ブログ

2018年3月の記事一覧

春休み特集6

春休み特集として、保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年中さんからの感想です!


生活発表会で園長先生のお話の締めくくりが、「私はあなたたちのお子さんが大好きです!」というお言葉だったことに衝撃を受けた私達夫婦です。
その園長先生の一言に、園長先生とあおば台幼稚園の核心がぎゅっと詰まっているようでした。
子供たち一人一人を、愛して下さっていること、人として大事に思い尊重して下さっていること、それが、あおば台を素晴らしい幼稚園にしている核心なんだと思います。
自分が子供を持ってみて、自分自身や世の中を見てみると、子供は本当に弱い立場であり、すぐに大人の思うままに虐げることができてしまう弱い存在だから、ずさんに扱われてしまいがちだなとわかるようになりました。
しかし、そういう存在である子供たちに対して、園長先生のように、幼い子供を貴く見て接したり、幼い子供に対して感謝したりすることができるというのは、普通のことではないと思います。だから、とても尊敬しています。
一方で、先生方は、その園長先生の次元高い精神や方針を、日々子供たちの中で過ごしながら実践していくのは、おそらく容易なことではないのではないかと推測しますがいかがでしょうか?(笑)実際子供たちに接すると、かわいらしいところばかりではないですし、手がかかりますので。先生方、本当に日々のご苦労に心から感謝致します。
是非、園長先生にはできる限り長く幼稚園に携わっていただきたいです。また、この素晴らしい幼稚園がずっと続いていけるように、園長先生の精神・思想を受け継いでいける方を育てていただきたいです。

春休み特集5

春休み特集として、保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年長さんからの感想です!

先日、立派な年長の上映会がありました。賞状をもらえた時はとても誇らしげに教えてくれました。

ただ、言葉がまだつたない息子。本当にお友達の良い所を園長先生に伝えることができただろうか…楽しみのような、ちょっと心配なような、そんな気持ちで上映会に行きました。

とても緊張している様子で直立不動でしたが、一生懸命伝えようとしている姿がありました。

子どもだけで、大人を説得する機会など、なかなかありません。ホッとしたような、照れ臭いような、嬉しいようなそんな顔を見ることができて、とても素敵な時間でした。

春休み特集4

春休み特集として、保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年少さんからの感想です!

あおば台での年少生活も早1年。控えめですぐ後ろに隠れてしまっていた娘が、大きく大きくこの1年で成長したように思います。

積極的に人の輪の中に入って行ったり、折り紙や工作の仕方を「ママこうやるんだよ」と教えてくれたり、文字も急に自分で書き始め、自分で声に出して絵本を読むのを楽しんだり目を見張る変化です。

この変化こそが、あおば台の園生活でお友達やペア、先生方との信頼関係や色々な活動からできた!という自信を得た結果なのだと思っています。

いつも子どもの気持ちや想いを大事に、あたたかく見守って下さる先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。これからどんな成長を遂げていくのか、年中でのさらなる飛躍が楽しみです。

春休み特集3

 春休み特集として、保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年長さんからの感想です!

年長の1年間は終わってみると本当にあっという間でした。

 進級に当たり、心配に思ったことがペアでした。年少さん2人と年中さん1人合計3人をお世話するなんて無理じゃないかなと正直思いました。息子は一人っ子なので、小さい子に馴れていません。弟妹のいるお友達のようにはうまくできないだろうと思っていました。

でもある時、先生から、「一生懸命年少さんの面倒を見ている。年少さんの後をついっていって、その子が遊んでいるのを我慢強くじっと待っていたり、その子が遊んでいたおもちゃを黙って片付けてあげていたりしている。」というお話を聞き、驚きました。「待つ」という行動に成長を感じ、息子なりに小さい子を見守ろう手助けしようとしているんだと嬉しく思いました。

「〇〇ちゃんがこんなことして、困っちゃうんだよ~」などと言いながらもいつも息子は嬉しそうで、ペアの子が本当にかわいい様子でした。妹や弟ができたように関わりを楽しんで、兄弟のいない息子にとってはよい経験をさせていただけました。いつもお世話をしてもらっていた自分が、小さい子のお世話をする!ということは、息子にとってとても誇らしいことで、年長としての自信がついたようでもありました。

ペアの制度はあおば独特のものだと思いますが、素晴らしい取り組みだと思います。

 

3年間を振り返ってみて、とにかく息子は幼稚園を満喫して、大満足のようです。先生大好き、お友達大好き、幼稚園大好き!と言ってくれて、親としては何よりです。子供が嬉しそうに楽しそうにしていてくれれば親はそれで充分幸せです。それもこれも先生方がいつも温かい眼で子供を見守り、温かい言葉をかけてくださったからにほかありません。

卒園を迎えて、幼稚園時代は息子の人生の中でもとても大切な時間だったと改めて思います。人としての土台のようなものができる時期に、心の底から楽しい!と思える時間を過ごせたことは、息子の人生にとってとても大きいものでした。

先生方、いつも全力でこどもに向き合ってくださって、愛情を注いでくださって本当にありがとうございました。息子を通して私ども親も幸せにしていただけたと心より感謝しております。

春休み特集2

春休み特集として、保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します!
今日は年中さんからの感想です!

三学期の活動は年長さんになる自覚が高まるものものだったと感じました。「年長さんお別れパーティー」は年少さんの時から一歩進んで自分達が年長さんのパーティーを行うという思いがひしひしと伝わり、家でも「お別れパーティーの名前、年長さん大好きありがとうパーティーにしようかなー」とか、「サンドウィッチとソーセージパン作るんだよ」などパーティーの段取りを考え楽しみにする様子がありました。

 また、パトロールや動物たちのお世話の引継ぎは「年長さんに教えてもらったよ!」と子ども達同士で教え合い、「僕は年長さんにほうき渡してもらった!」と式を行い自覚をさらに高める様子がありました。

 担任の先生には1年間本当に子ども達をよく見て頂いてありがとうございました。連絡帳のお手紙から子どもの良い所を見て伸ばして頂いている対応が伝わってきました。来年度も見守って頂けたら幸いです。