青葉台初等・中等学部ブログ

たんぽぽのちえ(2年生)

「たんぽぽのちえ」
国語の教科書に載っているお話です。


説明文です!
たんぽぽについて説明しているお話なのですが、

「たんぽぽのちえは、このようなものをいいます!」

というように、注目するよう書かれていないんですよね。

「たんぽぽのちえ」はどこなのかを
読み解けるかどうかがミソなのです!


今日はみんなで、「知恵」がどこなのかを話し合いました。

書き出してみると、けっこうたくさん。
みんな驚いていたね!
でも、みんなのほうが知っていることもありました!
「たんぽぽは、ねっこがつよいんだよ!」
「しかも、ながい!」「ふとい!」

お、良く知っているね^^

たんぽぽのちえを知ったので、
実際にたんぽぽに会いに行きました!

「ほんとうだ!タネができるとちゅうのは、ねてる!」
「これはとじてるよ!もうすぐ雨がふるからかなあ?」

普段何気なく咲いているたんぽぽだけれど、
注目してみると、けっこう発見があったね!

ちなみに、
植物と人間のどちらがすごいか
みんなに聞いてみると、
「しょくぶつだとおもう!」
と言っていました。

誰の力も借りずに成長しているところが
すごいんですって。

深いところまで考えていますね。

田んぼや畑に休みはない(青葉ファーム)

今日はファミリアがない日なので、みんなで畑や田んぼの作業をすることはできませんでした。

けれど、畑や田んぼはみんなの時間ばかりを待ってはくれません。
明日からの雨予報、来月の代掻きや田植えに向けて、今日やってしまわなければいけない作業がありました。

「今からお手伝いに行こうと思っていたのに~!」

作業を終えて学校に戻った時にみんながくれたその言葉。
やる気に満ちていた表情と服装と合わせて、心のシャッターでしっかり記録しておきました。
(トラクターに乗ってさえいなければ本物の写真を取れたのに、残念です)

ファミリアの時間はがなくとも、みんなの中にもお休みの日はないんですね。
その気持ちを大切に、明日からのファミリアも頑張って行こう!

ボルダリングをしました(1ねんせい)

4月の1ねんせいはおにいさんおねえさんのせいかつに近づくことを目標にしています。

その1歩でもある「綱領」を今日からはじめました!
今日は住まいるのおにいさんにゲストティーチャーとして来てもらい
お手本を見せてもらいました。

すらすらと綱領を読む姿はとてもかっこよかったです!

1ねんせいもおにいさんみたいにかっこよくよめるようにれんしゅうがんばろうね^^

 

そして今日は1・2年生合同でボルダリングをしました。

2年生がていねいにやり方を教えてくれました。


さっそくチャレンジ!




みんなでルールやマナーを意識して楽しくボルダリングをすることができました。

今後も、1・2年生での合同授業も多く取り入れていく予定です。

 

住まいるのおにいさん、2年生、
やさしく教えてくれてありがとうございました!

Practice makes perfect.(アートクラブ)

Hello!
What's up!?

今日は基礎学習のお話をします。
この前の土曜日の授業参観で、私は3年生の英語を担当しました。
そのときのBINGOの景品を本日みんなにお渡しすることに。

3年生のみんなの写真が入ったbook marker(しおり)をプレゼントしました。
プライマリーの一番上の学年になって色々な力がついてきた3年生。

「Practice makes perfect.(継続は力なり)」
の格言もつけて。

英語を読んでほしい、漢字を読んでほしい
そういう思いは全く無く

その信念を持って
その言葉を信じて
自分を貫いていってほしいなって思っています。

プレゼントしてから
今日ずっと、1日帰るまで、
みんな胸ポケットにしまっていてくれました。

実は先生もお揃いのものを持っているのは内緒。

4年生がい数マスター(住まいる)

「がい数」「がい算」「四捨五入」
大人の皆さんにとっては、なつかしい響きの反面、
分数や図形などより、今も身近使用頻度が高いのではないでしょうか?
なぜでしょう?

4年生の上の教科書の最後の単元にあたる「およその数」ですが、
今年は4年算数の1番最初に扱いました。
身に付けると便利ですし、今後の単元にも大きく活かされるからです。
例えば面倒な計算問題が出ても、答えに見当をつけられます。
答えへのハードルがぐっと下がりますよね。

つまり、この単元は「数を扱う感覚を磨くことができる」のです。

はっきり答えをださないことが、
およその答えをだすことが、正解なこの単元。
算数の中でも珍しい単元です。

高木先生、宏光先生、ありがとうございました。(8年生)

13歳、14歳のお年頃の女の子たち。

行動や言動の中にも何やら感じるものがでてきました。

私もこんなことをしていた気がするなぁ。と思ったり、
私もこんなことを言っていたなぁ。と思い出すことがあります。

そして、それに加えて思い出されるのは、

その時、高木先生や宏光先生に言われた(言って頂いた)言葉や、
そして、父親や母親から言われた言葉でした。

高木先生と宏光先生は、中学高校時代から
私がお世話になり続けている恩師です。

私は、あの先生にこんな言葉をかけてもらっていたな。と思いだし
今、私は子どもにどんな言葉をかけれれるかなぁ。と考えるのです。

でも、こう考えているのは、自分が悩んでいる時です。
何と言えば良いかを探り、声をかけずにすぎてしまった事がありました。

直感的に、その場でかけてあげたい言葉はあったはずなのに。

私は、恩師や親にかけてもらったたくさんの言葉があります。
そして、それがなんとなく残っています。
先生やまわりにいる大人や親など、たくさんの人に言葉をかけて
もらえた私は幸せ者だったと思います。

