2018年7月の記事一覧

見本(青葉台)

6年生の女の子の漢字ノートです。

 

 

間違いやすいところには、「気」のマーク。

 

 

練習でできなかったものには、「注」のマーク。

 

 

ともだちに学習の仕方を聞いたり

お家の方にも協力してもらったりしながら、

ひとつずつ、すこしずつ、積み重ねて、

 

 

今年に入って3冊目の、

そのノート全部が、

世界でひとつだけの、きみにとっての 宝モノなんだよ。

 

 

 

苦手だったものから、不安をとりのぞくことができたなら、

きっとそれは、得意なことや好きなことになっていって、

 

 

がんばるその姿は、「おうえんしてもらえる人」への第一歩。

完璧じゃなくてもいい。そうじゃなくて、、

 

 

 これからも、

礼儀正しく、しんせつに、精いっぱいにチャレンジして、

だれからも、応援されるひとを 目指してください

 

 

イェイ♪

 

 

選択授業「ミシンマスター」(9年生)

選択授業「ミシンマスター」では、

まず、部品チェックや糸通しや糸調子などセッティングについて学んでいます。

 

部品やセッティングを知っていく中で、ミシンの調子を整えたり

故障の原因をさぐったりしながら、機械を上手に動かすこともできてくるでしょう。

 

ミシンを使う「ミシンマスター」を選択した子どもたちの中には、

2年生・3年生・4年生もいます。

5年生以上の上級学年とペアを組み、2人で1台のミシンを使っていますよ^^

 

さて、ミシンマスターの授業に関するエピソードを2つ紹介します。

 

【エピソード①】

9年生が、授業開始と共にある提案をしてくれました。

「先生、今日、自分のペアのAくん(2年生)がお休みだし、

Bくん(2年生)もペアの人がお休みで1人みたいだから、一緒にやっていいですか?」

 

【エピソード②】

9年生の日誌にこんな感想が書いてありました。

「〇〇くん(ペアの2年生)の布の切り方がすごかったから、次回の授業で切り方を

教えてあげたいと思いました。」

 

 

 

2つのエピソードをへて、どんな気持ちになりましたか??

 

本人達にとっては、何気ない1つの心遣いかもしれませんが、

私は、感動しました。

そういう想いになるんだ!!!そして、そう(行動)してあげられるんだ!!!

姿を見ていても、考えを聞いても、想いを感じても、共に生活している中で

グッとくるくらい、子どもの素敵な心を感じる事があります。

それは、とてもとても嬉しいこと。

冷たい言葉や心無い行動を見ると、怒りではなく、悲しさを感じます。

優しい言葉やあたたかさを感じた時には、嬉しく感じるのです。

 

 

ミシンマスターにはたくさんの学年が参加しているし、たくさんのいい出来事が

もっともっと起きていますが・・・9年生のことばかり紹介してしまいましたッ(ノ。‐ -)ノ笑

 

皆さんも、このエピソードから子どもの素晴らしい心遣いを感じ、

一緒に嬉しい気持ちになっていただけたら・・・・・嬉しいです。笑

 

 

 

今日は、妹への誕生日プレゼントを完成させたい!

と中休みにミシンを使いにきた子もいました。

誕生日のお祝いは今日の夜なんだって☆

プレゼント、喜んでもらえたら嬉しいね!!☆

スポーツテスト(ミドルステージ)

 

夏本番のような暑い一週間がようやく終わりました。

こんな暑さのせいか、どこか疲れた表情を浮かべていた人もいたので、

明日からの連休でうまくリフレッシュしてきてね。

 

 

そんな中、今日の3時間目の後半には、5年生を対象にスポーツテストを行いました。

帽子をかぶり、日かげでの水分補給を挟みながら、50メートル走・ソフトボール投げ・立ち幅跳び・上体起こしにチャレンジ。

 

「やった! 一番だ!」

「前にやった時より記録が伸びているかな~?」

「これ苦手なんだよなぁ…」

 

それぞれの種目の結果に歓声を上げながら、時間ギリギリまで体を動かしました。

 

それでも、スポーツテストの種目はこれでようやく半分。

来週には残りの種目が待っています。

最後まで頑張ろう!

