ブログ

2017年8月の記事一覧

夏休み特集21

夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年長さんです。

年長になり、ペアや日頃の年長さんの仕事を通してとてもしっかりしてきたように感じます。
そ の中でも、特にお泊まり会に向けての準備期間の心の成長はそばでみていてビックリもしました。家に帰ってきてからも、「自分の事は自分でやる!」と言っ て、身の回りの事を進んで行ったり、お皿を洗う練習をしたい、ふとんを敷いて床で寝る練習をしたい、飯ごうでご飯を炊く練習をしたい(さすがに家ではでき ませんでしたが)と自分から言ってきたり。
先生達の動機づけが本当に上手で、親も見習わないといけないなと思います。
残りの園生活もしっかりと心と体で色々なことを感じながら過していってほしいです。

夏休み特集20

夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年中さんです。

今 年になって、空き箱製作にはまったようです。「今日も工作する!〇〇作る!」と宣言して園に行き、手提げ袋に入らないような大物を持ってよたよたとバスを 降りて来て満面の笑みで自慢します。大人の目からすると、「なにこれ・・・?」状態でよれたテープでベタベタ。壊れるべくして壊れるのに、そのくせ壊れれ ば半泣き。しかも置き場に困るという代物です。教室でもさぞかし邪魔だろうと思うのですが、毎日毎日作らせてもらって、それを先生がわざわざ大きな袋に入 れて下さって、バスの先生が「工作ちゃんと持った?」等と声を掛けて下さって大事に持ち帰らせて下さるのを見ていると、“子どもがしたいことを思い切り” という園の考えは単に行動の上のことではなく、その背景にある子どもの心を尊重して下さるということなんだなと思います。

周りの大人を 見、評価を考えて行動するというのが当たり前だった自分の幼稚園時代と比べますと、今子どもが「幼稚園楽しかった!」「先生おもしろいんだよ。優しいし、 大好き!・・・怒ると怖いけどねー」と笑いながら話すのを見ていてあおば台と先生方は彼にとって安心して自分を出せる空間なんだなと思います。
が、子どもが素を出せると言う事は、即ち先生方からすると大変なことも多いということでもあるかと・・・引き続きよろしくお願いいたします。

夕涼み会

今日は幼稚園の夕涼み会でした!
素敵な浴衣や甚平を着て久しぶりにクラスのお友達のお顔を見てにっこにこだった子ども達!

クラスでのお集まりを終え、お家の方と一緒に園庭へ出発!
「お店行こう!」「かき氷食べたい!」と、ウキウキした声がたくさん聞こえてきました!

お父さん達の”お楽しみ屋さん”、先生達の”どこにいくかな?コロコロゲーム屋さん”では、
うちわでおばけを倒したり、ボールを転がしたり大盛り上がり!
先生達が作った、手作りおもちゃが並んでいるお店屋さんでは、
「どれにしようかな~!」「これにする!」と大盛況でした!

その後の”のど自慢大会”では、年少さんから年長さんまでたくさんのお友達が参加してくれました!
たくさんのお客さんを前にドキドキしている子の様子もありましたが、みんなで声を揃えて歌ったり、
振付付きで歌ってくれたり・・・可愛い歌声にお客さん達もにこにこでした!

だんだんと日が落ち、暗くなってきた頃”影絵”も行いました。
影のクイズをしたり、『スイミー』のお話を見たり、
子ども達は影の遊びやお話の世界を楽しんでくれていたように思います!

すっかり暗くなり、今まで楽しんでいた”忍たま音頭”をみんなで踊りました!
今日は大好きなお父さんやお母さんに見てもらえたり、お祭りの雰囲気の中みんなで
『花火がドーン!』『そーれ!』と言い踊ることが出来て子ども達も大盛り上がりでした!

そして最後はお楽しみの”花火”の時間!
”パー―ン!”と上がるごとに「わぁ~!」と大きな歓声が!
幼稚園の花火の後に、OYAJIクラブさん達による毎年恒例の大きな噴き出し花火と
迫力満点のナイアガラの花火も見せてくれました!
夜空に上がるキラキラした花火がとても綺麗で花火越しに、にこにこ笑顔がたくさんみられました!

今年もたくさんの方々のご協力があり、楽しい夕涼み会となりましたね!
子ども達のキラキラした笑顔がたくさん見ることが出来、私達保育者もとても嬉しく思いました!
また始業日に元気な子ども達に会える事を楽しみにしています!

夏休み特集19

夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年長さんです。

リヤカー免許証を頂いた直後のエピソードです。
お 家で遊んでいる時に、その当時とても大切にしていたおもちゃ(ぬいぐるみ)をお友達に一晩貸してほしいと言われました。お気に入りのものだったので、お友 達のお家に持ち出されるのは不安なようでした。お友達はどうしても借りたい様子でしたが、本人はなかなか「いいよ」と言えず、悩んでいました。
い よいよお友達が家に帰らねばならない時間になった時。意を決したように「〇〇ちゃんに貸してあげる。リヤカー免許証もらって立派な年長さんになったか ら!」「一日位なら大丈夫、貸してあげるよ!」と発言。お友達のお母様も私(母)も感動!お友達は「ありがとう!」と嬉しそうに帰っていきました。
リヤカー免許証を得たことによる自信と自覚は想像を上回る程の強さであることを痛感しました。自信がつくことで更に他の事ができるようになるという成長を目の当たりにしました。

夏休み特集18

夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年少さんです。

どちらかと言うと人見知りでなかなか自分を出せない娘。入園前も仲良しの子とばっかり遊ぶ傾向にあったので初めての集団生活になじめるか不安を感じていました。
入 園したばかりの頃は、バス停が同じお友達とずっと遊んでいる様子でしたが、1カ月が経つ頃には複数のお友達の名前がでてくるように!!2ヵ月3カ月と月日 が経つにつれどんどん新しいお友達の名前が増えていき、一学期を終えようという今では、クラスの全員の名前を覚え遊んで楽しかった事やその日の出来事を楽 しそうに話してくれます。お陰さまで、母親である私もクラスメイトかのようにみんなの名前を覚えました!

