ブログ

あおば台第二幼稚園ブログ

好きな遊びを楽しんでいるよ!

 今日はお天気も良く、暑かったですね。

子ども達は好きな遊びを見つけ、お友達とのびのび遊ぶことを楽しんでいます。

園庭では、鬼ごっこやかけっこ、運動遊具、色水遊びなども大人気です!

運動会に向けての活動が始まり、年中さんもうんていや鉄棒、ロープ登りで遊ぶ姿が見られています。

また、室内では積み木やお絵描き、粘土遊び、お店屋さんごっこなどを楽しんでいる子ども達。

積み木では、お友達と協力して長く繋げたり、高く積み上げたり、線路を作ったりする姿がありました。

「次はこうしよう!」「もっと高くしよう!」など夢中になって遊ぶ姿が見られ微笑ましいです。

今日も元気いっぱいたくさん遊んだね!

明日も元気いっぱい遊ぼうね!!

 

 

 

運動会ごっこをしたよ!

 今日は、年中長さんが運動会ごっこを行いました。朝から「楽しみ~!」「園長先生と年少さんも応援しに来てくれるんだよね!」とワクワクした様子の子ども達!

 年中さんは、今までデッキで楽しんできた運動遊具を初めて園庭に並べて行いました。網をくぐってから、鉄棒やゲームボックスジャンプ、1本橋、クライミングの好きなところを選んで進みました。最後の弓矢のコーナーでは、前日子ども達が色を塗った的に向かって行い、「カニ好きだからカニ狙う!」「ここを持つんだよね!」と真剣な表情で的を狙う様子も印象的でした!

 グループ競技では、網に見立てたフープにボールを乗せて落とさないように進みました。途中の障害物を乗り越える所が少し難しいですが、同じグループの子をよく見て待ってあげたり、素早くボールを拾ってくれたり、みんなで力を合わせてどのグループもゴールすることが出来ました!

 年長さんのプレイバルーンや挑戦、リレーにも釘付けで「ペアいた!」「がんばれ~!」と応援することを楽しんでいた年中さん!「年長さんになったら跳び箱やってみたいな!」「〇〇くん走るの速かった!」とたくさん刺激を受けているようでした!

 次はお家の人にもお客さんに来てもらうことを楽しみにしている子ども達!運動会での姿も楽しみです!



お散歩に行ったよ!

先日2回目のあぜ道の散歩へ行きました。子ども達も「何がいるかな?」「早く行きたいね!」とワクワクした表情で出発していきました。

道中にお花やトンボを見つけると「きれいなお花あったよ!」「トンボだ!何色メガネかなー?」とお友達と大盛り上がり!

あぜ道についてからは、用水路にザリガニの赤ちゃんやドジョウなどの生き物がたくさん!「捕まえよう!」「クラスの水槽に入れてあげよう!」とみんなで覗き込みながら楽しんだり、草花を摘んで「お土産にするんだ!」「ステッキ作った!」と遊んだりしました。

あっというまに帰る時間になると「もっと遊びたかった!」「お弁当食べたらまた行かない?」と名残惜しそうにする姿も…!思う存分楽しんだ子ども達はニコニコ笑顔でした。

また最近ハサミが使えるようになった子ども達です!「ちょきちょきだね!」「切ってテープでくっつけるの!」と紙や空き箱を自由に使い、切ったり貼ったりを楽しんでいます。「これ〇〇に見える!」と作ったものをイメージしたり、「ロボットにしてみたよ!ガシャーン!」と作ったもので遊んだりと製作することを楽しんでいます!

みんなで挑戦!

 雲梯や鉄棒・縄跳びなど「これできるよ!見て!」「今頑張ってるところ!」と

園庭に出て遊ぶことが増えた年長さん。

まだ難しいことにも、諦めずに挑戦する子ども達の姿から

できるようになりたい気持ちが伝わってきます!

 

 今日は年長さんで集まり、仲間にも挑戦する姿を見てもらいました。

自分の名前と挑戦することをマイクで宣言し、挑戦スタートです!

「〇〇くん頑張れー!」「あと2回できるよ!」と聞こえてくる応援の声が

パワーとなったようで、気合いの入った表情に変わる姿が印象的でした!

