初等学部の理事長で、幼稚園の園長でもある港先生の熱い想い

2017年4月の記事一覧

新入生歓迎餅つき大会

あまり派手さはないけれど、毎年のことながら新入生歓迎餅つき大会をしている。みんなが餅が好きと言うのもある。中学生の男の子がいるから、つき手はあまりある。しかも若くて力があるから、出来上がった餅はすべすべしていて見るからにおいしそうである。つき手も上手だし、愛の手を入れる子どもたちも上手だ。小学生全国餅つき大会なんていうのがあると、多分わが校は県で勝ち残り全国大会に出ても日本一がとれるのではないかと思うくらい見事だ。

けんちん汁があるけれど、これの味付けは私がやることに決まっているようで、子どもたちが調味料とかを持ってきて『よろしくお願いいたします』などと言って柄杓を片手に頼みに来る。本当はだれがやってもいいのだけれど、私にわざわざ出番を作ってくれているようだ。幼稚園の餅つきのときには、保護者が40人以上来るので、大人の姿がよく目に入るけれども、学校では子どもたちが中心だ。だから応援団がいたりと役割ができていて、餅つきは活気がある。

いつの間にか大きくなってしまった子どもたちだ。頼もしい限りだ。これからがどのように生きていくのか、慎重によく見ていかなくてはならないだろう。

のんきな日本

水面下では在韓邦人の救出作戦などシュミレーションを行っていると思うけれども、国内にいる日本人はどのような覚悟で、どのような対応をすればよいのか、用意をする分には行き過ぎはない。何と言っても命がけなのだから。性急に避難命令など出してしまうと非難の的になるけれど、とにかくこのような経験は政府の高官でさえ初めてだろうからなかなか難しい。その点韓国などは夜間外出禁止令などつい35年前にはまだ施行されていたので、退避の仕方を知っている国民が多い。

じたばたしてもしょうがないと思うのは、私の年齢なら良いけれども、これから生きがいを求めて生きていく人たちには酷な話だろう。何も起こらなければよいけれども、北のカリアゲ君はタナボタで権力を掌握したので国家間の闘争などの経験もない。米国とのやり取りもまるでテレビゲームを楽しんでいるようで危険この上ない。核実験をしたら間違いなく戦争になるだろう。

私が35年前に欧州を旅行したときには、何処に行っても核シェルターがあったことに驚いたものだ。欧州は陸続きだから危機意識が高い。このような状態が続くのであれば、学校にも核シェルターが必要になってくるのではないか。せめて退避場所にする丈夫な防空壕が必要になるかもしれない。サリンを空から落とされたらどうすればよいのか。政府のある機関が防ぎ方を国民に伝えたようだ。サリンは空気より重いから高台に逃げるか風上に逃げる。ゆっくり揮発するのでそばにいると危険。

危険は去ったわけではない

北朝鮮が中距離弾道弾の打ち上げに失敗したと報じられている。実のところ、やるぞと言う意思を見せて置いてわざと失敗させたのではないか。米国のかなりの圧力のある中大陸弾道弾のような長距離ミサイルを発射させることは精神的にも難しい。しかし核武装は北朝鮮の生命線だから、必ずやるだろう。日本のコメントなんか何も気にしてはいない。北朝鮮は必ずやると私は思っている。日本にミサイルが飛んで来なくても日本経済は混乱するし、平和ボケしている日本に脅威の現実を突きつけるだろう。

米国はカールビンソンを派遣して脅しをかけたが、北朝鮮は度重なる脅しにはびくともしないし、例えば米国が本気になって空爆を実施した場合そのリスクは計算されているのだろうか。そのリスクをきちんと計算しているのはむしろ北朝鮮なのではないか。韓国は空爆には反対だろう。そうでなければこれだけ危機をあおっておいて、ソウルの街が普段通りに展開しているというのはあり得ない。空爆が始まってからではソウルの人たちは逃げ切れまい。だから例えば北朝鮮が核実験を仮にしたとしても、米国は手足を縛られたままだ。なすすべがない。空爆を抑えているのは韓国なのだ。

出来ないことを百も承知だから、米国は最後の切り札として中国を揺さぶりにかけた。中国の国家主席はトランプの軍門に落ち、為替操作の件は不問にされた。窮鼠猫を噛むの例えがある通り、このまま危機は通り過ぎたとは言えない。戦争になれば韓国の国民が雪崩を打って日本に助けを求めに来るだろう。韓国の戦争難民である。この分では必ず起こる。桜を観るどころではないのだ。

ところで学校の桜は満開である。桜も学校の歩調に合わせてゆっくりとしているから、近所のソメイヨシノの桜の花が散り終わったころにやっと満開である。何も急ぐことはないじゃないか。『大器晩成』というではないか。また『散る桜残る桜も散る桜』という。世のある姿を桜の花に例えるなんて粋なものだ。

不穏な朝鮮半島

北朝鮮が核実験を行ったら米国が先制攻撃を仕掛けると明言している。カールビンソンの一団が攻撃をするにしても、国内にある第7艦隊が攻撃に加わることにしても、日本との事前協議の対象となるなどと政府は悠長なことを言っている。もしも本当に攻撃することが現実になったら事前協議などの手続きを踏むのかどうかわからない。そんなことは作戦の手の内を相手に伝えるようなものではないか。シリアに放ったトマホークでさえ米国民は事前に知らされてはいないだろう。

サリンが弾頭につけられて、日本や韓国に打ち放されたらどうなるのか。韓国は当事国として戦争のど真ん中にいるのだろうが、日本を攻撃する場合には長距離弾道弾が必要だ。その先にサリンをつけるということだが、サリンを防ぐにはどうしたらよいのか民間防衛も真剣に考えて、国民に用意させることも必要なのではないか。まさかそんなことにはなるまいというような正常性バイアスは危険である。スイスのように率先して平和主義を唱えるなら完ぺきな防衛力が必要である。

