ブログ

2018年8月の記事一覧

夏休み特集㉒

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

入園当初から5月末までは、毎日登園を渋って泣いていましたが、今では毎日楽しそうに行っていて安心しています。

ペアのお姉さんが大好きなようで、朝バスに乗る時「今日は〇〇ちゃんの隣空いてるかなー」と言って乗っています。ペアバッチも大切にしていて、リュックを背負う時に「割れないように」とずっと握っています。

夏休み特集㉑

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年長さんです。

 最近、主張をするようになってきて、“大人しくついてくる○○君”から少し変わってきたと感じ、嬉しく思っています。

 

 息子には2学年上の兄がいるので、兄のすることを一緒にしたり、たまに親の私達も兄の動きに合わせて一緒にさせるようにしたりということが多く、“ついていく”という感じの子でした。

 

 でも、年長になってから、何か自信がついてきたり、発達してきたりしたせいか、主張が増え、兄とはまた違う個性がだんだん強く現れてくるようになりました。

 

 やはり、あおば台の保育が素晴らしく子どもの成長を促進させていってくださっているのだと感じます。

 担任の先生からお便りで細やかに様子を教えていただきありがたかったです。

 1人ひとりの個性をわかって温かく接して下さることに感謝しています!!

 

夏休み特集⑳

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は、年中さんです。

幼稚園でクワガタを見つけて持って帰ってきて飼っています。朝、「ねぇ、今日ようちえん?」と聞かれ、「そうだよ。」と答えると、「今日も頑張ってクワガタ探すぞ~!」と言い、まるでどこかの森に出かけるみたいだなと思いました(笑)帰りのバスから降りると、「パパにも早く報告しないといけない!」と興奮気味に嬉しそうに捕まえたノコギリクワガタを見せてくれました。幼稚園から何回も連れて帰ってきて、今は大勢でにぎやかに暮らしています。

家にいるカエルや魚の餌に幼稚園でカトンボやミミズを捕まえてきたり、大きな土蜘蛛を牛乳パックに入れて連れて帰ってきたり、可愛いきれいな緑色のカエルをペットボトルに入れてきたり、幼稚園でアリジゴクを作っていたウスバカゲロウの幼虫を捕まえてきたりと、自然豊かな幼稚園を存分に満喫しているのを日々感じています。幼稚園では、自然に囲まれてのびのびと過ごして欲しいという思いがあったのですが、想像していた以上に楽しんでいてあおば台第二幼稚園に通えて本当に良かったなと思っています。

お預かりも大好きで、「今日は、お預かりだよ。」と言うと「やった~!」と大喜びです。お預かりで色々作ったりするのが楽しいようです。迎えに行くと、お友達と「また明日ね~」と声をかけ合い、一つ上の年長さんのお友達には、「また、変な顔してね~」と別れの挨拶をしたりとお友達と仲良く楽しんでいるんだなと伝わってきました。

夏休み特集⑲

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

家庭でも自分のことは自分でやるということを大切にしてきましたが、幼稚園に入園してますます「やってみる!挑戦してみる!」と自分の力を信じてできる事が増えたように感じます。

入園までは同年齢の子との関わりがほとんど無かったため、友達ができて楽しい時間を共有できることがとても嬉しいようです。また、園での友達や先生方との関わりを家庭で話してくれたり、園での遊びの延長を家庭でもしたりすることで、親子のコミュニケーションも増えました。

季節移りかわりを外遊びを通して身をもって体験でき、幸せそうな笑顔を浮かべている姿をみると、環境を整えて下さり成長を見守り支えて下さっている先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

夕涼み会

夏休み中の子ども達。今日は久しぶりに幼稚園に集まって夕涼み会をしました!

昼間の暑さと変わって、夕方になると涼しい風が吹き始め、虫の声も聞こえる園庭に元気いっぱいに子ども達がやってきてくれました。

「先生!久しぶり!」「夏休み、おばあちゃんちに行ったよ!」」などと、夏休みの出来事を嬉しそうに話してくれる姿があり、とてもうれしく思いました。

夕涼み会がが始まり、おいしそうにOYAJI倶楽部さん達が作ってくれた焼きそばや、フランクフルト、かき氷を食べて大満足の笑顔があちこちに見られました!

先生達も手作りのおもちゃやを作りお店をオープン!自分の気に入るおもちゃをじっくり選び、嬉しそうに持ち帰り遊ぶ姿がありました。

もぐらたたきのゲームコーナーでも子ども達は大ハッスル!「それ!」「えい!!」「やぁー!」と出てくるモグラを一生懸命楽しくたたき大盛り上がりでした!

お父さんたちによるお楽しみ屋さん”黒ひげ危機一髪”では、樽に剣を指すたびに「いてて!」「ん~??まだとびでないぞー!」「ドカーーーーン!!」と、お父さんたちの名演技で子ども達も大喜びでした!!

そして、あおば台第二幼稚園、夕涼み会名物・のど自慢ごっこ!

子ども達の可愛らしい歌声に、お友達も、お家の方も先生達もニコニコ!温かな手拍子と雰囲気に包まれながら子ども達も幼稚園で楽しんでいる歌を思い切り楽しく歌ってくれました!

 

そして、だんだん暗くなってきたっところで、影絵が始まりました。

スクリーンに映る大きな手や人の影に初めはビックリの年少さんや、大笑いする年中長さん!

『ブレーメンの音楽隊』のお話に、みんな真剣に耳を傾けながら、きれいな影で演じられるお話に見入っている様子でした。

 

夕涼み会の最後は、みんなで花火を見ました!

