ブログ

あおば台第二幼稚園ブログ

劇をやろう!

今日は、年中さんの所に園長先生が来てくれました。「なんで来たか分かるか?」と聞かれ、「もう一回始業式やるから?」「危ない所教えてくれるのかな?」など、始業式の印象が強い子ども達に思わず笑ってしまいました!

「今日は劇の話をしに来たぞ!」と教えてくれ、劇とはどのようなものなのか、絵本を読みながら、園長先生と一緒に言葉を言ったり、動いてみたりし、目を輝かせながら楽しんでいました!

 

「うんとこしょ、どっこいしょ!」「背中がかゆいよ~!」「こっけモーモー!」の声にどんどん力が込められていく様子に、ワクワク感が高まってきたことが伝わってきました。「おお~上手だな~!」とたくさん褒めてくれてもらい、やる気満々です!

 

その後、クラスに戻って何の劇を行うかみんなで相談してきめました。これからどんな表現や言葉が出てくるのか、とても楽しみです!!

     

初等学部で劇を見たよ!

久しぶりに初等学部のお兄さん・お姉さんに会えることに朝からわくわくしていた年長さん!

「この前と同じお姉さんに会える?」「僕まだ名前覚えてるよ!〇〇くん!」「劇すごい楽しみになってきた!」など、楽しみにしている気持ちをたくさん話してくれました!

 

バスに乗って初等学部に着き、以前同じチームだったお兄さん・お姉さんが待っている姿を見つけると、笑顔で駆け寄っていた子ども達。1~3年生が劇の準備をしている間、4年生が「今日は何の劇をやるでしょうか!」とクイズを出してくれ、「青い鳥!」と元気に答えていました。『青い鳥を探そう』の劇が始まると、自分のチームのお兄さん・お姉さんを探したり、途中で出てくる歌や踊りを見たりなど、どの子も楽しんで見ている姿がありました。

 

給食を食べた後、劇で使った大道具や衣装を見せてもらうことができ、お兄さん・お姉さんがどのようなものがあるのか、どういう風に作ったのかなど教えてくれたり、衣装を着させてくれたりと大喜びだった子ども達。また、初等学部の広い校庭でもブランコや鉄棒・雲梯などの遊具やサッカーなど、思い切り身体を動かして遊ばせてもらい楽しい時間を過ごすことができました!

 会えるのは今日が最後。「楽しかったよ!」「ありがとう!」「また遊びたい!」と楽しかったことやありがとうの気持ちを伝え、「ばいばーい!!」とバスの中から元気に声を掛けて初等学部を出発しました。

 

幼稚園に着いてからも劇や遊んだことなど楽しかったことをたくさん話してくれ、お兄さん・お姉さんと楽しい時間を過ごすことができたことが伝わってきました。また、「僕たちの劇も〇〇作ってみようよ!」と自分達の劇に必要なものを考える子の姿もあり、刺激になっているのだなと感じました!

お弁当の絵を描きました!

 年少さんでは、いつも美味しく食べているお弁当の中身をイメージしながら、お弁当箱型の画用紙に絵を描きました。

「卵焼き、ウインナーも入ってたね!」「ブロッコリー!」「デザートも描いちゃおうっと。」と慣れ親しんだ具を想像しながら描いていた子ども達!最後は、お弁当箱の絵も好きなものを描きました。

 

 集まりで、お友達同士見せ合いっこをすると「これはおにぎりで、塩昆布も入ってるんだ!」「やきそばだよ!」と嬉しそうに伝え合っている姿微笑ましかったです。

福笑いでたくさん笑ったよ!

 

  今日も先週に引き続き、年中さんでも正月遊びを楽しみました!

 「こうやったら回った!」「ここを持つと良いよ!」と、どうやったらコマが長く回るのか、お友達と考えたり、教え合ったりする姿がありました!「やりたい!」「つくりたい!」と好奇心いっぱいの子ども達でした!

  福笑いでは、「どんな顔になるかな~?」とわくわくしていた子ども達。「これは目だよ!」「口だよ!」と顔のパーツをお友達に渡してあげたり、顔のパーツを手で触り、「ここらへんかな~?」と考えたりと、繰り返し楽しむ姿がありました!いざ、目隠しを外してみると、変な顔になっていたり、何かに似ているような顔になっていたりと、お友達と笑い合う子ども達でした!

 そして、今日はコラージュの提案をしました。コラージュは、広告や雑誌などの好きな所を切って、自由に組み合わせてたり、見立てたりして、画用紙に貼っていきます。そこにクレヨンでお店の形を描いたり、道路を描いたりと、イメージを膨らませ、楽しんでいきます!明日、さっそく切って描いて楽しむ予定です!どんなコラージュが出来上がるのか、とても楽しみです!!

 

お正月遊び

3学期が始まり、子ども達の声が園庭や園舎に響き渡りとても嬉しく思っています。

年少さんの子ども達も昨日は久しぶりの登園、今日は久しぶりの一日保育でしたが、

冬休みの楽しかったことをうれしそうに話してくれたり、

幼稚園に来ることを楽しみにしていた様ですぐに好きな遊びに向かう姿がありました。

 

お正月遊びを楽しんでいる子ども達です。

お部屋では牛乳パックでコマを作り回して楽しんだり、色画用紙でだるまを作ったりしました。

園庭ではビニール袋を使い、自分の凧を作って凧あげを楽しんでいました。

引き続きカルタや福笑いなどのお正月遊びも楽しんでいきたいと思います!!

