青葉台初等・中等学部ブログ

なやむことも大切に(住まいる)

住まいるファミリアが始まって、約一か月がたとうとしています。
「まずは自由に、やってみたいことをしてみよう」
という思いから始まりましたが、
チームごとに、少しずつ走るペースに違いが出てきました。

いろいろと思い悩んでいるチームもあるようです。
今は好きなことをやってみる期間だから、
テーマは変わってもいいし、チームの分裂も、合体も自由にできます。
ソロ活動でもいいでしょう。
この期間を大切に、思いきりよく行動してみてほしいな、とも思いますが…

それでも自分たちは今、何がしたいのか、何をしようとしているのか、
たくさん悩む姿は、ファミリアやっているなあという感じがして魅力的です。

いよいよ明日は(青葉ファーム)

待ちに待ったどろんこ祭りの当日!

今日のファミリアではみんなで明日に向けての練習を行いました。

 

ロータリーに集合してから出発するまでと、

 

田んぼに到着してからの動き。
これが最後の練習ということで、みんなの表情も引き締まります。

実際の場所でやってみると、頭で考えていたようにはいかない所ももちろん出てきます。
その度にみんなで話し合い、限られた時間をいっぱいに使って知恵を出し合いました。

そんな今日の練習で見つけた良い所と悪い所。
両方活かして、明日の本番に臨もう!

選択授業(1ねんせい)

「おにいさんやおねえさんとおなじせいかつ」がはじまって
1週間がたちました。

ファミリア活動や選択授業、ミーティングなどにも少しずつ慣れてきました!


今日の給食の時間の前にランチルームで
ファミリア活動で行っている鶴折りをする姿がありました。
がんばって折り方を覚えているところです。

隣にいたおにいさんが優しく教えてくれています^^

ファミリアの時間以外でもファミリアのことを考えている様子を見て嬉しく思いました。

 

さて、今日は先週から始まった選択授業の様子をお伝えします!
AOBA soul dancers

鏡を見ながらみんなで楽しくダンスをしています。


パンポン


おにいさんが優しく後ろからサポートしてくれます。


ながーく、走り隊!


でこぼこ道やながーい道を仲間と一緒にがんばって走りました。


チェス

こまの名前を覚えたり、こまの置き方を覚えたり、
おにいさんに教えてもらいながらがんばっています。


ファミリアや選択授業
それぞれ違った場所で楽しく頑張っています!

フレッシュ!(8年生)

「今日、お昼すぎに〇〇ちゃんが見学に来ることになりましたよ。」

先日、学校見学に来てくれた子が、
今日は授業体験に来てくれることになったよ!という連絡でした。

「選択授業も基礎学習も体験するみたいです。」

おぉ!選択授業はどのクラスをチョイスするのかな!
わくわくしながらリメイク教室で待っていました。

が、チョイスされた授業は、パンポンでした。笑

選択授業の時間が終わり、8年生と授業をしていると、
こんなことを尋ねられました。
「〇〇ちゃんは、もう入ることが決まったんですか?」

一緒にパンポンをやったようで、気にかかっていたのかな。

何年生なのかも気になっていたようで、学年を伝えると、
「7年生か8年生がよかったな~~」
なんてことをつぶやいていました。(^^)

おぉ~~~~!なんだか、心にドンッときました。
仲間がたくさん欲しいのかなぁ。
友達がたくさんできたらいいよね!
そうだよなーー!

青春には仲間あり。

8年生の進路宣言に対して感想を述べてくれた
7年生の言葉からも『仲間』を感じていました。
「ぼくたち7年生も来年は進路宣言をやるので、・・・」
ぼくではなく、ぼくたちと言っていたな。と、そんなことも
思い出しました。

大事な仲間が大切。

今日もまた8年生に奮起させられました^^

英語を頑張っていた8年生、
私もガンバルーー!


リメイク授業では、
初ミシンを体験した6年生の男の子の嬉しそうな
よい顔が撮れました。
「ミシン楽しかったー!」
私は、楽しんでもらえて嬉しかったよ!

藍のプレゼンター(青葉ファーム)

のどは痛くない?
赤くはれてない?

ちゃんと休息をとってくださいね。
体調がイマさんくらいだと、やっぱり
心配ですから^^

もちろん、日々全力で生き抜くから
見えてくる世界がある。

だけど、どんな時でも、

行動と想いが伴っている、そんな…わけには
いかないよね。 分かってる。

…分かってる?

それは、きみだけじゃないよ。

自分の行動がベストじゃないなんて、
ほとんどの人が 自覚している。

だけど「そう」することによって、物語のページは進んでいく

気づいていないことを指摘すれば改善されることもあるけれど、
自覚していることを指摘されても、何も変わらない。
むしろ恥をかかされたって、心を固く閉ざしてしまう。

ムズカしい…よね。

でもさ、難しいんだけれど、、
ムリじゃないよ、それは。 ほんとうに。

だって届くから! まだ 手は、

つながる から。

…叶ってほしいよ。

でも、叶うかどうかは 自分じゃ
決められないよ?

