2019年6月の記事一覧

幼少交流

先日、初等学部のプライマリーとあおば台幼稚園・あおば台第2幼稚園の年長さんとのふれあい交流会がありました。

 

   

 

 ドキドキの自己紹介を経て、猛獣狩りやぞうきんがけゲームなどのレクリエーションを楽しんだ後、

ファミリアオリンピックで踊ったダンスを幼稚園生に披露してきました。

 

  

  

 

最初は緊張していたプライマリーでしたが、

さいごは

「名前を覚えてもらえた!」

「幼稚園生が笑顔でうれしくなった!」

「つぎも覚えてくれてたらいいなあ」

と満足そうな表情。

 

「次もたのしみ!」という声もありました。

次回、なかよくなったお友達に会えるのがとても楽しみだね!

 

 

 

 

継続は力なり

ほんじつは、あおばだい幼稚園の子たちが

初等・中等学部のオアシス(プール)に入りにきました。

 

きのうは外部講師(保護者の方)をお招きしました。

そこで今日も、「お・も・て・な・し」の心を行動に移そうということになり…

 

ジャジャ~ン♪

 

 

きょうはファミリアデー。

一時間目の授業をつかって、4・5年生で

がんばりました!!

 

「おもてなし」の継続(けいぞく)

 

 

まず「何をやるか」も大事だけれど、

それを続けることのほうが、じつは難しい。

 

 そして、続けることで 人はよりいっそう

成長する

 

だからこそ、チャレンジ!

 

 

「継続は力なり」

 

 

わたしが小学5年生のときに 同じく

担任の先生から教えてもらった言葉です。

 

 

立場を変えて、きみたちにおくろう。

キミも、いつかだれかにバトンを渡して

くれると信じて。

 

外部講師はお父さん?!

げんざい4年生の国語では、『調べたことを整理して書こう』という単元学習の中で 

「新聞づくり」をすすめています。

 

「地域のことをもっと知りたい(広めたい)」ということで、

『地域の警察署、消防署、病院について』まとめることを子どもたち同士の話し合いの中で

決めました。

 

 

そこで、今日は

病院でお勤めの方(お医者さん)のおはなしを聴くために、

保護者の方をお呼びしましたー!!

 

 

今回の子どもたちの目標は

「お・も・て・な・し」の心を行動に移すことと、

インタビューアーとして

「さいてい、一往復半のやりとり(受け答え)」が

できるように、と決めました。

 

 

 

質問にもていねいに答えてくださり、

(子どもたちにも分かるようにやさしく教えてくださり)、

 

 

 

興味ぶかいお話もたくさん聞かせていただいて、

子どもたちのねらいに気づいてくれて、たくさんほめてくれて^^

ほんとうに楽しくしあわせな時間でした。

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

…今日は なんだかちょっと緊張してたきみ、

「お父さんの白衣姿、はじめてみた!」

っ言ってたね♪

 

 本当にありがとうございました。

 

近所の梨園にお邪魔しました。

 

先週のファミリア活動で、

青葉台初等・中等学部のご近所にある

梨園にお邪魔しました。

 

梨農家さんのお仕事や梨のことについてたくさん学ばせていただきました。

 

その他にもお仕事の体験をさせていただき、

子どもたちもとってもたのしそうでした。

たくさんやらせてくださったので

「あ、ここの梨はいっぱいなっているからとらないと!」

「この梨は上向きだからとったほうがいいのかなー?」

と、だんだんどのなしがいいのかも分かってきていました。

 

お土産にもらった小さななしもとても大切そうにしていました。

また、今度お邪魔してなしの成長を見に行こうね!

 

ご協力いただきありがとうございました。

連歌作りからの青葉台総会

9年生は修学旅行です。

なので今日の青葉台総会は8年生が主体となって行いました。

普段は別の人が担当する仕事を代わりにこなすことは大変だったことでしょう。

でも総会後に言ってくれた一言は本当に嬉しかったです。

「9年生やいつもメモをとってくれている人は良くまとめることができるなぁ。僕ももっとうまくなりたいなぁ」

いや,君こそ良くそこに気づいてくれました。

自分が見えてなかった視点に見つけることができたんですね。すごい財産ですよ!