 

 また、これまでクラス毎に行っていたプレイバルーンも

初めて園庭で一緒に行いました。

年中少さんも見守ってくれる中、

「みんなでできて楽しかった!」「ボールが高く飛んだ!」と

やりきった気持ちでいっぱいでした!

20年前の卒園児保護者からの突然の電話と今日の子ども達

 20年ぶりに当時の保護者(お母さん)から連絡が!

内容は幼稚園で〇〇使いませんか?というお話でしたが、そこから、卒園したお子さんのお話になりました。

 

小中高と、様々な場面で「苦難を乗り越える場面」がありましたが、それはつくづくあおば台で培った力だと思いますと、お母さん。

 

こんなエピソードも・・・。

「娘が大学生の時、就職活動が大変でしたが、めげずにとことこん納得するまで頑張る姿を見て、まい進できる心の強さは、あおば台で培ったと強く思いました」

お母さんは、「親もぐっとこらえながら見守る心をあおば台で学びましたが、あの時あおば台に出会ていなかったら、娘は就職活動でうまくいかなくて家に閉じこもっていたかもしれない」と話してくれました。

 

またある日、弟がテレビでタイヤ取りの場面を見て、(あおば台では年長の運動会でタイヤ取りが恒例です)『僕もタイヤ取り、やったな。あの時は惨敗だったけど一生懸命やったよ。あの時は良かったな』

 

あおば台での生活が息子さんの心にしっかりと刻まれていることに驚きと嬉しさを感じて下さったのですね。また、こんなふうにわかりやすくお子さんの今までを伝えて下さることに感動しました。

 

初心者マークの親もあおば台で親にさせてもらいました!と話をして下さったのが強く印象に残りました。

 

       

(先生!すごい雨だね!!どしゃ降りだね!!)    (久しぶりに会った友達とおままごと楽しいね!)

グループゲームをしたよ!

 

 今週はお神輿やタイヤ引きなどのグループゲームを楽しみました!

 「こっち持って!」「せーの!」と声を掛け合ったり、顔を見合わせて笑ったりと、子ども達の様々な表情が見られました!「がんばーれ!がんばーれ!」とクラスの友達を応援したり、「みんなで力合わせよう!」という声が聞こえてきたりと、少しづつ友達の存在を感じている姿も見られました!

 これからも様々な運動遊具やグループゲームを通して、友達と一緒に身体を動かすことを引き続き楽しんでいきたいと思います!

 

初等学部に遊びに行ったよ!

年長さんは今日、初等学部に遊びに行き、小学生やあおば台幼稚園の年長さんと交流を楽しみました。

校庭で始めの集まりをしたあと、まずはクラス対抗綱引き対決です!

あおば台幼稚園の年長さん、そして最後には小学生全員と対戦をしました。クラスの仲間と力いっぱい綱を引っ張ったり、他のクラスを応援したり、楽しそうな子ども達でした。

お次はみんなでどろけいです。足の速い小学生のことも全力で追いかける姿がありました!

お弁当を校庭で食べ、他にも箱舟で坂道を下ったり、広い校庭でリレーをしたり、ブランコ、うんてい、ツリーハウスなど初等学部で遊ぶことを目一杯楽しんだ子ども達。

帰りのバスではウトウトする子もいるくらい、たくさん遊んで楽しい一日となったようです!

 

トンボのメガネを作ったよ!

秋の製作として、セロハンとセロハンテープを使い”トンボのメガネ作り”を行いました。

セロハンテープがだんだんと思い通りに使えるようになってきた子ども達。

「どうやって貼ったらいいだろう?」とそれぞれに考え作る姿がありました。

メガネが完成すると、「先生が黄色になってる!」「お空が赤いよ!」などと言いいつもと違う景色に大興奮の子ども達。♪トンボのメガネの歌を歌ったり、お友達と一緒に飛ばしてみたりして楽しむ姿も見られました。

また、「黄色と青でいたら緑になった!」と大発見を教えてくれた子どもの姿もありました。

これから、トンボだけでなく秋の虫達にもたくさん出会える事でしょう。秋の自然に目を向けていけるよう関わっていきたいです。

上高津貝塚に行ってきたよ!