子どもたちにも、そんな幸せな環境にいて欲しいですね。
迷って黙らずに、子どもたちにたくさん声をかけてあげよう!
そう思った日でした(^^)
お家の人も、ぜひ一緒によろしくお願いします。(^^)
子どもにたくさん言葉をかけてあげてください。^^

奏【かなで】のスパイラル(青葉ファーム)

先日はお忙しいなか、授業参観・クラス懇談会に
ご足労をいただきまして、誠に有り難うございます。

…ブログ、しばらく書かないつもりだったのですが、
皆さまの多大なる『投票』に感謝感激し、いま一度
ぽちぽち書いております^^
(浩平先生も、いつも有り難うございます。)

「終わり」を決めるのは、格好わるい。
言い訳みたい。
そして何より、思い立ったときに行動することが
“青葉っ子”の良さだと申しておりますゆえ。。

(では、つづきをどうぞ。)

…きのうまでとはちがうきみ。
こんな話に共感できる?

たとえば、そう。

何でもいい。なにかが すごく上手くいった時の、
その出来事を思い返してみてほしい。

すると、それは、

思いついてから 実行に移すまでが素早く、
まるで迷いがないとき…だったりしませんか? 

行動に移る その瞬間に、自分のなかの “じぶん”がささやく。

…ただ、その声は とても小さくて、、
じっと心を澄ましていないと、聞こえてこない。
ほらっ、まるで あの雪のフルートと同じで♪

いろんな音が 邪魔をする。

常識とか確率だとか、過去の失敗とか
未来の不安だとか、欲張りな気持ちとか、
経験の無さだとか、弱いじぶんとか…、
そんなものに消されてしまう。

それで…いいの?

  

ほんとに、いいの?

よくないよ。
よくなんか、全然ない。

きみはきみの答えの拠り所を、
じぶん以外のナニカに頼っていないか?
任せてないか? 誤魔化していないか?
どうせダメだと、
 決めつけて…しまってないか?

その思い込みが、一番の雑音。
“希望の連符”を止めてしまう。


好きと思いやりと、感謝の“和音”が
きみの未来を奏でるよ♪

すべては、いつだって
単純なんだ。

簡単で、純粋な想いさ。

好きなものは、キライになれない。

好きだから、夢中になるんだ!

夢中はすごく、心地よい。 いい匂い。

― でも、、夢からさめてしまったら?

…それを知りたいのは、“だれ”?

つまらないことを 訊(き)かないでよ。
そんなところで つまずかないよ。

「終わり」を決めるのは、格好わるい。
逃げてるみたい。
じぶんが、それを 望むかどうかさ。
だからもう、迷わない。 ただ刹那(せつな)に
赤い 糸を、つかむだけさ。

その糸が、現実と夢を紡(つむ)ぐ。
夢だったものを、現実に変えてくれる。

行動に移る その瞬間に、自分のなかの “じぶん”がささやく。


無意識の直感が、きみを充実と喜びへと導びくために、
ここ一番のチャンス到来を囁いているのかもしれない。

その声を、もっと信じてみませんか?
聞こえたら、すぐに行動に移してみませんか?

それがあなたの、きっと真実
なのだから。

ついに・・・!(アートクラブ)

Hello!
Today's school lunch is so good ,too!
今日も給食はおいしかった。

今日のアートクラブはついに「染め体験!」
自分の知っている染め方や、興味のある染め方をついに実践しました。

ワイン・マーブリング・藍染・チョーク・レモン・・・・
どれも熱中してやっていたね。

「すごーい!染まった」

「きたきたきたー!」
「きれいな色だね。」

「意外とすぐ染まった!」
「やっぱり濃い色は薄い色にまけるー!」


みんな本当に良い顔をしていました。
あっという間に報告会の時間になってしまいましたね。

今日の週番さんの日誌にも
「明日はファミリアないけど、明後日どんな風に仕上がるか楽しみです!」
みんなからのワクワク・ドキドキが感じられた日でした。

お買い物に行きました。(住まいる)

住まいるは今日、以前から計画していたお買い物に出かけました。

バスでわくわくの校外学習ですが、みんなは「紙」のことで頭がいっぱいです。

買い物リストを持って、それぞれ買うものを探したり、
わからないことがあったらお店の人にたずねたり、

お店をぐるぐるとまわって、
たくさんの「紙」情報を仕入れることができました。

目的もありながら、視野は広く、地に足のついた研究材料調達となりました。
いつもの折り紙や、段ボール、手回しシュレッターやガムテープが
住まいるのみんなには輝いて見えたことでしょう。


身近な「紙」が研究対象となることで、日常の視点にも変化がみられるのでは?

と感じました。
ジョイフル本田の店員さん、ご対応ありがとうございました。

遠くから(青葉ファーム)

今日はみゆき先生といっしょに『餅つき大会』の道具を幼稚園に
返しに行っていたので、先生はファミリアに出られませんでした。

思えば今日はみんなとは、朝ちょっとだけお話ができただけですね。

ただ、みづき先生から、みんなの様子を聞きましたよ!
すごく頑張ってたんだってね!

写真もみづき先生にもらいました。
でも写真がなくても、遠くからきみたちのことを
実は少し見てましたよ。

楽しそうに作業している姿、だから逆に声をかけづらかったんです。

もし今日、困っていることや迷っていることがあったら、
明日聞いてね。

でもきっとみんなのことだから、大丈夫だと信じていますよ。