大事にして下さい。今日はお疲れ様でした。

 

ところで話が変わりますが今日は6,7年生の社会が合同になりまして,そこで百人一首と連歌作りをしました。連歌は室町時代に流行した上の句,下の句をどんどんつなげていくゲーム。

5人一組くらいになってつくってみました。お題は「夏」です。

「ごくごくと のどにながれる ラムネかな 」

          ↓

「あとにのこされ ころろ ビー玉」

          ↓

「ひまわり いっしょに のむのかな」

          ↓

「黄色の大地 なつの風ふく」

          ↓

「きもだめし 雰囲気だすよ 夏の風」

          ↓

「ふわりとそよぐ ご先祖の袖」

          ↓

「リンリンと 虫が奏でる 涼しかな」

          ↓

「あとすこしだけ つよがってみよう」

          ↓

「青い光が ふらついて なつをかんじる」

          ↓

「まだいるかんじ 先祖の気配」

 

・・おあとがよろしいようで。

 

それ以来、

先日、オアシス開きが行われました。

2度目がそろそろです。

きょうはプライマリーステージの学級が使用しましたが、

明日は4・5年生が四時間目に、

6・7年生が五時間目に。

 (オアシス使用の際には、その日に水温・水質検査を行い、衛生的に管理するために水の入れ替えと塩素消毒を行っています)

 

せっかく保護者のみなさまに掃除していただいたので、

ことしはくじら川でのボートも使用しています。

 

また、6月の上旬に行われたファミリアオリンピックの練習の振り替えも

今週は行っていますので、時間割の変更にもご注意ください。

 

プライマリー読み聞かせ

今日は、今年度最初のよみきかせがありました。

 

手遊びから始まって、

タイトルも内容も、笑ってしまうような、ちょっとこわいような…

ふしぎでついつい夢中になってしまう絵本を読んでくださりました。

 

また、カマキリの誕生を絵本にした作品もよんでくださり、

先日カマキリの誕生を見た3年生はとても興味深そうに聞いていました。

 

読み聞かせをしてくださった保護者のみなさま、今日はありがとうございました。

 

挑戦の結果

 

第一回の模試が先日返却されました。

 

目標の点数が取れて喜んでいる子。

目標には届かなかったけれど、確実に成長を感じている子。

目標に手が届かず、ショックを受けている子。

 

それぞれの結果はバラバラで、受け止め方も人それぞれ。

 

 

でも、みんなに共通しているものがありました。

 

 

それは…

 

 

『次もまた、頑張ろう!』

 

 

すでに、次回に向けた準備が始まっています。

オアシス開き

絶好のオアシスクジラ川開きになりました。

今週は雨も多く,大丈夫かなと一瞬心配しましたが,今日は気温がうなぎのぼりに高くなり,

暑い一日となりました。

 

水の神様に安全祈願を行ってはじまった水遊び。皆とても涼しそうです。

          

          

でも,皆のその笑顔をみるためにお父さんやお母さんをはじめ,いろんな人が協力してくださったことを忘れてはいけません。

         

        

青葉台の夏が始まりました。今年も良い思い出がいっぱいできますように。

                                           

 

2つの心

今日の道徳の時間は、”いじめ”に関する「2つの心」について問われる内容でした。

 

クラスで、いいなりになってしまっているAさんについて

①心配する心

②助けてあげる一歩を踏み出せないでいるもどかしい心

 

友達にひどいことを言ったりやったりしている子を無視してしまうことについて

①相手が悪いんだと思う心

②相手が悪くても無視をしてしまうことは良くなかったと後悔する心

 

自分や友達に問題が起きた時には、「そのままにしない」こと。

また、

問題が起きたら、落ち着いて「正しく」解決しようとすること。

を”今日、気が付きたいこと”として学びました。

 

「Aさんは、悪くないと思う。」

「早くに相談出来たこともあったと思う。」

”気が付くこと”を大切に、道徳の授業を行っています。