まだまだ蒸し暑い日が続いていますね。

今日は、幼稚園の近くにある上高津貝塚に行き、貝塚や昔の人の暮らしを見たり触れたりすることを楽しんできました!

初めに中の資料館を見学しました。昔、霞ヶ浦近くで採れた貝殻などを見ると、「すごい!」「小さいの幼稚園の砂場にもあるよね!」と話していた子ども達!

また、外では昔のお家の中に実際に入ると、「暗い!」「昔の人はこんなお家に住んでたの?」と昔の暮らしを実際に体験しました。貝塚を見ると「貝めっちゃある!!」「昔の人はこんなに貝を食べたの!?」と貝がたくさんあることに驚いていた子ども達です。

その後広い芝生でみんなで尾お弁当を食べ、虫や木の実採りなどを楽しみました!

 

帰ってくると、「幼稚園も海だったのかな?」「貝殻あるかな?」など様々なイメージを膨らませていました!

昔のいろいろなことを知ることが出来て楽しかったね!!

 

 

 

プレイバルーン

 運動会の活動も少しずつ本格化してきました。

 楽しみにしていたプレイバルーンが出来ることを伝えて、昨年までの曲に合わせて動かして楽しみました。

  

 今日は、今年の曲を子ども達に聞いてもらいました。

 「なんだか、プレイバルーンやりたくなってきた!」

 「楽しみ!」

 と、ウキウキした様子。

 

 明日から、新しい曲で動かしてみたいと思います。

巧技台で遊んだよ!

 今週は、デッキに平均台やゲームボックスジャンプ、トンネルなど様々な運動遊具を設定しています。

 今日は、巧技台のうんていと一本橋を準備していると、「やりたい!」とすぐに興味をもって取り組む子の姿がありました。園庭にあるうんていより少し高さが低いこともあり、やってみようとする子の姿が多くありました!お猿さんになりきってぶら下がる子、上に登ってはしごのように進む子など様々な技で進むことを楽しんでいました!

 一本橋では、平らな面と丸みのある棒があり、バランスを取りながら渡っていた子ども達!両端からスタートし、ぶつかったところでドンジャンケンすることも盛り上がっていました!

 少しドキドキすことにも友達に刺激を受けてチャレンジする子や、友達を応援する姿も見られ、仲間関係が深まってきたことを感じます。また、興味をもった年少さんや年長さんも遊びに来てくれ、教えたり手を貸したりするする姿もあり、交流が微笑ましかったです!

 

今日はお誕生日会がありました!

 今日はお誕生日会でした!

朝、登園すると誕生会にむけて飾り付けをされたお部屋を見て、「今日は誕生会だね!」「早くやりた~い!」「楽しみだな!」とより一層ウキウキワクワクし誕生会が始まるのが楽しみで仕方ない様子でした!

 誕生会ではみんなで「おめでとう!」とお祝いしたり、歌を歌ったり、先生のお楽しみの出し物をみたりして、終始ニコニコ笑顔の子ども達!お誕生日のお友達は、お家の人の膝の上に座り、ほっこりした温かい表情が印象的でした。

 帰りのお集りには、おやつにおせんべいを食べ、「今日楽しかったね!」「また誕生会したいね!」と次の誕生会を楽しみにしている子の姿もありました。

 またみんなと楽しい時間を過ごしていきたいなと思います!

  

ふくちゃん大好き!

今日も蒸し暑い一日でしたね!

プールが大好きな子どもたちは今日もプールに入れると知り、大喜び!

お友だちと大はしゃぎしていた子どもたちでした!

 

園庭ではやぎのふくちゃんの周りにみんな集まっていました。

「ふくちゃん、いっぱい食べてるねー」

「なんか大きくなってきた気がする!」

「そっちにいったら危ないよー!」

もうすぐ5か月になるふくちゃん!

みんなに可愛がれ、すくすくと大きくなっています!

 

午後、年少さんと年長さんが座り込み、丸くなって何かを探していました。

「ほら!こんな石もあったー!」

「しましまもようみたい!」

「これは塩みたいな石ー!」

色々な形や模様の小石を探してはみんなで見せ合っていました!