私の住んでいるところには自衛隊があるから標的になる可能性も多少はある。米軍が駐留していないから、第一義的に狙われることもないだろうが、何と言っても幼稚園や学校があるから、できることならそんな物騒なことにはならないでほしい。しかし自分の身は自分で守るという鉄則は、いつもどこかに考えておく必要があるだろう。

学校の校庭の真ん中にある桜が咲いた。ソメイヨシノではないので、桜が満開だと世間で騒いでいるころはまだ学校の桜は静かに沈黙を守っている。やっと今日あたりになって、桜が咲いているということに気がついた。多分月曜日には満開になって、そのあと2~3日で散ってしまう。花の命は短くて・・・・・。

動き出した幼小中

小中の入学式はひと足早く始業日を迎えた在校生が工夫を凝らしながら作り上げたものだ。司会から歓迎の挨拶など最後まで子どもたちの脚本だ。唯一教師の紹介は教師が行ったが、新入生を歓迎する心のこもったものであった。特に新入生にお土産を渡す場面が面白かった。うちの子どもたちはマイクを握っても堂々としているから、何かへまをしないだろうかなどの心配は全くいらない。学校を作って本当に良かったと思える瞬間でもある。屈託がなく心が自由だから生き生きとしている。1年生もまるで自宅にいるようで、伸び伸びとしていて気持ちがよい。

そして幼稚園。数年前と比べたら泣く子どもたちがぐっと減った。女児では泣く子が殆ど見当たらないのに対して、泣いている声が聞こえて、そこへ行ってみると保育者の膝の上で泣いているのは殆どが男児である。大人になっても、強そうに見えても影に隠れて泣いているのは男性ではないか。その内容は幼児期とは違っていても、殆どは女性に助けられている。女性は強い!

久しぶりに晴れた日だったので、園庭は子どもたちの花が咲いて満開である。おりしも雨上がりであるので、水溜りがあちこちに出来ている。よせばいいのにその水溜りをめがけて『じゃぼん!』とやる。水しぶきが上がると同時に歓声が上がる。それをあきることもなくやり続けている。だれも注意をしないから思い切りそれを楽しんでいる。親がいたら必ず止めるだろうと眺めていたら、その水溜りに座り込んでしまうものが現れた。そこへ保育者が現れると、今度は『鬼ごっこ』だ。楽しいはずだよ幼稚園は。

始まったぞ!

小中学校は昨日から、幼稚園は今日から新学期が始まった。小中学校は校長を辞任したとはいえ、理事長として子どもたちとの関わりはある。何といっても自分で作った学校だからそれなりに思い入れはある。距離を置いて学校を見て見ると言うのもよいものだ。それに私のように学校をどのようにしたいのかを、命がけで考えられる人はいないから、私が教職員のすぐそばにいると、教職員も委縮してしまうだろう。体をこわしたのはそういったことを解決するにもよい経験であったように思う。

とにかく学校も幼稚園も始まってよかった。子どもたちのいない園舎や校舎に大人がうろうろしていると、どうも似合わない。もっとも最近は幼稚園では『預かり』と言うのがあって、学期休みなど無視して子どもたちは幼稚園に来る。休みの日でも保育者には山積した仕事が沢山ある。そんなことはお構いなしで国の決まりができてしまったようだ。子どもたちにはそんなことは関係ないので、ギャーギャーと騒いでいればそれで大人たちは安心している。

まず幼稚園の園児たちは年中さんと年長さんだけがホールに座って私が話しだすのを待っている。その時の生き生きした目の輝きが何とも言えない。純粋に深海の奥に潜んでいるような瞳で、それでいて食いいる様な炎のような目つきをしている。それは進級したことへの自信と高ぶりなのか。大人には二度と戻ってはこない、これからの決意の瞳だ。子どもたちは四季折々ではなく、心の変化がある時々に新鮮な表情を見せてくれる。楽しきかな子どもたち、素晴らしきかな子どもたち。

校長辞職

まだ子供たちと会っていないので校長を辞職したという実感がわかない。いずれそのうちじわーっと来るだろう。校長という責任から離れるというだけで、その実態としては全体の責任があるわけだが、ちょっとした役割から離れられるというのは、それなりに肩の荷が下りるものだ。今まで仕事の量は増える一方だったけれど、幼稚園を始めて中学校を設立したことを含めて、初めて仕事の量が少し減ることになった。

幼稚園にも園長室と言うのがあり、小中学校にも校長室と言うのがあるが、そこを自分の定位置となったことは今までに一度もない。幼稚園に行けば職員室の中の一つの席にいる。初等学部でもそうだったが、これからは理事長室という部屋にいることになる。職員とは隔離されてしまうので、仕事が見えないし、職員の方でも何かと不便があるだろう。まあそれは一時のことで慣れてくればそれが普通になるだろう。

居心地の悪いのは私の方で、幼稚園でも今までの初等学部でも園庭や校庭が見え、子どもたちの躍動する姿がすぐ前で見ることができた。でもほかに座るところがない。職員室に新しく自分の机を持っていくのも、少しいやらしい。

せっかく6号バイパスの片側2車線の工事が3月27日に終了し市内の全線が開通したというのに、自分が役職から外れるのは工事をしてくれた人たちに申し訳がなく感じるけれど、子どもたちは多分新しい風を感じてくれて、今までと違った『やる気』を感じてくれるような気がする。私はいつでも子どもたちの味方だから、いつでも話をしに来れば良い。喜んで応えるよ。