始業日

明けましておめでとうございます。

三学期もいよいよスタート。

コロナ対策をしながら、みんなで元気に過ごせますよう祈るような日々のスタート。

早速お集まりの前にみんなで手洗いうがいです。

年少さんもとっても上手にできるようになっています。

それからホールに全園児が集まり、

園長先生から三学期の活動についてお話を聞きました。

年長さんが春には小学校に行くこと。

それまでに、年中さんにたくさんのことを教えて欲しいと頼まれました。

劇も楽しくやろう!と提案してもらい、

力がみなぎる表情があちらこちらに見られとっても嬉しくなりました。

全員で作り上げる幼稚園生活。

いきいきした表情がこれからたくさん見られます!!

冬休み特集⑥~保護者アンケートから~

 冬休み中は保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。

 冬休み最後の今日は年長です。

 

 年少や年中の頃は、行事への参加があまり積極的ではありませんでしたが、年長になると“クラスのみんなと力を合わせて行事を成功させたい”という気持ちが芽生えてきたように感じます。

 運動会の前に、「ママ、見ててね。○○組、絶対に勝つから!」と力強く言われた時は、別人かと思うほどの成長ぶりにビックリしました。

 マイペースな我が子に、ハラハラさせられ通しの幼稚園生活ですが、“強制的に頑張らせる”のではなく“本人、自らが頑張りたいと思えるよう、工夫しながら見守る”先生方のおかげで、子どもが自発的に変わっていく姿を見ることができたのだと思います。ありがとうございます。

 これからも“できなかったことができるようになる”“苦手なことを克服していく”姿を楽しく見守っていきたいと思います。

 

冬休み特集⑤~保護者アンケートから~

 あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。

 

 冬休み中は保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。

 2021年、第一回目の今日は年中です。

 

 2学期はグループ活動が始まり、同じグループのお友達と、とても仲良くなったことが印象的でした。今までは年少の時に同じクラスだった気の合うお友達とばかり遊んでいる感じだったのが、他のお友達にも目がいくようになり、お店屋さんごっこが始まると、家でも同じグループのお友達の名前がいっぱい出て、とても楽しんでいる様子が伝わってきました。

 

 保育参観では、お友達と元気に遊んでいる家では見せないような、また違った笑顔を見せてくれて、心から嬉しくなりました。

 年少の時は、バスに乗る前に「幼稚園行きたくない」と涙を見せた日もありましたが、今ではバスが来る時間が待ちきれないようで、「早く幼稚園行きたい!」に変わり、とても成長を感じています。

冬休み特集④~保護者アンケートから~

メリークリスマス!

今年度のブログは今日で最後です。皆さん素敵な年末をお過ごしください。

 

冬休み中は保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。

今日は年少さんです。

 

2学期を通して、バス停以外のクラスのお友達の名前がたくさん出るようになりました。

幼稚園で遊んだこと(ダンボールのおうちなど)を一生懸命説明しようとする姿に、とても成長を感じました。手遊びの歌やダンス、年中長さんの関わりも楽しいようで共感してほしい!!と言わんばかりに報告してくる姿を見ていると、園生活が充実していることを感じます。

 2学期後半は、自分の意見が通らなかったことや○○くんがこうした、あーしたなど、文句を言うこともありましたが、ぶつかることがあるほど、自分の意見を主張しあったり、お互い我慢せずに言いたいこと、やりたいことを出せたりしているのも、成長なんだろうなと受け止めています。

 何より、2学期最後の最後で、靴を泥んこに汚してきて、服も泥をつけて帰ってきて、やっと汚れることに抵抗なく遊んでくるようになったことに、とても嬉しくなりました。また1つ、好奇心の扉が開いたようでとても嬉しいです。

冬休み特集③~保護者アンケートから~

 冬休み中は保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。

 今日は年長さんです。

 

 運動会が、私はとても印象に残りました。

 年少さんの頃から憧れていたプレイバルーン。

 年少さんの運動会で初めて年長さんの演技を見た時に、2年後に娘にこれができるのか、少々疑っていました。曲が決まったり、振りが決まったりしてくると、家でもブランケットを引っ張り出して練習していて、「花火という技はみんなの息が合わないとボールが高く飛ばないんだよね。」「今回からの新しい技があるんだよ」とか、色々話してくれて、当日を楽しみにしていましたが、演技を見た時にみんな本当に楽しそうでたくさん練習した成果が出ていてとても感動しました。

 また年長さんの挑戦も、恐怖で跳び箱だけはできずにいましたが、お友達が次々跳べるようになり、自分も諦めずに挑戦してみたいと言い出し、家でもたくさん練習しました。娘が跳べたのは運動会の5日前。天気が悪く延期になりましたが、練習できる日が延びたとプラスに考え、当日は跳び箱6段を跳んでいました。この挑戦は娘にとって本当に自信になったと思います。

 3学期もたくさんのお友達と仲良く過ごしてもらいたいです。