ドカーン!パチパチ!!と花火が上がる度に、「おお!!」「きれーい!」「たーまやー!!」という声がたくさん聞こえてきました。

OYAJI倶楽部さんもまるで巨大な木の様な空に向かって火を噴く花火を見せてくれたり、ナイアガラの滝という大きな大きな滝のような花火を見せてくれ、今日一番の大拍手が起きました!!!!

 

今日は、天候の関係で残念ながら子ども達が大好きな忍たま音頭は踊れませんでしたが、子ども達はニコニコ笑顔で降園していってくれました。

久しぶりにあった子ども達、お家の人と一緒でとても楽しそうな笑顔を沢山見せてくれて嬉しかったよ!

あと少しの夏休みを思いきり楽しんで、また9月に幼稚園で会おうね!!

とても楽しい夕涼み会でした!

夏休み特集⑱

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年長さんです。

 

 1学期を振り返って1番印象に残っているのはお泊まり会です。それまでは不安な様子でしたが、園長先生や先生方からお泊まり会に向けてのお話があってから、とってもワクワクした表情で「楽しみー」と話すようになり大変驚きました。

 また、お泊まり会に向けてお友達と色々話し合って決めていったことも楽しそうに話してくれ、みんなと一緒にやることの楽しさをこれまで以上に感じていたように思い、大変嬉しく思いました。

 

 自分のことは自分でやるんだよ!と、お家での準備も一生懸命やっていて、大変成長を感じました。お泊まり会の後は、お家でも歯磨きや着替えなど自分で頑張る姿が見られ、お泊まり会で“自分でできた”という自信がついたのだと嬉しく思っています。

 

 そして、次の日にお迎えに行った時のやり切ったような表情を見て、また一つ成長したように思い大変嬉しく思いました。親としても子どもと1日離れて過ごし、子どもの大切さや愛おしさを改めて実感した1日でした。

 親子共々、貴重な1日を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

夏休み特集⑰

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は、年中さんです。

年中さんになり、幼稚園でできることや使えるものの種類が増えたことが嬉しかったようで、「今日は〇〇を使ったよ!」「明日は、〇〇をするんだよ!」など、毎日にこにこで教えてくれた一学期でした。今までできなかったことができるようになった経験は大きかったようで、「私は、今は〇〇ができないけど、年長さんになったらできるかも?」「年少さんも今はママと離れてさみしくて泣いちゃうけど、年中さんになれば泣かなくなるかも!」など、自分や相手に対して見通しを持った発言も増えました。

二学期からも園生活を先生や友だちと一緒に思い切り楽しみ、経験したことをきっかけにたくさん成長してほしいなと思います。

夏休み特集⑯

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年少さんです。

入園前は「ママ手伝って~」ばかりだった子どもが、一学期を終える頃には、着替え・トイレ・手洗い・お手伝いまで積極的に取り組めるようになり、とても驚いています。お友達と夏休み中にピクニックにいくお約束して帰ってきたりと、子どもだけの世界が広がっていることを実感しています。

園での遊びは本当にスケールが大きいので、親では体験させてあげられないような事をたくさんやらせて頂いているのを感じます。

2年保育にするか悩んだ時もありましたが、あおば台幼稚園の3年保育を選択してとてもよかったです。

夏休み特集⑮

 保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は年長さんです。

 

 憧れの年長さんになり、ペアの子の面倒や飼育係、パトロール、そしてリヤカー祭りなど、張り切って登園するようになりました。

 何といっても、1学期のメイン行事は“お泊まり会”でした。人気の飯盒係をできることになり、家では「はじめチョロチョロ・・・」を何度も口ずさみ、お米とぎの練習もしました。試し炊きでは「美味しかったんだよ~!!」と、興奮して私に報告してくれました。

 そして、当日は全然寂しがらず、ルンルンで登園することができました。それは、“お泊まり会”というイベントに向けて先生方が、子ども達1人ひとりに係を与え、食事のメニューを考えさせ、寝る場所も任せ、「自分のことは自分でする」という意識を明確にさせて子ども達のモチベーションをどんどん高めて下さった入念な下準備のおかげだと思っています。

 無事に2日間を終え、家に着いた息子は、急に駄々っ子になって甘えだしてきました。息子なりに楽しい中、気を張りながら生活していたんだなーと感じました。お泊まり会は1学期の中で1番に楽しい思い出だそうです。

  

 また、園の行事、プール開き、七夕、キャンプファイヤーなどで“神様”が登場することが興味深く、子ども達の情操教育につながっていると感じています。ありがとうございます。

夏休み特集⑭

保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。今日は、年中さんです。

年中さんになって毎日のようにティッシュなどの空き箱で作った作品を持ち帰ってくるようになり、「何を作ってきたの?」と聞くと、目を輝かせて「これはね〇〇っていってこういう仕組みなんだよ!」といっしょうけんめいうれしそうに説明してくれる姿がとても印象的で、家でも色々と工作をするようになり、遊びも身近なもので、自分で考えて工夫して色々遊ぶようになり、そんな姿にとても成長を感じています。

先日、息子に「何をしている時が1番楽しい!?」と聞いてみたところ、「〇〇先生と遊ぶことが楽しい!」という返事が返ってきました。お友達ではなく、先生の名前が出てきたところにそれだけ先生が色々と関わってくださり、“毎日楽しい!”と思える環境を作ってくださっているのだなととてもうれしくなりました。

また、息子が幼稚園の名簿を見ていて、ふと、「ぼくは、あおば台幼稚園の先生がみんな大好きなんだよな。」と言っていたことがあり、本当に息子に色々な先生が関わってくれて、いつも温かく見守ってくださっているのだなと感じ、うれしく“毎日、楽しい!”と思える楽しさを教えてくださり日々感謝しています。