だから、届けるだけで
充分さ。

希望は、けっして捨てないんですよ。
光は、ないのではなくて、今ちょうど反対側にあるんです。

月は、欠けたりなんて、しないんです。
姿をそっと、隠すだけ。

安心して、でておいで。

失敗からも、見えてくる世界がある。

他人の価値観に振り回されれば
答えは遠くなる
自分の物差しを信じて

堂々と歩いておいで

♡母の日♡(8年生)

5月14日
今日は、母の日ですね。
昨日、8年生にアイディアをもらい、
素敵なカーネーションの花束ができました。

クラスに持っていくと、
何それ~?と興味を持ってくれた子が何人もいました。
自分がつくったものに興味を持ってもらえた私は、
うきうきしていました。笑
すごいでしょ~と言いたいのをおさえて
「8年生のアイディアで作ったんだよ。」
と言いました。(笑)

帰り際には、花束を見つけた6年生の男の子が
すっと花束を手に取り、じろ~っと360度花束を
見つめて・・・「な~に。きれいじゃな~い?」と。

お花の美しさを感じてもらえたのかな。
嬉しかったです。^^
優しいんだなぁ。とも思いました。
そんな優しい男の子なら、お母さんも大事にできるよね!

嬉しいことがいくつもあったことをきっかけに、
教えてもらったお花つくりをもっとやってみたくなった私。
欲がでました。

↑こちらは、私の大好きな「ニコライバーグマンさん」の作品。

似たものを作れないかな?と早速材料調達に出かけました。
あれやこれやアレンジを考えながらとりあえず作ってみました。

ん~~。自己評価は・・・
イマいち(イマ1)ならぬ、イマさん(イマ3)くらい。

バーグマンさんは色合いもバランスもうまい。
さすがアーティストなんだな。

イマさんくらいの作品にはなりましたが、
今年の母のにはこれをプレゼントすることにしました。
手作りのプレゼントは高校生ぶりかな。

8年生にいいアイディアをもらいました。
もしかしたら、趣味がハンドメイドになるかも?
と思うくらい。

皆さんも、楽しい母の日をお過ごしくださいね!

トリック写真(住まいる)

休み時間のことですが、
何人かの子どもたちとトリック写真を撮りました。

カメラを使って遊ぶことは
図工でも扱ってみたかったのですが、
なかなか難しいなあと思っていました。

一つのアイデアからどんどん広がるイメージ。

こういうのもやってみたい‼
こうしたらもっと面白くなる‼

何かに夢中になるこの感じ、
ファミリア活動にもつながればいいな。

傘 (アートクラブ)

 梅雨が少しずつ近づいているのでしょうか。今日はどしゃ降りの一日でしたね…。
雨の中でも明るく過ごしているみんなは本当に元気です!!

 さて今日は雨だったということでアートクラブがやってくれたことについてお話します。皆さんは傘を使った時にしっかりたたんで傘立てに入れるでしょうか?今日みたいな日はあちこちで傘を使うのでうっかりたたまないで傘立てに入れてしまうということもよくあると思います。
 
 掃除の時間。私が普段アートクラブの掃除をする場所を確認し終わって教室に戻ろうとするとC棟の入り口でアートクラブの皆が集まって何か作業をしていました。
何してるのかなとみてみると広げたままの傘を一本一本たたみ直して傘立てに入れてくれました。

 今日はファミリアでいろいろあったけれど…やるときはやっぱりやりますね!
そういう行動は本当に大事です!というより,自然と動くことができるということは
とても素晴らしいです!

 しっかりと目標通りに動けてますよ!最近みんなで声を出すことはありませんが
4月に決めた目標覚えてますか?

 仲良くなれるように。みんなが笑顔になれるように。今日みたいな行動をこれからもいっぱいできるといいですね!

皐月のフォルクローレ(青葉ファーム)

昨日のみのり先生のブログに書かれていたように、

一年生もファミリア授業に参加することとなり、
青葉ファームクラスにも、新しい仲間が入ってきてくれました。
(みのり先生、住まいるクラスでもがんばってくださいね!)

ところで、

不器用なきみは、、大丈夫?

どーしたらいいのか…
たぶん まだ迷っているね。

相手の気持ちが見えないときは、
そばに寄り添うことから。

やさしさを見せることは、
はずかしいことじゃ、ないよ

心の鎖(くさり)をはずして
自分を成長させてごらん。

がんばれ!

なにげないひと言でも、
人の気持ちを明るくできる。

きみに教えて もらったこと
だよ。

黄色い蝶々、かわいいね♪

いつでもどんな時でも、

「糸が切れても持っていきますよ
半分。」

大切な人の幸せを願うことは きっと
自分の心も あたためてくれるはず。

『物語』の第二章は、そんな言葉で、
こうして一緒に 始まるんだ。

子どもの日企画「逃走中」

今日は、こどもの日の企画として、
全校みんなで「逃走中」をしました。

企画委員会では週に一回の委員会の時間を使って、
みんなが楽しめる企画を考えています。

今回の企画の話し合いでは、

「基礎学習の時間は大事にしたいから、
委員会の時間をもらおうかな…」
ということで各委員会のみんなに聞きに行ったり、

「委員会の時間はだめだったから、
やっぱり基礎学習の時間しかないのか」
ということで、各先生方に聞きにいったり、

日にちや時間を決めることも、
先生たちに許可をもらいに行くのも、
全部自分たちでてきぱきと進めていました。
話し合いの時には、短い時間でたくさんのことを考え
決断していく力、本番のでは臨機応変に対応する力が
見て取れました。

企画委員会の頑張りのかいあって、今日は、
みんなで楽しくあそぶことができました。
中休みや昼休みも使って企画を考えてくれた
みんな、ありがとう‼

  
「ミッションの成功を判断する審判」「牢屋の番人」

  
「走る人を応援する牢屋のみんな」 「心配そうに見つめるミッション放送係」