また、ペアのお姉ちゃん達にとっても優しく遊んでもらい、幼稚園って楽しい!行きたい!という気持ちがどんどん芽生えていったように思います。たくさんのお友達に囲まれて生き生きと毎日登園する娘に大きな成長を感じずにはいられません。
あおば台の保育の素晴らしさに感謝の気持ちでいっぱいです!

夏休み特集17

夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年長さんです。

年長になってすぐはペアのお友達のお迎えのことと、パトロールやカメのサメくんの飼育で一生懸命でした。年長のお友達がお休みで自分のペアではないお友達のお迎えも「今日は9人もいたから大変だったよ~」と人数はかなり多めですが(笑)誇らしげに話してくれました。

お 泊まり会も「おばけ怖いからお泊まりするのいやだな~」なんてずっと言っていて「おばけなんてないさ~おばけなんてうそさ~」って家では歌っていたのです が、お泊まり会が終わると「またお泊まり会したーい!」「おばけ全然怖くなーい」って。お泊まり会をしてまた一つ成長した我が子の姿に嬉しくなりました。

夏休み特集16

夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年中さんです。

年少の一学期は病気にかかりやすく休むことも多かったのですが、年中になってからは身体も丈夫になり、元気に幼稚園に通う姿からも成長を感じることが出来ました。
保育参観では、子どもが自分の興味のある遊びに集中している姿がとても生き生きとしていて楽しい気持ちが伝わってきました。誰かに言われるでなく、自分から積極的に挑戦してみようという気持ちも育っているようで嬉しく思います。
最近は新しいお友達の出来、一緒に〇〇ごっこをして遊んだり、工作をして遊ぶのが楽しいようです。

毎日楽しく幼稚園に通ってくれる事が親としては一番嬉しい事だと思います。いつも子どもの成長を温かく見守って下さる先生方には本当に感謝しています。幼稚園生活ももうすぐ半分が終わってしまいますが、これからも親子で楽しく一緒に成長していけたらいいなと思います。

夏休み特集15

夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年長さんです。

年長になり自分が今まで上の学年の子にしてもらっていたペアを自分が一番上でやる事になりました。ペア決め、日々の触れ合い、リヤカー祭りと、まだまだつたなく最後まで寄り添ったりは難しかったりもするようですが、優しい他年齢の子との付き合いが根付いているようです。
保育参観(リヤカー祭り)では、お友達とその場で話し合いながら共同して作業したり、お店をしたりしている様子が頼もしかったです。年少、年中さんの小さい子達と比べ、ぐんと大人びて見えました。

お 泊まり会は導入からよく話を伝えてくれ、先生の話では不安な様子もあるとのことでしたが、当日に向けて気持ちをグイグイ高めているのが家でも表れていて、 何の心配もなかったです!家の壁に、お友達の名前を張り出したり、しおりを模したポスターまで作っていました!!終わった後は電池が切れたかのように シューーーーっとテンションが下がり、昼寝をしていた姿も印象深かったです。
今学期もわくわくの詰まった保育をありがとうございました。

夏休み特集14


夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年中さんです。

年 少の時はまだまだ遠い存在だった年長さん。リヤカーに乗せてもらったり、お泊まり会の話を聞いたり、グループでお当番をやっているうちに少しずつ年長さん の存在が近くなり、“年長さん〇〇やるんだって!”“年長さんは明日〇〇なんだって!”と、憧れを持って話すようになりました。と同時に次は自分なんだ! という気持ちも感じられ成長を感じました。
違うクラスやバスコースのお友達の名前を少しずつ聞くようになり、年少の頃より世界が広がって
いるのだなと嬉しく感じました。
毎日楽しく元気に登園できるのも、先生方の温かい目があってからだと思っています。ありがとうございます。

夏休み特集13

夏休み特集!
保護者から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年少さんです。

入園当初は、「幼稚園行かない。母さんとずっと一緒がいい」と言っていた息子ですが、優しい先生方や新しいお友達に囲まれ、楽しい毎日を過ごしていくうちに「母さんは、お家で待っててね」と言ってくれるようになりました。
以前は、歌は聴く方が主でしたが、今は毎日幼稚園から帰宅する度に幼稚園で歌った歌を聴かせてくれるようになりました。
寝る前に幼稚園であったことを沢山話してくれるのですが、話したいことがたくさんありすぎて寝かせてもらえないことも・・・。それだけ色々な経験をして来たんだなぁ~と感じつつ、親が先に寝てしまうこともありました。
すくすくも何度か利用させて頂きましたが、本人はとても楽しかったそうです。カレンダーが来ると、「全部行きたいから申し込んで!」と言われます。
この1学期だけでも親子共々色々な面で成長できたかなと思います。