夏を満喫!(プライマリー)

 

今日はプライマリーのみんなでオアシスに入りました!

月曜日からずっと我慢していてくれたみんな。。。ありがとう!!

 

やっぱり、夏と言えばオアシス!!

いっぱいはしゃいで、楽しんで♪

おあしす・くじらの合い言葉を守って

みんなでなかよくあそべたね!

 

そして、今日は理事長先生からアイスをいただきました!

1ねんせいははじめて青葉台でアイスを食べたね♪

だいすきな8ねんせいのおんなのことも^^

 

暑い毎日ですが、その中で涼しさを感じるのっていいですよね。

明日からは3連休!

「あしたはうみにいくんだよ!」

「おりょうりつくるんだ!」

「じぶりびじゅつかんにいくのたのしみー!」

と自分の楽しみなことをたくさんお話ししてくれました!

3連休、健康や事故に十分に気をつけて。

火曜日に

「たのしかったよー!」ってまたみんなのお話聞けるのをたのしみにしているね^^

決断(7・8・9年生)

「その時歴史が動いた」という番組をご存知ですか?

今から12年ほど前にNHKで放送されていたものです。歴史好きな方は一度はご覧になったのではないでしょうか。

ちなみに私はこの番組の音楽が大好きです。

司会者の松平定知さんはよくこの番組の冒頭で「人間のドラマ、それが歴史だという人がいます。その人間ドラマの決定的瞬間、決断の時、決行の時、人は何を考え、どう動いたのか……」というセリフをおっしゃっていました。

 

まあ歴史番組ですから歴史の教科書に出てくるような大きな事件を取り上げていますけれど,ここで私たちの人生をさっと振り返ったとき,どんな決断をしてきたか思い出せますか?

欲しいおもちゃをどれか一つ選ぶとき,気になる友達に声をかけるか迷う時,最近だとベーゴマ再開という一つの決断をしたんじゃないでしょうか。

 

小さな決断かもしれませんが,その決断はこれまで自分が積み上げてきた経験からでてくるものです。そしてそれはいつか本当に大きな決断を出すときに自分自身の背中を大きく押してくれるものです。

 

私は歴史を例えに話すことが多いです。それは前にもお話しましたが私自身は「歴史」に背中を押されたことがあるからです。先人たちの生き方,行動いろいろです。

 次の決断はなんでしょうかね。

 

平成30年7月豪雨(Middle Stage)

 

早すぎた夏に、後ずさり願う私たち。

 

同じ日本にいるのに、他人事のように感じた自分がいました。

恥ずかしいです。七年前のあの夏を。あらためて思い起こしました。

 

本日のMeetingは、校長先生から「平成30年7月豪雨」のお話がありました。

児童・生徒たちは、西日本の人々のことを真剣に考えました。

“ なにができるの?” “なにを送ればいいの?”

(そう考えているみんな、そのままの心でいてほしいと思う。)

 

 

さんすうすごろくであそぼ!

今日の算数の時間は、3年生男子が一生懸命作った、算数すごろくをやりました!

サイコロを振って、出た目の数進み、止まったところに、算数の問題が書いてあるので

それを解くというルールです。

 

問題も、3年生で習った、3桁の足し算、引き算、2桁のかけ算と、わり算などをフル活用して

子供たちがオリジナルで作った問題です。

答えも、自分達できちんと書いてあります。

 

私はこれを見た時すごく感動したんですよね。

こんなに算数を楽しく勉強してくれるなんて。って。

 

それに私は何にも、手伝ってないんです。

でもこれだけのことを3人でやれたんだってことが

とにかく嬉しかったです。

 