私も一緒に探してみると、本当に色々な種類があり、びっくり!

子どもたちの発見に驚かされました!

 

明日は8月9月生まれのお友だちのお誕生会です。

お誕生日のお友だち、楽しみにしていてね!

 

いも畑の草取りをして遊んできたよ!

 5月に植えたさつまいもの畑に行き、草取りをしました!

久しぶりに畑を見て、「うわー!草がいっぱい!」「どれが芋の葉っぱ?」と驚いていましたが、

「お芋が大きくなるように!」「頑張って抜くぞー!」と気合いを入れる姿が見られました。

畝の間に入って小さい草を抜く子、畑の周りの長い草を集める子、細長く伸びた竹を引っ張る子などの

姿が見られ、ぐんぐんきれいになっていきました!

 「秋になったら掘れるかな?」「いっぱいできるといいなあ!」と

これからの生長を楽しみにしている年長さんです!

 

 草取りの後、初めてバトンを使ってリレーをしたり、竹藪の山の上から木の板を組み合わせて作った

”ノアの箱舟”に乗って滑ったり、虫捕りやお花摘みをしたりと、それぞれ好きな遊びをお友達と

楽しんだ1日になりました!

 

やりたい気持ち!

今週も始まりましたー!!

今日は朝からお天気が良かったので、外へ元気に飛び出していく子ども達の姿が♪

 

年少さんも自分のやりたい遊びを見つけて

「うんていやりたい!」

「先生!ブランコ乗ろうよ~!」

と伝えてくれたり、

「お砂場で遊ぼう!」とお友達と一緒に一目散に駆けて行ったりする様子が見られました。

 

1学期後半からうんていや鉄棒などの固定遊具にも目が向き始めた年少さん。

「うんていやるから見ててね!」とぶらぶらするところを見せてくれたり、頑張って手を伸ばし、一本一本進んでいく子も!

スイスイ進んでいく年中さんや年長さんの姿が刺激になっているようです。

鉄棒もビールケースの台を使ってピョンとジャンプ!

体を手で支えてあげると前回りもできちゃいます!

初めはみんな頭が下になるのが怖いんですよね。

でも1回できると何回もやりたくなるようで、繰り返しチャレンジする姿がありました。

そのうちに

「もう1人でできるよ!」

「もうお手伝いしなくていいよ!」

という声も。

少しハラハラしながらもすぐ近くで見守り、見せてもらうと

上手にクルン!!!

「ね!できたでしょ!」と自信満々の笑顔を見せてくれました!

 

ケガに気をつけながら子ども達の「やりたい!」という気持ちを大切にしていきたいと思います!

今日もいっぱい遊んだね!

今日は久しぶりの一日保育で、遊ぶ時間がたっぷりありました。

デッキやお部屋、園庭には子ども達の賑やかな声が響き渡っており、

どんな遊びをしているのかな?と、私もワクワクしてしまいました♪

 

あるお部屋の一角には、なんと!海ができていました!

まず魚作りから始まり、「釣り竿は?」「海は?」「どうやって作ろっか!」と、

どんどん子ども達のアイディアが広がっていき、このような海が完成したようです。

 

 

完成した海には、他のクラスの子も集まってきて、

たくさんのお友達で盛り上がっていました。

本当に子ども達のアイディアには驚かされてばかりです!!

 

来週もどんな姿を見せてくれるか楽しみです!

また月曜日待ってるよ!!

 

 

2学期が始まりました!

長い夏休みも明け、いよいよ2学期が始まりました。

朝はあいにくの天気でしたが、元気いっぱい登園してきてくれる子ども達の笑顔で

パッと幼稚園も明るくなりました。

登園してくるとすぐに夏休みの思い出を伝えてきてくれた子ども達。

その表情から夏休みがどれだけ充実していたかが伝わってきました。

また、久しぶりにクラスのお友達に会い嬉しそうに一緒に遊びだす子ども達の姿もあり微笑ましく思いました。

 

始業式では、ホールに子ども達の元気な声が響き渡り、

これから始まる幼稚園生活にとてもワクワクした気持ちになりました。

2学期は運動会ややきいもパーティーなど、楽しいことが盛りだくさん!

