しそう!」とはしゃぐ子の姿が見られました。

ゲームBOXジャンプでは、高い場所からジャンプすることに楽しさを感じている子が多く、「もう1回やる!!」と楽しそうに列に並ぶ姿が良く見られました。初めは「怖い~」と言っていた子も、保育者と手を繋いでジャンプするのを繰り返すうちに「1人でやってみる!」と勇気を出して1人でジャンプすることができました!

はしご渡りでは、体勢が不安定になりながらも手や足にしっかりと力を入れて進んでいく子ども達でした。下を見ると怖さを感じてしまい、途中で「落ちる~」と泣きそうになる子もいましたが、周りで見ていたお友達が「〇〇くん!がーんばれ!」「次はこっちの手をここに持って行くんだよ!」「大丈夫だよー!」と応援してくれたパワーをもらい、自分の力で上り下りすることができました。

 

また、新しく作った生活グループのお友達とのゲームも楽しんでいます!長い棒を持って走る台風の目、おみこしにバランスボールを乗せて落とさないようゴールを目指すバランスボール運び、2つに重ねたタイヤを引っ張るタイヤ引きなどを行いました。

バランスボール運びでは、グループのお友達と「僕ここ持つよ!」「今日〇〇君お休みだからこっち1人で持つね!」と話し合って持ったり、「せーの!!」と声を揃えておみこしを持ち上げたりと、協力し合う姿が見られました。ゆっくり慎重に歩いて進むグループもあれば、勢いよく走って進むグループもあり、グループの個性を感じました。バランスボールが落ちてしまった時には「わあー!!」「ボール待ってー!」と言いながら拾い、ゴールできた子ども達でした。

 

 

 

 

 

今日は誕生会でした!

 今日は、8月9月生まれのお友達の誕生会でした!年中さんでは、お友達から“5才だイエーイ!”“虫の声”の歌のプレゼントをしたり、先生達の劇を見たりと楽しみました!最後は、前日に自分達で丸い形を作ったクッキーを、「乗せたイチゴジャムが宝石みたい!」「甘くておいしい!」ととびきりの笑顔で食べていました。

 年中さんでは、好きな遊びで、朝顔やオシロイ花の色水遊びが大人気です。「色がついてきた!」「紫かな?何色に見える?」とお友達と見せ合いながらじっくりとお花から色を出しています。

 

夏休み特集⑲

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

年少さんの頃は私に促されてやっていたことを、自ら進んで行う姿が沢山見られるようになり、嬉しく思っています。(お手洗い、歯磨き、着替えなど)

 父母の日のプレゼントを園で作ってプレゼントしてくれた時には、「大好きって言わなくても大好きって伝わる?」と目を輝かせて言ってくれ、気持ちを込めて作ってくれたのだと感動しました。毎日園で工作活動をしていただいてるおかげで、物を作る喜び、楽しさを感じて、作ったものを嬉しそうに見せてくれるので、毎日鞄をあけるのがこちらも楽しみです。
 
 

夏休み特集⑰

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

年中になり、頭に描いている事が、実際に出来た!と喜んでいる回数が多くなりました。(工作、ブロック、服をたたむなどの生活のこと、お友達との関係など)

また、グループが始まったのは大きな出来事だったようで、グループ名を決める時の事と思うのですが「ママ知ってた?誰かが“ぶどう”って言ったら、“嫌だー”とか言っちゃいけないんだよ!」と話し、とても可愛らしかったです。チームワークの原石(?)を息子がつかんだ瞬間だったのかなと思いました。

年中になったら…と息子なりに思い描いた世界(年少さんのお世話をして、新しいお友達といっぱい遊ぶ!)があり、4月、5月は年少からのお友達とつるんでいるだけの状況に少しがっかりした様子もありました。でも、最近ではグループ活動もあり、一歩一歩世界を広げればいいという風に、地に足をつけている様子に変わってきていて、親も安心しています。

夏休み特集⑯

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年中さんです。

歌、踊り、いろんな遊び…

幼稚園で覚えた事を家でたくさんやっていて、とても感心することが多いです。

良い刺激を受けて、成長させてもらってるなぁ…と感じます。

年中さんになると、年長さんは年上、年少さんは年下になり、年少さんに対しては自然に“お姉さん”になっていけるような“ペア”の活動は本当に良いと思います!