始まってみると、子供達はコマに止まるたび、一斉に、筆算し始めました。

「うーんと…これはくり上がりがあるから…」

「これで合ってるかな??」

「これは5だよ~」

ワイワイ言いながら、とっても楽しそう。

コマがゴールすると、最後は男子から、メダルのプレゼント。

 

「はい、どうぞ。」

「ぼくがこの絵を描いたんだよ~」

 

そして、最後になぜかビリの先生にも、参加賞が(笑)

「先生には、これあげるね」なんて

優しい~

心がジーンとしました。

 

ありがとう^^

心からありがとう。

プレゼンテーション物語(7・8・9年生)

青葉タイムの時間をつかって、

7・8年生が「東京班別活動(遠足)」のプレゼンテーションをしました。

 

8年生(中学2年生)の『魅力的な提案をしよう』という国語科の

単元学習の一つです。

 

さいしょは8年生だけでやる予定だったのですが、せっかくだから

7年生と合同で行いたいという提案が子どもたちからあったんです。

 

 

発表し終わった後、ふりかえりの時間を設けました。

ある、ある。でるよね。

 

こーしておけば良かった

あーしたほうが良かった

 

って。

 

 

でもね、

 

きょうは今日で、

 

きみはきみのベストをつくしたんだ。

 

それはそれで、認めてあげなきゃ。

 

 

だめだったーってよりも、もっと前向きな後悔があるって、

私はそう信じてたりするから。 みんなもだから、

そんなふーに思えることも、 忘れないでね

 

 

あとでくやしい思いをすることは、けっこう多くの場面であって。

その後悔(こうかい)を、次への挑戦につなげてほしい!

 

だから、大事に育ててください。

その後悔(こうかい)。^^

 

 

それをなくした時が本当の、失敗なのかもしれないね

 

 

「後悔は、学びへの最大の動機となりうる。」

 

 

未来予知(よち)なんて、だれにもできなくて、

だからこそ、努力する余地(よち)と、その価値が

どんなときにも、ある気がします。

 

 

 

 

正直に告白すると、…じつはね、

 

わたしにも今日、後悔していることが一つあって…。 

 

 

プレゼンテーションが終わった後、

 

「プレゼン、おつかれさまでした。そして、今日は○○さんのたんじょうびなんです! おめでとう!!」

 

って、みんなの前で伝えたかったんです。。

 

 

でも、時間にあわててて、その時その言葉が、でなかった…

 

 

…あとで、めぐみ先生に言ったらね、、明日になってでも言うといいですよ^^って。

でも、だから、ちょっとブログでもいいですか? 

 

 

青葉台にきて、きみのはじめてのお誕生日。

 

はっぴー、ばーすでー♪

 

 

今年もきっと、良いことが

きっと君にも、たくさんあるよ^^

 

 

 

 

Learn ? (ミドルステージ)

Hello!

How r u today ?

I miss my students go back their home...

 

さて、今日は住まいるさんが校外学習に行ってきました。

動いている魚を見ながらスケッチをしたり、たくさんのことを吸収できました!(夏希せんせいより)

 

実際に霞ケ浦で泳いでいる魚たち。

この学習がどのようにこれからつながっていくのかな?

霞ケ浦で行われる世界的な会議にもエントリーしているようです。

無事受かったら、たくさんの人にこの研究を知ってもらえるね!

 

photo by Natsuki.

 

初トマト!(2年生)

「トマトが赤くなってるよ!」

先日、2年生の野菜を収穫することができました。

最初の一粒を食べた感想は…

「あまい!」

 

帰りの会のしたくが早く終わったとき、

授業の準備が早くできたとき、

時間を見つけて

いつも見に行ってくれていたね。ありがとう!

 

2年生は畑仕事が大好き!

自分たちの畑だけじゃなくてプライマリーのさつまいも畑の草も

取ってくれました。

 

ダイコンやトウモロコシも大きくなって、きゅうりも花が咲いていました。

(次の収穫はきゅうりかな?)

 

また、みんなで見に行こうね!