日々の生活も一日一日を楽しんで行きたいと思います。

夏休み特集㉓~保護者アンケートから~

いよいよ夏休みも最終日となりました。明日からは2学期です。最終日は年長さんの保護者の方からのアンケートです!

 

 1学期を振り返ると、“憧れの年長さん”になったということで、今まで以上にとても充実した毎日を過ごしていました。自分達でパトロールが出来ることや、ペアバッチを作り、ペアの子ども達をお世話することで、年長としての責任感を強く持ち、それが自信にもつながっている様子でした。

 また、リヤカーの免許がとれたことがとても嬉しかったようで、誇らしげに免許証を見せてくれました。保育参観で活動の様子を見ることができた『リヤカー祭り』では、“今度は自分達が年下の子ども達を楽しませるぞ!”という頼もしい姿が見られ、入園してからの本人の成長を感じることができました。

 『お泊まり保育』では、親と離れて宿泊するのが、初めての経験となるため、初めはとても不安そうにしていました。しかし、作る料理の献立を考えたり、担当のグループを決めたり、材料の買い出しに出かけたりと、様々な活動を通して、次第に不安は小さくなり、当日が待ちきれない様子に変わっていました。そして当日はキャンプファイヤーに肝試し、花火など本当にたくさんの楽しい思い出ができた様子でした。「お泊まりできた!」という自信と、仲間で協力して活動することの楽しさを実感できたようです。

 2学期も運動会など、様々な活動を通して、“憧れの年長さん”として成長した姿を見せてくれることを、とても楽しみにしています。

 

夏休み特集㉒~保護者アンケート~

 

夏休み中は保護者の方から頂いたアンケートをご紹介します。

今日は年中さんです。


   お友達の名前をたくさん出すようになり、幼稚園であったことを、すごく細かくお話してくれてます。幼稚園生活をすごく楽しんでいるようで、安心しました。

    グループのお仕事をするようになってから、家での簡単なお手伝いをするようになりました!

    少しずつ、文字に興味が出てきて平仮名の読み書きの勉強を自分からするようになりました!

    物を使って、いろいろな創作物を作るようになりました。そして、作った物を使って遊んでいます!

    妹に歌を教えています!その姿が微笑ましいです。「幼稚園で教えてもらったんだよ!!」と、ドヤ顔でやってます!

     

夏休み特集㉑〜保護者からのアンケート〜

 21日目は年少の保護者の方からのアンケートです!

 怪我や病気もなく、楽しそうに通ってくれてありがたいです。息子は小さい頃、午前中にお昼寝をしてしまう子で、小さな子向けのイベントや子育てサークルなどにほとんど参加することが出来ませんでした。小さな子向けの行事はほとんどが午前中で、午後に何かあったとしても上の子が学校から帰ってきてしまうのであまり行けません。そうこうしているうちにコロナ禍で、同年代の子に接する機会がほとんどなくなってしまい、遊ぶのはいつも姉のお友達と外遊びばかりでした。3歳になってからは子育て支援センター等にも行きましたが、あまりお友達と関わろうとする姿は見られませんでした。家がとても近いお友達のことも「お姉ちゃんの友達と一緒に来る人」位の認識だったと思います。入院にあたってはそのことをとても心配していました。最初のうちは慣れないことも多く緊張する場面もあったと思います。ですが、日が経つにつれて同じクラスのお友達の名前が少しずつ出てくるようになり、何をして遊んだとかこんなお話をしたとか報告してくれるようになりました。私が「幼稚園どうだった?」と聞いても「内緒」としか言わず、本人が言うのを待つしかないのですが、自ら口にしてくる内容こそが本当に話したいということなのだろうと思っています。息子はもともとの生活パターンに起因するものもあって少し特殊ですが、今の子供たちにはコロナ禍に奪われてしまった体験や思い出がたくさんあるのだと思います。幼稚園で過ごすことで、お友達と過ごす日々の楽しさにたくさん触れて、日々を充実させていってくれたらと思います。